京都・環境ウォッチ

いま京都で起こっている環境問題、自然環境の変化などにかかわって、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これはひどい。京都市の防災対策総点検(中間報告)-原発事故対応について

2011年08月30日 | 原発ゼロ
29日に発表された「京都市の防災対策総点検-中間報告」を読んだ。
その中の「原子力発電所事故等に関する対応」について
いくつかを抜粋します。

「今後、京都市で大規模地震が発生し、同時に若狭地域の原子力発電所で事故が起こって、福島第一原発で起こったような複合災害が起こるリスクはかなり少ないというのが、原子力の専門家の見方である」
京都と同時発生で若狭で原発事故が起こると変な条件をつけて
「複合災害が起こるリスクは少ない」というのが、専門家の見方と逃げている。
そんなら、若狭の原発付近で大地震が起こり
原発が今回のような大事故を引き起こす可能性は?
京都市の防災計画は、これをしっかりと考えないとダメでしょう。

さらに、京都市民の命の水ー琵琶湖の汚染について
原発事故で放射性物質が降ってきても
「琵琶湖の水量が非常に多いため、水中で希釈される」と平気で書いている。
これってなんだ?

もう少し多めに引用する。

「琵琶湖の水の放射性物質による汚染に関しては,仮に琵琶湖方面へ放射性
物質が飛散したとしても,琵琶湖の水量が非常に多いため,水中で希釈され
る。さらに,水道原水の放射能測定を定期的に実施し,水道水として供給さ
れる前にろ過等の浄水処理を行っている。ただし,浄水処理により発生する
汚泥への残留や淡水性魚類への蓄積等には注意を払う必要がある。」

この件を京都市に問い合わせたところ、
「物理的にそうなると言っているだけで、それで大丈夫とか言っているわけでない」
琵琶湖の水で薄まるとはっきり書いておきながら
弁解になっていません。

これに先立って、
7月13日に「京都市防災会議専門委員会」が開かれたのだが、
(議事録が出ています)
本当にひどい。
琵琶湖の汚染について
下記は、専門委員会での古賀特別委員の発言です。

古賀特別委員(元近大教授 放射線管理工学):「びわ湖は非常に大きいので水量で希釈されるということがありますので、水源としての琵琶湖というふうに考えると、今、福島なんかで海水のことと同じように考えてもらって、希釈されますし。これは専門ではないのですが、水道(水)にする前には色々とろ過装置であるとかそうゆうふうなことがありますので、今のそうゆう浄水場の土の方にほとんどが残って、水道水として出るときには非常に希釈されているというふうには考えます」
 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島原爆168個分 | トップ | バイバイ原発 9.10府民... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

原発ゼロ」カテゴリの最新記事