さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

近藤勇が愛したとかいう卵料理なるものを・・・

2018-11-10 00:16:36 | 下手くそ料理帖
大久保でケバブサンドを堪能してきた私であるが、今日どうしても試してみたい料理があってね、それは新撰組の近藤勇が袋井宿に泊まった時、必ず食べてた料理だというのだが。。。

参考にしたのが以下のレシピ。

▼土鍋で作る、近藤勇の愛した卵料理!「たまごふわふわ」
https://www.lettuceclub.net/news/article/168276/

この方の漫画が素晴らしくてね・・・近藤勇のことを別に好きじゃなくても、これならだれでも食べたくなるよ。

ということで

材料は
卵           1個
水           300cc
酒           大さじ1
ほんだし        小さじ1
めんつゆ(3倍濃縮)  小さじ2+1
三つ葉         少々(飾り用)


土鍋に水300ccとめんつゆ小さじ2、ほんだし小さじ1を入れて弱火で煮たたせる。


その間、ボウルでハンドミキサーで卵白をつのが立つほど泡立てて、


卵黄とめんつゆ小さじ1を加えて


手早く混ぜたら、


おだしの沸騰している土鍋に流し入れる。


飾り用の三つ葉も乗せて、蓋をして2分で出来上がり。


わお~何と美しい。

土鍋が汚くてごめんなさい。何せ、20年以上使い倒しているもので。


一口食べてびっくり。こりゃぁ素晴らしい。

本当に漫画通り、じ~んと来る。

そうねぇ、コンビニでおでんを買うとき、かならずはんぺんを買う人には絶対おすすめよ。

っていうか、おだしがじっくり染みた、はんぺんにちょっと似た感じなの。


卵の中にもめんつゆを混ぜてて、汁の方にはめんつゆだけじゃなくて、顆粒だしも効かしているところがミソね。

そして、三つ葉の何と合うこと。やはり三つ葉は必須ですわよ。

まるで料亭のお料理のように上品なのに、猛烈なコストパフォーマンスの良さ。

茶碗蒸しよりもおでんよりも全然お手軽で、こんなに楽しめるなんて、本当にびっくりだ。

毎週でも作って食べたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« GPとケバブ | トップ | ヨハネ受難曲・本番! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

下手くそ料理帖」カテゴリの最新記事