マルよトレイル

俺の前に道は無い 通った跡にペンペン草

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2.4GHzシステム考

2008年06月30日 | ‘08RCトピック

Img_2293s

少々お調べ事があり谷田部アリーナへ行ってきた。
この日は関東地区予選会が開催されていたが、2.4GHzシステム(以下2.4G)に限って
台数規制、オフ&ドリコースのみという条件下で一般走行可能となっていた。
その恩恵を存分に受け一日有意義にラジれたのだが、調査に見えていたプロポメーカーの
方々に色々と教わったので、初歩的なことから書いてみる。

まずは2.4Gといえども無限に同時走行可能なわけではないということ。
使える周波数帯にはやはり限度があるわけで、その中から「空き」を自動的に
探すからクリスタル交換という面倒な作業が不要になっただけと考えたほうが賢明なのだ。

では何台まで同時走行が可能なのか?
理論上40台とかいう話も聞いたことがあるが、実用的には15台を越えると
支障が表れる場合があると公表しているメーカーもある。
空きバンドを探すのに時間が掛かるようになり、症状としては動きが遅くなったり
誤作動が出始めるという。
(残念ながら?私自身まだそれらを体験できていないが)

次にスイッチの入れ方。
自分が走るところに行ってからスイッチを入れること。これが一番大事なのだ。
電波は高周波になるほど障害物に弱くなるってのは聞いたことがあると思う。
その特性がネックになるシチュエーションがある。
例えばコースとピットの間に壁がある場合、ピットでスイッチを入れちゃって
壁の向こうにあるコースにそのまま行くと誤作動を引き起こす可能性があるのだ。
コースで実際は「使用中」なのに、電波の届いてないピットでは「空きバンドがある」と
プロポが思っちゃうのだね。

などなど、2.4Gだからって闇雲にどこでも送信機をONにしてはいけない理由
っちゅうのを悟ったわけで。レース中は特に要注意だね。
互いの電波が届く範囲で大人数が使用する場合、2.4Gも制限が
必要になってくるんだね。(YAは走行時カード登録制で時間と人数が制限される)

コメント

pop!45

2008年06月19日 | ~'10写真・カメラ・撮影機材

Img_2121s
狙ってない時ほどこんな瞬間が撮れたりする。

ご法度と言われている「頭に角」は、ご愛嬌なこのポーズに免じてお見逃しを。
天下御免の日の丸構図に万歳なのでR。

***********************************************************************
EOS40D EF-S17-55F2.8

コメント

AHリーディを制す3

2008年06月17日 | ‘08RCレースレポート

Img_9983d
♪ボディのキズはあの時の~ ガチンコバトルの勲章さ~

上の写真はリーディレース出発直前、YAで練習中のAH車。
この日不覚にも3回の大クラッシュに見舞われボディには痛々しい傷が刻まれてしまった。
本戦に向けてのチェックを兼ねた調整走行でもあったはずだが、彼の信条である限界挑戦型練習法を貫いたがゆえの出来事だ。

Img_0023s
手持ちのスペアパーツが無くなるほど修理に追われていた事を思い出し、帰国後に聞いてみた。

「ああ、あの車? ぜんぜん無事だったよ。現地入りして練習から普通に調子良かったしね。データもそのままイケた」

ケロリと答える。
実のある練習になっていたのだねぇ。

コメント

pop!44

2008年06月14日 | ~'10写真・カメラ・撮影機材

Img_5968s

0421_2

路地が好きなのだ。

***********************************************************************
EOS40D EF35F2
Polaroid a520

コメント

pop!43

2008年06月08日 | ~'10写真・カメラ・撮影機材

Img_1489d
東にクロる人ありと聞けば東へ向かい・・。

Img_1510s
無ければさほど気が付かないが、あると非常に有難さが身に沁みるライブビュー機能。保険のサブ機として持ち出すコンデジの出番は、40D購入以降ほぼ失われてしまった。

Img_1504f
ブレ撮りのSSを模索してみる。とりあえずISOを100、どんどん絞ってF11過ぎた1/5秒辺りでそれっぽい画が出てきた。
陽があったらNDフィルターとかいるんだろうね。

はぁ・・¥。

***********************************************************************
EOS40D FE-S10-22

コメント