ペキぽけっとーフミですよ~♪

2002年9月20日生まれで2015年4月16日没のフミの日々を。





命日は、2015年4月16日

縁石の草刈り

2017-07-19 | お題
昨日、こちらは23℃。

長袖にジャンパーでもどってことなしの涼しさだったので、こういう時に、縁石のところの草刈りをしなくて、いつする、と思い、頑張りました。


家とは反対側の向こうが林に面する縁石のところなので、私がしなきゃならないものでもないけれど、私の家の敷地の幅だけは、私以外の人がすることはないから、します。


笹がこちらに伸びてきていて、それが、散歩する犬たちの目の辺りに来るのも、気にかかっていました。
大型の犬なら大丈夫だけど、ほとんどがチビわんこですからね。

また、笹の葉の先には、ダニが獲物を待ち構えてぶら下がっていることもありますし。


ダニやら何やらに触らずに草を刈る方法がないものかと、少し前から考えていました。

鎌で刈るのは、手で草を掴んで刈るとヤバイ。

でも、掴まずに刈ると、草も飛ぶけど、ついている虫も飛ぶ;;



・・・・・?・・・

・・・・・!!

あるじゃないですか、良い物が!!

それは木の枝を切る剪定鋏^^


柄の長さが50cmあるから、草から離れて刈れるのです。

しかも、両手使いだから、片手だけへの負担は避けられます。



やりました。

成功!!

シャキシャキ切れて、快調に作業は進みました。

根元から切れるのと、刈り難い縁の草も、鋏を斜めにしたり、立てて、先だけで切ることが可能だし、
なにしろ、危なくないのです。

鎌だと疲れて来ると、力がすっぽ抜けて、手を切る怖さがあるし、長靴を履いていても、足に当たる可能性もあって、緊張して使わなきゃならないのです。

その点、剪定鋏は両手で握っているから、上記のような危険はありません。


あっという間に草刈り完了!

幅が30cm、長さで15m位ですから、20分もあれば終わるのです。


やれやれ、と思っていたら、外で仕事をしていたお向かいさん、自分のところの縁石の部分もしなきゃ・・・でも、したくないんだと。

そういえば、数年前に、機械刈りで、お向かいさんに刈ってもらったことを思い出し、私がする?と言ったら、
即行で、頼める?と(''◇'')ゞ


あれま!?


と思ったけれど、やりました。

お向かいさんの分担部分は、ウチよりは少ないので、まあまあ・・・(''◇'')ゞ

他人さまのところだから、少しは丁寧にやったので、チト、疲れましたが、
まあまあ・・・((´∀`*))ヶラヶラ



それにしても、剪定鋏って役に立ちます。

そんな高い品物ではなくて、3500円だったかと思いますが、確かな刃物屋さんで買いました。

使った後、動きが多少渋くなっていたので、草や土がネジのところに挟まったのだと思い、掃除をして、油をさしておきました。


手入れはこれだけです^^



コメント   この記事についてブログを書く
« 犬猫みなしご救援隊に支援の... | トップ | ツカくんの冥福を祈りました。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お題」カテゴリの最新記事