さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

トマトなカレー・・・時短のはずが・・・

2018-04-01 23:23:31 | 下手くそ料理帖
トマトを使って時短の無水カレーを作る方法があるらしい。

facebook上のWATCHY Foodの動画「無水バターチキンカレー」の作り方を見たが、それは「廣田時短釜」という二重蓋のセラミック鍋を使うものだった。ちょっと私が持ってるクック膳で同じことが出来るかもしれないと思って、やってみた。

【材料】
鶏もも肉      200g
塩・胡椒      少々
玉ねぎ       1/4個
にんにく(すりおろし)1片 →おろしにんにくチューブ小さじ1で代用
しょうが(すりおろし)1片 →おろし生姜チューブ小さじ1で代用
市販のカットトマト 400g  →トマト1個+トマトピューレ200gで代用
カレーパウダー  小さじ1(加熱前)+小さじ1/2(加熱後)
醤油       大さじ1
バター       20g
生クリーム     適量



玉ねぎ1/4はくし形に薄切り。鶏もも200グラムは食べやすい大きさに切って、塩胡椒をまぶしておく。市販のカットトマト400グラム…え、何?カットトマトって。冷蔵庫にあったトマトは1個しかなく、180グラムぐらいだったので、ざく切りにして、トマトピューレ200グラムを加えた。以上の材料をクック膳に全部入れ、醤油大さじ1とおろし生姜チューブ小さじ1、おろしニンニクチューブ小さじ1、カレー粉小さじ1を加える。


よくかき混ぜ、トマトは潰しておく。


クック膳の中蓋締めて、閉にしておく。


外蓋を締めて、電子レンジ600ワットで10分。ところが、ここでブレーカーが落ちてしまった。やだー、ご飯炊いてる最中なのに。ブレーカーをONにすると、炊飯器は幸いにも途中からスタートしてくれた。仕方ない、ご飯を炊き終わってから、電子レンジをONにしよう。何のための時短なんだか。


ご飯炊き終わってから、改めて600ワットで10分。なかなかいい感じ。


カレー粉小さじ1/2とバター20グラムを混ぜる。塩胡椒で味を整える。


ご飯と合わせて出来上がり。お好みで生クリームをトッピング。

とってもトマトなカレーだけど、いいんじゃない? トマト好きだし。10分しか電子レンジかけてないのに、しっかり鶏肉も煮えてて美味しい。
先にご飯さえできていれば、20分もかからずに出来るお手軽メニューだな。
コメント