早起き梟のひとりごと

仕事に追われる日々を少しだけ立ち止まって見つめてみると・・・

金子兜太 他界

2018-02-22 05:48:28 | 俳句

写真は、金子兜太他界を知らせる、朝日新聞の記事。

すこし前にー私はどうも死ぬ気がしないーと仰っていましたけど、やはり遍く衆生に死は訪れる。

ーいのちは死なない「他界」に移るだけー

                         誕

                         生

                         も

                         死

                         も

                         区

                         切

                         り

                         で

                         は

                         な

                         い

                         ジ

                         ユ

                         ゴ

                         ン

                         泳

                         ぐ

ージュゴンは広い海をゆったりと泳ぎます。その悠々とした泳ぎを、いのちのうつろいと重ね合わせてみました。私はいつかは死んでいきますが、私のいのちがこの世からあの世と移行するだけのことです。自然に看取られ、ジュゴンのように悠々と、あの世へと泳いでいきたいものだと思っていますー P196から

さすがに長生きした人の言うことは違う。

   春おそし旅の途中かジュゴンゆく

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一句、捻ってみました。

2017-01-06 06:44:42 | 俳句

写真は、 俳句の海に潜る 中沢新一 小澤實 角川書店。なかなか刺激的な本だ。

霜葉の枝折る者ぞ哀れなり

漂泊や海の彼方に雲ひとつ

閉ざされて鱗に沁みる氷かな

初霜や山に見られて洟をかむ

門松の先に風吹くよもすがら

敷石や減りしをよけて初詣

三合の酒に呑まれて浅草寺





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一句、捻ってみました。

2016-12-15 04:46:32 | 俳句

満月になる前の月をみている

風立ちぬひかり聴こえし木々の間

病床の白き枕にレモン置き

玄関に揃えしスリッパは不在の証(あかし)

未練あり叫びし声は水の底

夏井先生

自由律なのも作ってみました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一句、捻ってみました。

2016-10-22 05:49:56 | 俳句

大空に杉つらなりて起立せり

つかの間に杉起立せよ大空に

歳月に祈りしみたる石ぼとけ

夏井先生、まだ本読んでません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一句、捻ってみました。

2016-09-29 05:29:09 | 俳句

 さんざめき八日目の蝉猫くわえ

道行て腕なき地蔵に手を合わせ

夕されば朝顔しょぼんとなりにけり

 夏井先生、まだ本を読んでません!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加