さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

帆立缶活用・ごま油風味の中華風湯豆腐

2019-01-07 23:57:12 | 下手くそ料理帖
正月に義妹の作った湯豆腐があまりに美味しくて、いまだに忘れられないのだが、それを切っ掛けにいろんな湯豆腐のレシピを探してたら、こんなのにぶちあがった。

帆立缶・・使い切れていないのが残ってたな。

ということで、以下のレシピを参考に作ってみた。

▼帆立のトロトロ湯豆腐/きょうの料理
https://yui-one.com/?p=13657

元レシピは4人分なので、半量で作ってみた。

絹ごし豆腐     1丁
帆立貝柱      1缶(これは元レシピと同量)
チンゲン菜     1株
ねぎ        5cm
卵         1個
スープ       水2.5カップ+鶏ガラスープの素小さじ1

水溶きかたくり粉(片栗粉大さじ1+水大さじ2)
しょうが      千切り半かけ分
豆板醤       小さじ1/4
ごま油       大さじ1
酒         大さじ1
しょうゆ      大さじ1

チンゲン菜なんて買うの初めてよ。根元洗って、縦四つ割りのして5cmの長さに切れ・・というのだが、ずいぶんテキトーになってしまった。ネギは5cmの長さの細切り。


おっきい土鍋はないもので、スリーシスターズのテフロン加工の片手鍋を使う。ごま油を敷いて、まずネギを炒め、香りを出す。


チンゲン菜を投入。


スープ・酒・しょうゆを加え、帆立の貝柱投入。


煮立ったら、玉杓子でかき混ぜながら、水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。チンゲン菜が柔らかくなったら、溶き卵を回し入れる。


1丁を6つに切った豆腐を投入し、あたためる程度にさっと煮て火を止める。


あいにく湯豆腐がインスタ映えする器を持ってないんで、お椀に注いだら・・ただのかきたま汁みたいに見える・・

でも美味しい。湯豆腐というよりも中華スープみたい。帆立とごま油が効いてる~!

美味しかったんで、本当は生姜と豆板醤を加えるんだけど、加え忘れて全部食べちゃった。

でも、全部食べたら、これ以上何も食べれないほど満腹する。

ひょっとして、ご飯を食べずに湯豆腐を食べたら、糖質オフでやせられるかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チューリッヒ行きの説明会 | トップ | 千代紙でポチ袋ーその2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

下手くそ料理帖」カテゴリの最新記事