さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

植え込みの木に赤い実が・・・

2008-10-27 22:39:26 | お散歩・植物観察

もしかしたら、十数年このクリスマスツリー型の針葉樹の前を通ったかもしれないのに、実は赤い実がなる木だということを、今日初めて知った。

外からパッとみただけじゃ分からないのだけれど、じっくり中を覗き込むと赤い実が沢山見えるよね。何で奥まったところに実があるのだろう。鳥とかに種を運んでほしければ、もっと目立つところにあればいいのにね。

こっそり実をもいでみた。冷たくてぷにょぷにょで、超~食欲を誘う。我慢我慢・・・毒かもしれないジャン。果肉(実際には果皮)の一旦が開いていて、中に種が見える。何か、種を取り出した後のオリーブの実に似てなくもないんですが・・・。そっと紙に包んで持って帰った。


そもそもこの木は何?

家で検索しまくると、私と同じような疑問を持った人の質問が出てきて、ベストアンサーに選ばれた答えを見て「イチイ」という木であることが分かった。雌雄異株だという。道理で赤い実がなっている木と、なっていない木があるわけね。


種/毒です
で、実は食べられるのかという質問に対しては、果皮部分は甘くて食べられるが、種には毒があるとのこと。子供などが間違えて飲み込んでしまうと、死に至ることがあるようだ。こりゃ奥まったところで、ひっそりと実をつけてる今の状態でちょうどいいなぁ。

赤い果皮部分は大丈夫だというので、カッターナイフで傷をつけてみると、スーッと汁があふれてきた。舌先でちょっとなめてみる。確かに甘い。でもココまでにしておこう。

ちなみにイチイを漢字で書くと「一位」だ。いわゆる昔の高官の位で、正一位とか従一位とか言う場合の一位のことであり、高官の笏を作るのに使ったからという説がある。

イチイは別名「アララギ」とも言う。おお、懐かしい。政岡・・・じゃなくて正岡子規とか斉藤茂吉とかが作ってた短歌の一派だよね。そういえば国語の時間で「アララギって何よ」ということは一切習わなかったなぁ。もし玄関とか植え込みでよく見かける木だと知っていたら、あまりに身近すぎて幻滅したかも。

イチイって、北欧神話とかにも出てくるよね。神話に出てくるイチイはヨーロッパイチイのことだけど、弓の材料としてよく使われるらしい。っていうか、鉛筆や箸にも使われるというから、超身近な素材だ。なのに、杉や松、ひのきなんかに比べて、全然知られてないね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 朝からオケ練 | トップ | calcio »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オンコの木ですな (一人虫)
2008-10-27 23:12:58
さぶりんさん、こんばんは~。
この木は、当地北海道では「オンコ」と呼んでおります。アイヌ語から来てます。
針葉樹なので、どちらかというと東北や北海道のような寒冷地の方が得意みたいですね。札幌でも、垣根代わりによく植えられていますよ。
私は子供の頃、この実を取って手でつぶして、「わ~、ぬるぬるして気持ち悪い~」なんぞと騒いでいました。甘いことは甘いけど、なんだか中華料理のとろみ、みたいじゃありませんか?
しかし、種が毒だとは知らなんだ
あぶなかったなあ、ガキんちょの自分・・・。
まあ、こんにちは。 (さぶりん)
2008-10-27 23:22:06
バビル2世以外の話題にも反応していただいて、どうもありがとうございます。

確かに北国向きの形状どすなぁ・・(どうもクリスマスツリーみたいというイメージが)

そうそう、つぶすと思った以上に汁が出てきてびっくりですね。

>甘いことは甘いけど、なんだか中華料理のとろみ、みたいじゃありませんか?

おっと、そこまで具体的に書かれるところを見ると、小さい頃、舐めたりしてたわけですね。

私はおっかなびっくり舌先で舐めただけですが、甘いけど風味が無いという感じですね。
魔女の杖!! (たあ坊)
2008-10-28 09:09:15

根拠はよくわからないのですが、イチイの木の固さからか、魔女の杖は「イチイの木」でできているのです。

その他の情報に係わる関連アドレスはWebでみると次のものがおもしろいです。
http://irislouisewitch.blog51.fc2.com/blog-entry-52.html
ほ~お! (さぶりん)
2008-10-28 22:38:50
>ケルト、妖精、魔女、魔法。。。そんなお話が大好き

いやはや・・・このサイトを見てしまうと、当ブログの「禁断のオカルト部屋」コーナーなんぞ形無しどすな。同じような世界をめざしていたような気がしますが、う~ん、レベル高いですな。
ヨンハくんありがとう (なきむし)
2010-07-07 14:14:44
アララギ調べていてこのページに来ました。何という偶然でしょう・・・。何度も逢って何度も握手して・・・本当に大好きでした。今でも信じられません。悲しくて泣いてばかりです。
最後の言葉の中の次の言葉が忘れられません。

父親の闘病に慣れていく自分は悪いやつだろうか 

施設にいる母を思う私の気持ちと同じです。
ごめんなさい
ヨンハ君 (さぶりん)
2010-07-08 23:52:22
なきむし様、コメントありがとうございます。

ヨンハ君のことでコメント書いていただき、ありがとうございました。

ヨンハ君の件については、介護疲れのほかに、じぶんのせいではない借金、マネージャートラブルなど色々あったみたいですが、そういうものを一人でしょいこんでた彼のことをを思うと可愛そうでたまりません。

冬ソナで恋敵として登場しながら、彼の一途さ、真面目さを感じさせる演技が国境を越えて我々の心をとらえました。

悲しいです。

道半ばにして逝ってしまった彼のことを思うと。我々に出来ることは、こうして彼が与えてくれたものについて、語ることなのでしょうね。

コメントを投稿

お散歩・植物観察」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事