さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

生卵を直接揚げたら・・!

2018-04-22 22:55:22 | 下手くそ料理帖
これは、想像していた以上に美味だった!

参考にしたレシピは家庭画報さんのおつまみレシピ「揚げ卵の香菜ソース」なのだが、うまくサイトが出てこないので、リンクが載せられない。

材料は以下の通り。

卵         2個
香菜(パクチー)  20グラム

A 赤唐辛子小口切り   1本
A レモン汁     大さじ1
A 薄口しょうゆ   大さじ1/2
A 砂糖       小さじ2
A 塩        少々

揚げ油  適量


卵は一個ずつ小さなボウルで溶いておく。


我が家の、伸びすぎて花が咲いたパクチーを選定して、形のよいのを飾り用に、残りは花も一緒にみじん切り。


Aの調味料を混ぜ、


そこにパクチーのみじん切りを投入して混ぜる。


小さめのフライパンに揚げ油を5mmほどの深さになるように入れて、熱する。


ほどよい温度になったら、揚げ油に卵1個分を投入。ぷわ~っと広がって膨らむ。上下ひっくり返して表裏揚げる。これを卵2個分揚げる。


揚げた卵はキッチンペーパーを敷いた皿で油を切る。


大き目のフライパンで、パクチーのみじん切りを投入したAの調味料を熱する。


煮立ったら揚げ卵を加えて絡める。


上下ひっくり返して・・なかなかいい感じ。


あとはさらに盛り付けて、取って置いた形のよいパクチーを飾り用に載せるだけ。

見かけに反して結構爽やかで美味しかった。レモンの酸味と醤油と砂糖の織り成す甘辛酸っぱさとパクチーのエスニックさ、油でカラっと揚げた卵の旨味にバランスよく絡み、とても美味しかった。

揚げ油といってもそんなに使うわけじゃないし、生卵を投入しても油がはねたりせず、ぷわ~っと広がるけど、ひっくり返すのは容易だったので、とてもお手軽。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ローズゼラニウム | トップ | 【読書録】夢を生きる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

下手くそ料理帖」カテゴリの最新記事