日々の逃避

ある大学教員のひとりごと。某大学の准教授みたいです。バイオマテリアルの研究をしている・・・かも。

ビール

2015年10月30日 | いろいろ

今日はTkくん(助教)・Atくん(M2)・Mtくん(M2)を連れて、20時過ぎから飲みに行った。



ビールがうまい。

 
 

美味しかった。22時ごろから、Tdくん(M1)とSgさん(M1)も合流。

そんな金曜日。

コメント

新任教員歓迎会

2015年10月29日 | いろいろ

今日は、今年着任した2名の特任助教の先生方(Og研のKhさんと、うちのTkくん)の歓迎会が19時から開催された。出席したのは、学科の教職員の皆さま。


 

こんな感じ。

 

挨拶するKhさんとTkくん。


1次会は21:30ごろ解散。その後、St先生・Og先生・Ok先生・Tnさん・Skさん・Khさん・Tkくん、そして自分、の合計8人で2次会を開催。23時ごろにはOk先生とSkさんが帰っていった。この2次会は23:30ごろ解散。

その後、まだ飲み足りない3人(Khさん・Tkくん・自分)だけで3次会を決行することになった。3次会を解散したのは・・・


3時!


でも、これからまだまだ飲んで、さらに今からラーメン2杯って言われても食べられるな、うん。自宅に帰宅したのは3時半ごろ。それからシャワーを浴びて、4時半ごろ就寝。

コメント

営業の人

2015年10月28日 | いろいろ

研究室にいると、日中に営業の人が来ることがある。

営業っていうのは売り込むことが仕事なので、顧客に「話を聞いてもらう」ことが大切 ・・・ というのは当たり前のはず ・・・ なんだけど、「いやいや、お前の話なんか聞きたくもならんわ」とこっちが思ってしまう営業の人も多い。

数日前に来た某社の営業の人(初対面)は、新製品のパンフレットをこちらに渡したままず~っと黙ってしまった ・・・ いやいや、こっちからパンフレットを頼んだわけじゃなくてそっちが勝手に売り込みに来たんだから、せめて商品を説明してください・・・。結局、ほとんど喋らないままその人は帰っていった ・・・ 何しに来たんだろう。。。

そして、今日の昼ごろに来た某社の営業の人(初対面)は、過去最高にひどかった。部屋のドア(いつも開けっ放し)付近に立ち、とんでもない早口な小声で、

「*$#%&***&%$ の旅行代理 %&$*** の @%#$%"($%)*+ トラベル社と申します。今日はパンフレット &***&%・・・ 」(← 10秒ぐらいで何かを言っていた)


・・・ は!?

 

「な、何、この不審者 ・・・!?」 って本気で思った。早口すぎてほとんど聞き取れなかった。すると、わけわからん説明を言い終わった彼は、ドア近くの来客用の机の上にパンフレットを勝手に置き帰って行こうとした。おぃおぃ。ちょっとどん引きしながらも自分の席から立ち上がったら、本当にそのままパンフレットを置いて逃げるように去って行ってしまった。会話無しかい!一方通行すぎるし、不審者にしか見えない。ちょっと呆然とした後、なんだかすごく不愉快な気分になってきた。こんな変な営業を送り込んできた「エル・・・」とかいう海外出張代理店に何かを依頼することは、今後絶対にないだろうなぁ。悪い印象しかない。

印象が悪すぎる人を営業部門に配置すると会社にとってマイナスだ、という当たり前の事実を、世の中の会社はもう少し知った方がいいと思うけどなぁ・・・。

コメント

Tdくんの誕生日会

2015年10月26日 | いろいろ

今日はM2のTdくんの24歳の誕生日会が開催された。

 

シュークリーム。

 

おめでとうございます。

コメント

来年の就職活動

2015年10月26日 | いろいろ

昨日の読売新聞より。

---------------------------------------------------
就職選考6月解禁、来年から前倒し・・・経団連調整
経団連は、2017年春入社の大学生を対象とした大手企業の採用活動で、面接など選考活動の解禁日を8月から前倒しする方針を固めた。現在より2か月早め、4年生の6月を軸に調整する。選考解禁日は16年春入社組から、従来より4か月遅い8月に変えたばかりで、日程見直しは2年連続となる。8月より前に選考を始める企業が相次ぎ、採用活動の長期化や中小企業での内定辞退の増加など、就職活動に混乱が生じたことに配慮した。経団連は、大学側や政府とも調整し、11月中にも会社説明会や選考日程などを定めた会員企業向けの新たな採用指針案を決める。会社説明会の解禁日は、すでに会場を押さえている企業も多いため、現在の3月から変えない予定だ。
---------------------------------------------------

というわけで、来年就活するみなさんはご注意を。今年よりも選考プロセスが早まります。

でもまぁ、微妙だなぁ・・・ 今年と比べて2ヶ月ぐらい早めたって、理系の実験系研究室が受ける打撃は大きいままだし。研究が一気に進むM2の時期が就活でつぶれるなんて、大学院に進学する学生本人にとっても研究室にとっても、本当にアホらしい事態だと思う。

自分は、「卒業と同時に就職する(新卒一括採用)」という、日本の現行システムはやめた方がいいとずっと思っている。日本独特のこの採用慣行は、外国の人と話すといつも驚かれる。大学や大学院では学業や研究に専念して、卒業してからインターンシップや社会経験を経て、そこから就職活動に取り組んだ方がいいと思うんだけどなぁ・・・。日本型の「大学生・大学院生のポテンシャル採用(活躍するかどうか未知数の学生を、在学中に採用する)」より、欧米型の「即戦力採用(確実に活躍しそうな人を採用する)」の方が望ましいでしょ(どっちも、メリット・デメリットがあるけれど)。

「新卒でないとなかなか就職できないから、新卒というブランドを守るためにわざと単位を落として就職留年する」 ・・・ なんて話も全国的に聞くけれど、珍現象すぎる。就職するために大学に行ったのか、何のために大学に行ったのか、わからなくなる。でも、新卒以外はなかなか就職できない現実はあるわけで、その根本的な原因の一つが雇用の流動化がなかなか進まないことであって、そこまで突き詰めると社会の構造的な問題に直面する。その構造的な問題に取り組む力は、今の政治には絶対に無い。そこが問題なんだけど。

毎年のように、就活の時期を巡るドタバタな議論が繰り返される。でも、日本の就活事情はいつになったらベストな方法にたどり着くんだろう。振り回される学生さんたちがかわいそう。

コメント

飲み。

2015年10月24日 | いろいろ

土曜日。夜、急に飲みに行くことになった。まずはイタリア料理のバルっぽいところに行こうとしたら満席だった。そりゃそうだよな、土曜日の夜だし。いろいろ探して、ビール中心のお店へ。こっちもほぼ満席だけど、ギリギリ入ることができた。小エビのアヒージョとか、ムール貝とか、あか牛のローストとかを注文。

23時ごろにお店から追い出されたので、別のお店へ移動。今度は、さっきまでと違って海鮮料理のお店。こっちも9割ぐらいの席が埋まっていた。やっぱり土曜日の夜って人が多い。。。




1時ちょっと前まで飲んでみた。

コメント

中華

2015年10月23日 | いろいろ

今、二種類の測定装置の見積もりを頼んでいる。それぞれ250万と800万ぐらい、かなぁ・・・ なんで装置ってこんなに高いんだろう。。。世の中のすべての実験装置の価格が1/3ぐらいになればいいのに。

夜。科研費の申請書類が仕上がったので、学生さんたちを誘って飲みに行ってみた。


 
 

中華。

コメント

ドタバタ

2015年10月19日 | いろいろ

午前。某企業の方がいらっしゃった。うちの研究室が得意とする合成系についての技術相談。

午後。また別の企業の方々がいらっしゃった。こちらは来年から進める予定の共同研究の打ち合わせ。この企業を含めて、来年は4社と共同研究を進めることになる。製薬会社もあれば、医療分野関連の会社もあれば、新規事業として医療分野に参入しようとしている会社もあれば、別分野(でも医療応用可能)の会社もある。来年はいろいろと大変そうだけど、頑張ろう。。。

夕方からは、某装置(二つ)について業者に相談したり、カタログを調べたりしてみた。

なんだか今日は一日中ドタバタとしていた気がする。

コメント

D2のKsくんとサシ飲みです。

2015年10月16日 | いろいろ

9月7日の「薬の副作用による薬物性肝機能障害と、肝機能障害による大量鼻血事件」からかれこれ1ヶ月半。今週月曜日に受けた血液検査の結果が、今日わかった。今回の騒動で血液検査を受けたのは、

1回目: 9/7(鼻血当日)
  ↓
(3週間)
  ↓
2回目: 9/28
  ↓
(2週間)
  ↓
3回目: 10/12

だ。1ヶ月半で3回も血液検査を受けたのは人生初だ。注目しているのは、肝機能を表す三つの指標(γ-GTP、GOT、GPT)だ。

3回目の今回の結果は、γ-GTPだけまだ少しだけ高いけれど、GOT・GPTの値は完全な正常値におさまっていた!2回目の検査の時にGOT・GPTはすでに正常値だったんだけど、今回はさらに数値が下がっていた。正常値の中でもかなり低い数値に落ち着いたわけで、うれしい。あとはγ-GTPがもう少しだけ下がれば完璧。薬の副作用の影響はほぼなくなった感じがする。

肝機能がほぼ戻ったので、今日はすごく気分がいい。今後は、確認のために2ヶ月後ぐらいに血液検査を受けてみようかな。

今日は、1週間前から計画していた飲み会を開催した。D2のKsくんと二人でサシ飲みをするのだ。19時ごろに二人で大学を出て、電車に乗って某所へ。

 

刺身と燻製。燻製好きな自分としては、このお店は当たり。

 

美味しかったなぁ。日本酒もいろいろ飲めて楽しかったなぁ。



締めの親子丼。



2次会の焼き鳥屋。

コメント

会議とか面積とか。

2015年10月14日 | いろいろ

13時ごろから学科の会議。教育委員会関係の報告・審議事項もなかったので、今日は気楽だ。自分に少し関係がある議題(?)としては、借りスペースを申請したぐらいだ。いや、もう、スペースが足りない。ドクターの内部進学者が4人と助教が1人、来年度以降もドクター進学者が続くし、装置を買いすぎたら置き場所がなくなってくるし、最近さらに大型の設備も買ってしまったので、スペースを増やすことを学科にお願いすることにした。研究室の面積の話はまた後日。

会議が終わってから20分ぐらい、自分の部屋で装置の置き場所とかをいろいろと考えていた。すると、学科の数名の先生方がやってきた。「あれれ、俺、なんか悪いことしましたっけ?」と思ったら、全然関係ない話題だった。

なんかいろいろなことをしていたら、あっという間に終わった一日。

コメント

講義

2015年10月13日 | いろいろ

前日の夜中の2時ごろ。なんとなくぼ~っとしながら考えた。明日は火曜日かぁ・・・火曜日って何かあったなぁ・・・


・・・あれ。

講義じゃん!


火曜日は講義があるんだってば。金曜日ぐらいまではちゃんと覚えていたのに、この2、3日でなぜかすっかり忘れてしまっていた。先週、1限に別キャンパスで講義をしなきゃいけない、というイレギュラーな理由で2限を休講にしたので、この週末で、頭の中から「火曜日=講義がある」という図式が抜け落ちていた。あっぶね・・・。

というわけで、今日の2限は、2年生向けの生物化学の講義の初回。生体内における「低分子」の話を中心に、語ってみた。微量元素とか水とかが頑張ってますよ、という話。

昼食後は、13時半ごろから装置の搬入。でかい。重い。いろいろと手伝ってくれた学生のみなさん、ありがとうございました。

その後は、助教・学生さんたち計5名が作成した某助成金の申請書類を添削したり、5人分の推薦書を書いたり・・・で19時ごろまでかかった。19時からは自分の別の某申請書類を作成。いや、最近ちょこちょこと作ってはいたんだけど、お、終わらん・・・。なんだか疲れてきたので、21時ごろには大学を出た。続きの仕事は自宅でやろう。

今日は人間不信になるような出来事があったけど、まぁ、そういう人なんでしょう、この人は。学生でもあるまいし、なんでその年にもなっても仕事はほとんどやらないし、言動も一貫していないんだろう。軽蔑はしつつも、大人の対応をしてみた。気づかないふり・・・。

なんか今日はドタバタだったなぁ。。。

コメント

飲み

2015年10月11日 | いろいろ


日曜日。急に飲みに行くことになって、18時ごろから外出。行ったのがカウンター中心の綺麗なお店だったからか、日曜日の夜なのに超満員。女性客同士とかカップルだらけだった。23時ごろまで飲んでいた。

コメント

卒論中間発表会

2015年10月10日 | いろいろ

今日は10:00~12:00と13:00~15:00に卒論中間発表会が開催された。

うちの研究室の発表は午後です。

 
 

スーツを汚さないように白衣を着ながら、頭にワックスを塗ってセットするB4たち。



セット完了。



発表おつかれさまでした!



今夜の打ち上げ会場は、メキシコ料理屋。

 
 

こんな感じ。

 
 

メキシコ料理って美味しいなぁ・・・。

 

2次会は別の居酒屋。



今日は怪しさ満天の雰囲気のB4。

そして・・・

 

3次会のラーメン屋。やっぱり飲んだら締めはラーメンだ。安定のうまさ。

コメント

卒論中間発表会・前夜祭

2015年10月09日 | いろいろ

今日は、4年生の卒論中間発表日の前日だ。研究室の指導教員としては、「発表前日の夜とか当日の昼まで発表準備が終わらない・・・そんな学生さんにはなって欲しくない」といつも思っている。そんなぎりぎりの状態で発表するということは、質疑応答対策とかもまったく考えていないぐらい余裕がないことを意味する。そんなのは良くないです。つまり・・・


発表の前夜に飲むぐらい余裕をかまそう!


これがうちの研究室の指導方針。研究室の立ち上げ1年目からずっとこの方針だ。そんなわけで、うちの研究室では、卒論発表会・修論発表会の前夜に「必ず」飲み会を開催している。その名も「前夜祭」。そう、祭りなのだ。「明日がんばれよ~!」という意味合いの祭り。発表前夜に前夜祭をやるような研究室を運営したい。学科の先生たちには、「よくやるなぁ・・・」と言われることが多いけど、前日はそれぐらい余裕があるぐらいじゃないと。

まぁ、発表前夜に飲み過ぎるとつかれてしまうことは間違いないので、いつもの飲み会のように遅くまで飲むことはなく、前夜祭は「18時ごろスタート、22時ごろ解散」にしている。4時間ぐらいしか飲みません、はい。

 
 

こんな感じ。

 
 


ちなみに、うちの研究室の飲み会は「一度行ったお店には行かない!」を基本ルールにしている。その方が楽しいし。でも、前夜祭だけは「大学近くで数時間やる」ことになるため、大学の最寄り駅近くの居酒屋に毎回行っている。うちの研究室としては珍しい光景。



語っちゃうよ、のドクター。

コメント

別キャンパスへ

2015年10月06日 | いろいろ

6時起床。7:30ごろに自宅を出て、いつもの職場とは別のキャンパスに8:30ごろ到着。今日は、融合科目の初回ガイダンスの日なので、この別キャンパスで1限にプレゼンしてきた。ちなみにこれは、教育委員の業務の一つ。

うちの大学はキャンパスごとに異なる学部が入っている。キャンパスAに○学部、キャンパスBに△学部だ。そして、○学部の教員がキャンパスBで講義して、△学部の教員がキャンパスAで講義する ・・・ これが融合科目のスタイルだ。学生さんにとっては、別の学部の講義を聴くことができるわけで、有意義な試みだと思う。

でも、問題点がある。それは講義を開講する「時間帯」だ。

自分が所属している○学部の方は、学生さんが受講しやすいように5限に融合科目を開講している(同じ時間帯には別科目は開講していない)。一方、△学部の方は1限に開講している(しかも、事務の人によると、全学共通で人気が高い別科目を同じ時間帯に開講しているらしい)。そのため、△学部で開講している融合科目の受講者はたったの数名だ(○学部で開講する融合科目の受講者は数十名)。1限に開講、しかも裏番組で大きな講義があるんだったら、そりゃこうなるだろ。このやり方って他学部の教員に対して失礼すぎませんか、と思う。このことは、この融合科目のワーキンググループ会議に参加した時に意見してみたんだけど、△学部のみなさんからは芳しくないリアクションが返ってきた。

・・・。

しかも1限で別キャンパスで講義してしまうと、2限の自分の講義に間に合わない。仕方ないので、休講の掲示を事前に出しておいた。でも実際には、融合科目のガイダンスが始まると、事務からの連絡事項も少なく、1時間程度で終わってしまった。結局、自分のいつもの職場に戻ってきたのが10:25。10:30からの2限の時間に間に合ってしまった。でも休講情報を出してしまっている以上、今さら講義もできないわけで ・・・ 2限を休講にする必要なかったなぁ・・・。。。

14~17時ごろは、B4の卒論中間発表の練習会。B4のみなさん、土曜日に向けてがんばって。

コメント