京都・環境ウォッチ

いま京都で起こっている環境問題、自然環境の変化などにかかわって、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6.11脱原発100万人アクションの呼びかけ

2011年05月05日 | 日本ウォッチ
以下の内容で、「6、11脱原発100万人アクション」が呼びかけられています。
詳細は、http://e-shift.org/?page_id=19

<呼びかけ>
6月11日は、福島原発震災から3ヶ月。

今なお放射能の放出は続いています。

私たちは、人や自然を傷つける電気はいりません。

全国各地域の人々とともに、6月11日に脱原発を求める100万人アクションを呼びかけます。

6月11日は、声をあげましょう!

今こそ脱原発へ!!

というシンプルなものです。

榊原は賛同しました。

以下、HPにある呼びかけの経緯です。

<呼びかけの経緯について>


「呼びかけ」は、この間東京でデモなどのアクションを開始した主要なグループの関係者が話し合いを行い発したものです。4月10日の高円寺デモ、4月24日の代々木公園のパレードと芝公園のデモを行った主催関係者、そして3月11日以降に立ち上がった「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(略称・eシフト、http://e-shift.org/)と「福島事故緊急会議」(略称・緊急会議、http://2011shinsai.info/node/125)の関係者です。

「呼びかけ」に「呼びかけ団体」を連記せず、シンプルな「呼びかけ」に多くの団体が賛同するという形で広げることにしました。「脱原発」の一点で大きなアクションを実現しようと言う趣旨です。

また、福島原発事故は日本だけの問題ではなく、世界も注目していると考え、広く世界の各国にもアクションを呼びかけ、100万人アクションとすることにしました。すでにフランスでは6・11デモの準備を開始しています。

多くのみなさんが、この呼びかけに賛同し、6月11日に全国・全世界で街に出て声をあげるアクションを期待しています。

【補記】

■基本的にデモやパレードを呼びかけていますが、講演会、上映会など多彩なアクション・イベントも歓迎です。
■6・11脱原発100万人アクションとしていますが、6月11日の前後、たとえば6月12日の日曜日のアクション企画でもかまいません。

大きく広げようと、行動を各地で盛り上げる人・団体ー賛同団体・個人を募っています。
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 吉田山ナラ枯れチェック | トップ | 「浜岡原発停止要請」に揺らぐ人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ウォッチ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事