広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

県環境整備センター調査と県産業廃棄物協会意見交換会

2010年07月28日 | インポート

 7月27日、私の所属する県議会土木森林環境委員会は、午前中に県環境整備センター(北杜市)の調査を、午後からは県産業廃棄物協会との意見交換会を行いました。

 県環境P1000642整備センターでは、産業廃棄物の搬入の状況(写真)や浸出水処理施設等について調査を行ないましたが、1日当たりの搬入量が、平成21年度で当初計画の9%、平成22年度は増加してきているもののこれまで24%と、当初計画を大きく下回っています。また漏水対策や侵出水処理では最高レベルの対策・処理が実施されています。

 県環境整備事業団では、搬入量の増加を図るため、本年3月、廃棄物受入料金を平均18.8%引き下げました。また県においても廃棄物最終処分場対策本部を設置し、搬入量の確保や収支の改善について取り組みを開始しています。

 県産業廃棄物協会との意見交換では、協会の皆さんから県処分場を活用しやすくするためには、長期的に安心して搬入できる施設であること、また事前手続きの簡素化を求める意見などをいただきました。

 公共関与により適正に自県内処理できる処分場の確保は出来ました。この処分場が、今後、住民の理解を得ながら安全で安心な管理運営が行えるよう、私も真剣に取り組んで参ります。

コメント

都内で山梨県の観光キャンペーン

2010年07月19日 | インポート

 西日本を中心とする各地の豪雨災害に対し心からお見舞い申し上げます。

 7月17日、山梨活性化促進県議会議員観光部会主催の首都圏観光キャンペーンに参加しました。梅雨明けの暑い一日、県農畜産物販売対策協議会・JA全農やまなしの販売促進事業と連携してのキャンペーンは、まず東京大田市場の視察を行いました。

 大田市場は都内に11ケ所ある市場の中では最大で、敷地面積約38万㎡、青果、水産物、花きと幅広く取り扱っており、その供給圏は東日本全域に及んでいるとのことでした。広い市場の中で、山梨の桃の箱もしっかり見つけてきました。

 午後からは、大田区大森駅前の「ダイシン百貨店」にて、観光PRキャンペーン(写真)です。短い時間でしたが、「いらっしゃいませ!山梨のおいしい桃を販売しております!」と元気一杯、大きな声でPRし、観光パンフレットも配布させていただきました。大勢のお客様に買っていただき、大感激でした。

 山梨の生産者の方々が丹精込めて育てられた美味しい農産物と山梨の観光をしっかりアピールしてきました。P1000538

コメント

皆様の信頼とご期待に必ずおこたえして参ります!

2010年07月15日 | インポート

 雨交じりの党県本部前で、「公明党」の旗を携え木曜日定例の朝立ちを行いました。今回の参院選において、公明党は3選挙区で完勝を果たし、比例区では6人が当選、合計9議席を獲得させていただくことができました。甲府市においても1万票を超える比例票を頂戴し、猛暑の中、献身的なご支援をくださった皆様に、心からの感謝の思いで朝の挨拶をさせていただきました。

 今回の選挙戦で公明党は「クリーンな政治」「声の届く政治」「新しい福祉」を掲げました。皆様のご期待におこたえするため、私も、これらの政策の実現に向けて、地方議員の立場からまた新たな決意で戦って参ります。9月には定例県議会が開催されます。皆様からお寄せ戴いたご要望・ご意見等をもとに質問に取り組んで参ります。

(写真はPhoto 3月8日開催の農政商工観光委員会)

コメント