さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

五井駅にて~小湊鉄道のSL~

2010-04-10 00:16:46 | 鉄への道?
笠森寺のある上総牛久から再度小湊鉄道に乗り、終点五井駅に着きました。ここには昔ここで使われていたSLが展示してあるんですよ。とはいえホームから降りて歩いて行ったところにあるんで、勝手に行ってはいけないんですよ。私は、テキパキした女性の駅員さんにご案内いただき、無事見学することができました。

SLと言っても見慣れたデゴイチなんかと違って、外国製だし、年季も入ってるし、アンティークでオシャレな感じがしますね。3台あるうち、左端が一番古くて、イギリスのベイヤーピーコック社が明治27年(1896年)に製造した四輪連結十輪タンク機関車(B型機関車)で、昭和21年に当社が国鉄から払い下げを受けて昭和25年まで使っていたものだそうです。

真ん中と右端は、アメリカのボールドウイーン機関車会社が大正13年(1924年)に製造した六輪連結十輪タンク機関車(C型タンク車)で、当社が翌年の開業に向けて、アメリカから輸入し、昭和31年(1956年)まで使っていたものだとか。

※書いてて、つくづく私はSLに疎いなあと反省。ほとんど当社ホームページからの丸写しです。


私の好みは、特に真ん中のヤツですね。アメリカのSLって、みんなディズニーランドのSLみたいにカウキャッチャーが付いてるのかと思ってたけど、違うんですね。

どれも見ごたえがあって、鉄道博物館に行って色んなSLを見た時の感動がよみがえってくるようです。



折角なんで、後ろに回って、SLのお尻を撮ってみましょう。

ほぉぉ~、漆黒で質感のあるまっ平なお尻~~~何言ってるんだろ、アタシ。



このSL展示のある場所から、ホームの方に行く途中で、手動のポイントを見ることが出来るんですよ。

へぇぇ~、ハンドルがコマみたいになってるんですね。



実はそのコマみたいに見えるハンドルの丸い部分について、半分が白、半分が黒く塗られているのには意味があるそうです。上になっている方の色を見れば、レールがどういう設定になっているか分かるんだそうです。

レールに沿ってみると、ずっとこのようなポイントが並んでいるんです(写真を黄色く囲んだ部分がそれ)。どのポイントが上が黒になってて、どれが白になってるか、結構遠くから見ても分かるんですね。



さて、そのまま小湊鉄道のホームに戻ることはできないので、一旦外へ出て、五井駅の改札を通ってJRのホームに入ります。



上から小湊鉄道の倉庫の方を見ると、おお、いるいる・・・小湊鉄道団体戦って感じですね。何かいきものみたい。一瞬「モスラ幼虫みたい!」っていう思いが脳裏を走っちゃったんだけど違うかな? 

私、モスラのことよく知らないんですけどね・・パンタグラフがないからなのか、何となく巨大な虫っぽい感じがしましてね~~なんて言ったら怒られるかな。


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 【駅弁】やきはま弁当(千葉) | トップ | 4月10日(土)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお (Cello)
2010-04-10 14:04:11
 
 先日小湊鐵道のことが書かれていたので、SL見てきたかしら、と思ったら今日ので(^_^)。

 貴重な車輌ですので、良いものをご覧になられましたね(^_^)。

 ベイヤー・ピーコックの機関車は東武鉄道で使ったものも何両か保存されてますが、こちらはテンダー機ですが、イギリスらしく気品のあるスタイルです。あと青梅鉄道公園にもあります。

 ボールドウィン製は大から小までさまざまな種類のものが輸入されましたが、残っているものはわずか。小だと森林鉄道で使われたものが木曾とかに保存されていますが、それ以外は明治村とここしかない貴重なものです。
そ~なんだ! (あづまもぐら)
2010-04-10 22:25:23
五井にそんな所があるんですか。私が小湊鉄道に乗ったのは昭和41年、中二の夏休みに養老渓谷へキャンプに行った一回きりです。DCは今と同じ200形(?)と古い形とありました。
その頃は、Celloさんのおっしゃる東武のSLはまだ現役で館林機関区(父の故郷が一つ先の多々良)で煙を吐いていたのを憶えています。今の目にはファンタジックなスタイルですね。テンダーを従えているのが貫禄でもありました。
館林には、食いしん坊のさぶりんさんならご存知かな、珍菓「茄子の砂糖漬け」がありますね。
SLとなすび (さぶりん)
2010-04-11 02:29:11
Celloさん、どうもありがとうございます。

そんな貴重な車両とは知らずに行ってしまいましたが、見学できて良かったです。っていうかもう少しアピールしてもいい車両展示なわけですね。事前に調べていった人しか絶対見ないだろうなと思いました。

あづまもぐらさん、こんばんは!

昭和41年にはまだ東武ではSLが走ってたんですね。茄子の砂糖漬けは知らなかったです。なすびがお茶菓子になるなんて! 是非是非近いうちに食べてみたいですぅ~!
Unknown (日刊○の内)
2010-04-17 18:17:41
さぶりんさん

鉄分補給がうらやましいです
新職場で一週間が経ち、私も補給に行きたい…

ポイントの転換機は
上が黒か白かでどっち側に開いているか
遠くからでも判別できる仕組みになってます。
もっと重要な場所だと外付けの標識が付いてて
○型か矢羽根型かで判別できる仕掛けです

またお邪魔します

「日刊○の内」も
Unknown (さぶりん)
2010-04-17 23:08:34
日刊〇の内さん、いらっしゃい!

早速いらしていただいて、どうもありがとうございます。

ポイントのことって、私全然知らなくって、五井駅で見かけた時は、良く出来ているものだとびっくりしました。

さっそく○型か矢羽根型が判定できるポイントをサイト検索で調べてみました。「標識付転換機」というのがそれでしょうか。確かに色だけ違うよりも、形も違う方が、より分かりやすいのでしょうね。

そちらも時々お邪魔させていだきます。

鉄への道?」カテゴリの最新記事