日々の逃避

ある大学教員のひとりごと。某大学の准教授みたいです。バイオマテリアルの研究をしている・・・かも。

プレゼン準備

2015年05月31日 | いろいろ

6月に二つの招待講演を引き受けている。一つは6月9日夕方に千葉県の姉ヶ崎で、もう一つは6月23日夕方に都内某所で開催される講演会だ。どちらも高分子学会が主催。どちらの講演時間も同じで、招待講演のスタンダードの1時間。2月に別の場所で喋った招待講演(これも1時間だった)にデータを足す感じかなぁ・・・今週準備しなきゃ。。。

・・・とかいろいろ考えていた日曜日。

コメント

札幌の地下鉄

2015年05月30日 | いろいろ

札幌の地下鉄構内でポスターを見つけた。



札幌の地下鉄は、



網棚が無いらしくて、



もし荷物を置いてしまうと、下の人の頭に落としちゃうらしい。

気をつけましょう。



助けないであわてるだけの人。

コメント

第64回 高分子学会年次大会(札幌)・3日目

2015年05月29日 | いろいろ

学会最終日。今日もホテルを出たのが8:50ごろ。学会が終わったのは14:45。最終日の今日は学会が早く終わるので、16:30から飲み会。今夜の研究室打ち上げ飲み会のお店は、


 

牛カツ専門店の「わだ」(ここ)。

 
 
 
 

美味しかったなぁ・・・北海道って料理のハズレが無いと思う。

19時前にはお店を出て、新千歳空港へ移動。

 

飛行機がちょっと怖い人。


22:30に羽田到着。金曜日の夜に荷物抱えてラッシュの電車に乗る(+乗り換えも多い)のは疲れるなぁ・・・ということになり、学生さんたちと一緒に空港バスに乗って帰宅。40分ぐらいで自宅の最寄り駅に到着した。羽田空港からはいつもモノレールを使って帰宅していたので、バスで帰宅したのは実は今回が初めてだ。車内全体が狭いのが難点(あと、座席も狭い・・・)だけど、40分座っているだけなので、なんだかすごく楽だった。

ところで、学会会場で他大の複数の先生方から、

「どうして、研究室の学生さんがいつも10人ぐらい出張してくれるの?」
「みんな学会出張いやがらない?」
「うちの学生たちに学会発表を打診したら、断られたりいやがられる」

みたいなことを聞かれた。

「学会発表というよりも、『みんなで出張に行って美味しいもの食べよう』みたいなノリにして、しかも研究室の院生全員で参加するイベントみたいに盛り上げると、みんな楽しそうにいつも出張してくれてますよ~」

と答えてみたら、そんな感じでなかなかついてきてくれない、とかなり嘆かれた。ん~、そうなのか。

うちの研究室は、研究室立ち上げ当初から「主要な学会は院生全員で参加する」という方針にしている。旅費補助は大変だけど、学会発表は全員にとってプラスの経験になるし、研究室全体のイベント感を出せばみんな楽しんでくれると思うからだ。うちの研究室では、学生さんにとっての初学会は、M1の5月に参加する高分子学会年次大会だ。毎年のことだけど、この学会の後から学生さんの研究に対する考えや姿勢が目に見えて変わってくる。それぐらい、学会参加は学生さんにとってプラスの経験なんだと思う。しかもうちの研究室は、学会のすべての日に打ち上げ飲み会を企画して、ひたすら現地の食を楽しむことにしている。昼間は学会で勉強して、夜は楽しむ、このメリハリが大切。

「学会」=「行きたくないもの、先生に命令されて行かされるもの」

ではなくて、

「学会」=「いろんな人から意見を聞けて自分の研究にプラスになって、しかも美味しい物を食べまくれる楽しいイベント」

と思ってくれるような研究室作りを、2006年10月の研究室立ち上げ以来ずっと心がけてきた。うちの大学みたいな単科大学の小さな学科の研究室では、学会で活発に発表する雰囲気を積極的に作っていかないと、研究室から論文がなかなか出ないと思う。学生さんたちには、研究活動のすべてを楽しんで欲しい。その意味では、学会期間中の毎晩の飲み会も、研究活動の重要な一貫でしょ。卒業して社会に出た後に、「みんなで行った学会楽しかったなぁ」と学生さんたちに思い出してもらえたらうれしい。

こんな感じの研究室の雰囲気を一緒に作ってくれた歴代の所属学生さんたちに感謝したいと思う。卒業生や現所属生たちの顔を思い浮かべるたびに、これまでいい学生さんたちに恵まれてきたなぁ、とつくづく感じる。

そんな札幌出張の4日間、楽しかった。北海道っていいなぁ。

コメント

第64回 高分子学会年次大会(札幌)・2日目

2015年05月28日 | いろいろ

学会2日目。

ホテルを出たのが8:50ごろ。学会が終わったのが16:30。

 

今夜の研究室打ち上げ飲み会のお店は、魚吉(ここ)。

 
 
 
 
 

美味しかったなぁ。。。


こんな感じで1次会が終了。自分とTkくんとKsくんの3人は、卒業生のYnさんと少人数で飲む約束をしていたので、ここからみんなとは別行動に。徒歩5分ぐらいで、待ち合わせていたお店に到着。お店はYnさんが選んでくれた「はちきょう」。




こんなお店。



久々にブログ登場のYnさん。



刺身も美味しかったけど、郷土料理の「切り込み」(左)がむちゃくちゃ美味しかった。



ツブ貝も新鮮で美味しかった。


ちなみに自分が好きな刺身は、「トロ、シラウオ、ヒラメ(+エンガワ)、アワビ、ツブ貝」なのだ。あと、イクラも大好き。そして今回、Ynさんが連れてきてくれたこのお店は、偶然イクラが名物だった。




イクラが大量に入ったボウルを持った店員さんが登場。



「おいさ~!」のかけ声とともに、ご飯にイクラを乗せまくる。



完璧。


美味しかったなぁ・・・この独特の様子は、このお店のホームページからリンクが貼られているYoutube動画(これ)でも見ることができる。お店を選んでくれたYnさん、ありがとう。

コメント

第64回 高分子学会年次大会(札幌)・1日目

2015年05月27日 | いろいろ

6:30起床。7時ちょっと過ぎに、ホテル1階に朝食を食べに行ってみた。

すると・・・



驚きの集合率。ほぼ全員の学生が起きてきていた。恐るべし、美味しそうな朝食パワー。

 

朝から海鮮丼を食べまくれる幸せ。こんなビュッフェスタイルのホテルはたまらん。

8:50にホテルを出て学会会場へ。



昼食時にアイスを食べる人。

 
 
 
 
 

今回は、10人の発表を申し込んだ。



発表申込時に希望を出して、1区画に全員分の発表をずら~っと並べてみた。

 

夜は札幌の街に繰り出してみた。



今日の研究室打ち上げ飲み会の会場は、ジンギスカンの「のざわ」(ここ)。

 
 
 
 


冷凍していない生ラムしか使っていないからモヤシを下に敷かない、という本格派ジンギスカンだった。美味しかったなぁ・・・。その後、自分とTkくんだけ抜け出して、22:30から2次会へ。お店はここ



Hk大のYn先生、Hk大Yn研助教のIsさん、うちの学科のNk先生、Tkくん、自分、という不思議な組み合わせの飲み会。このお店の魚も美味しかったなぁ。今日もまた、0時すぎにホテルに戻ってみた。

コメント

第64回 高分子学会年次大会(札幌)・前日

2015年05月26日 | いろいろ

5/27~29に開催される高分子学会年次大会に参加するために、札幌に行ってきた。今回参加するのは、自分、助教のTkくん、学生たち(ドクター:3人、M2:3人、M1:3人)、の合計11人。なんだか修学旅行みたいな規模だなぁ。今日はマスターの学生さんたち6人は別行動で、自分はTkくんとドクター学生たちと一緒に札幌へ。




大学の最寄り駅。



今日は全身黒の人。



羽田空港に到着。

今日の夜ご飯は21時ごろの予定のため、16時台に軽食を食べることになった。



軽食です。カツ丼だけど。



みんなでビールも注文。やっぱり出張の時は飲みまくらないと。



満足気味なFkくん。



20:30ごろに札幌駅に到着!


今回、学生たちと一緒に宿泊したのは、ネストホテル札幌駅前。なんでこのホテルにしたかというと、イクラ・サーモン・マグロとかを取り放題で勝手に海鮮丼を作ることができる!という朝食に惹かれたから(こんな感じ)。自分はいつも、出張の際の宿泊先は、朝食が美味しそうなホテルしか選ばない主義だ。


 


今夜は、Hk大のYn先生(+Yn研の助教のIsさん)とうちのグループ(自分・Tk助教・ドクター3人)で一緒に夜ご飯。お店はここ。刺身が美味しかった。ほっけの刺身も美味しかったなぁ・・・Yn先生、ありがとうございました。夜中の0時ごろ解散。Yn先生がお帰りになった後、ラーメンでしめることになった。Isさんの案内で、らーめん「そら」へ(ここ)。

 

自分はラーメンの他にご飯ものも注文してしまった・・・ なんだかすごく美味しかった。

 

食べまくる人たちの図。

ホテルに戻ったのは、1時半ごろ。

そうそう、ラーメン屋の前でたまたま酔っぱらいに遭遇したんだった。

それは、



うちの学科のSk助教。

コメント

日本酒と魚

2015年05月22日 | いろいろ

 

今夜は、なぜか突然、D1のFkくんとサシ飲みすることになった。魚はやっぱりおいしい。

コメント

Hrさん・Hrくん誕生日会

2015年05月22日 | いろいろ

今日は、M1のHrさんとB4のHrくんの誕生日会が開催された。
(名前を略すと一緒だ、と今ふと気づいた)

 

教員室でお祝い準備中のドクターFk氏。今日はプリンでお祝い。

 
 

いろいろもらっていた。お誕生日おめでとうございます。

コメント

ホームページ

2015年05月21日 | いろいろ

研究室のホームページを大幅に更新したけど、「以前のホームページが見える」という声があった。そういう人は、ブラウザのキャッシュが悪さをしているんだろうから、ちゃんとキャッシュをクリアしてから見て下さいませ。。。そうすれば新しいホームページを見ることができます。。。

コメント (2)

同期愛

2015年05月20日 | いろいろ



卒業生のFrくんもやって来たし、急遽飲み会を開催。



同期愛、その1。



同期愛、その2。真ん中は邪魔する同期の人。



今日も元気なD1のタンクトップマン。

0時ごろ解散。

コメント

B4のプレゼン大会

2015年05月19日 | いろいろ

さてさて、5月中旬になった。というわけで、うちの研究室の毎年5月の風物詩、「4年生によるプレゼン大会」を開催してみた。

うちの研究室では、3月上旬ごろに卒論の研究テーマが決定される。その研究テーマについて、研究背景、研究目的、実験内容、などを10分程度でまとめてもらうわけだ。パワポの準備の際には、上級生には手を出さないでもらっている。4年生が自分一人で考えて、自分一人の力でプレゼンファイルを作るわけだ。「自分の研究テーマの背景、何が問題点なのか、どんな実験を進めるのか・・・」を考えながら、ほぼ独力でパワポを仕上げて、発表練習をしっかりとした上で発表する ・・・ これがすごく力になる。そして5月中旬の今日、上級生と指導教員を前にプレゼンする。そして、ひたすらひたすら「質問攻め」と「コメント」だ。「それはどういう意味?」「なんでこの図にしたの?」「どうしてこの説明なの?」「こういう図にした方がいいよ」「ここはこう書かないと伝わらないよ」・・・などなど、上級生と指導教員がいっせいに言いはじめる。

このプレゼン大会を経験すると、いろんなことを自分で調べるようになる。そして、当日の発表によって「どこが他人に伝わりにくいか」がわかるし、パワポやイラスト作成のためのソフトにも慣れる。

4年生たちにとっては大変な行事だろうなぁ。でも自分は研究室を運営する上で、この恒例行事をとても重視している。

パワポにはいいところもあれば、悪いところもある。それは、「適当に図を配置しても『それらしく』見えてしまうんだけど、よくよく見てみるとわけがわからないパワポができあがってしまう」ことだ。まさにメリット・デメリット表裏一体。いつも学生さんには言ってるんだけど、図の配置、見せ方、矢印 ・・・その使い方にはすべてフィロソフィーが欲しい。

例えば矢印。

図と図や、文章と文章を、矢印で適当につなげたパワポはとても多い。そして、これがまた「それっぽく見えてしまう」。すごく大きな問題点だ。学会にはそんなプレゼンがあふれている。雑多な文字や図を、意味なく「→」でつなげて配置してしまっているパワポが世の中には多すぎる。でも、A→Bなら、「Aが原因でBになった」「(時系列として)AがBになった」という内容のAとBが並ばなければダメだ。矢印の前後において論理構成が成立していない適当なプレゼンは、本当にとても多い。こういうことを研究室で教える時点で、うちの大学の学部教育は穴だらけだ。ビジュアルプレゼンテーションの講義は、学部で開講すべきだよなぁ。自分の考えていることをわかりやすいプレゼンに作り込むことは、ものすごく重要なスキルだと思う。

というわけで、今日はそういうことを4年生のみなさんにじっくりと教えてみた。この会に参加して4年生へ突っ込みまくってくれた上級生全員、おつかれさまでした。そしてなによりも、発表をがんばった4年生のみなさん、おつかれさまでした。発表時間は10分なんだけど、質疑応答が1人あたり1時間ぐらい。うちのB4は4人いるので、トータルで5時間弱かかる。今日は、13時からスタートして、、2人発表+20分休憩+2人発表、で終了したのは18:20。いやぁ、つかれたつかれた。夜は打ち上げ。今日は、豚しゃぶの食べ放題。


 
 

こんな感じ。



ゆでたまごを食すD1(Itくん)と、バカウケのAtくん(M2)。



満腹で寝始めた、就活づかれのMtくん zzz

 

満腹のドクター1年、Fk氏。すごくご機嫌。

 

すごくすごくご機嫌。

 

でもそこは外。

コメント

研究室のホームページ

2015年05月15日 | いろいろ

最近ブログをあまり更新してなかったけど、それには理由があって、2週間ぐらいかけて研究室のホームページを毎晩更新してた。そして昨日の夜、公開してみた。結構な大幅更新。

こういうのって業者に頼んだ方が楽なんだよなぁ・・・と思いつつ、こういうデザインって面白いので、ついつい自分でゼロから作り込んでしまう。大幅にデザインを変えたので、結構大変だった。

表示とかリンクとか、何か不具合があったら教えてくださいませ。

コメント

「第3回ブレスト飲み会」を開催してみた。

2015年05月09日 | いろいろ

さてさて、半年に一回恒例の、うちの研究室の特徴的な活動の紹介を。

うちの研究室では、ドクターの学生さんだけを対象とした飲み会を、半年ごとに定期的に開催している。

通称、「ブレスト飲み会」。

ブレスト、つまり、ブレインストーミングは、「数名で集まって、1つのテーマに対してお互いにたくさんのアイディアを出して、問題の解決や発展に創造的に結び付ける手法」のことだ。目指すのは、「参加者全員がネタを持ち寄って、うまい料理と酒に囲まれながら、研究室のいつもの研究テーマから離れて、『研究とはまったく関係ないこと』を議論し合う」、だ。

持ち寄るネタは、「バイオマテリアル(うちの研究室のメインテーマ)から離れている」ことが絶対条件。新しい化合物の合成、みたいな、純粋な化学ネタも面白くないからダメ。なるべく化学から離れたい。生物、機械、電子工学、なんでもいいけど、とにかく、研究室のテーマからかなり離れないとダメ。いつも自分は、「研究室のいつものセミナーで発表したら、『まったく関係ないじゃん!』と怒られそうなネタがいい」と参加者に言っている。

ブレスト飲み会は、自分の研究方針による、ある意味「わがままな会」だ。実現しそうにない未来であってもいいので、未来を夢見る学生を育てたい、というのが自分の教育方針だ。5年後は誰でも語れるし、そんな近いことを考えていてもブレイクスルーは生まれないと思う。だからこそ、20年先の夢を見たい。夢を語れない教員には、夢を持った学生は育てられないと思う。夢を語れない上級生には、夢を持って下級生の指導にあたれないと思う。B4・M1・M2の研究姿勢をレベルアップするためには、その上のドクター学生たちが夢を語れる人にならないといけない。

2006年10月に研究室を立ち上げてからもう9年。ドクターの学生さんが増えたらいつかこんな会をやりたいと考えていた。幸いなことにドクター進学者は年々増えてきて、すでにドクターを取得して社会人になったUcくん・Tkくん・Ckくんの3人の他に、現在在学しているKsくん(D3)、Azくん(D2)、Itくん(D1)、Fkくん(D1)の4人、そして、ドクター進学を表明したM2のStくんもいる。Tkくんは現在うちの研究室で特任助教になってくれているので、今年度のうちの研究室にいるドクター関係者は6人(特任助教、ドクター在学生×4人、プレドクター学生×1人)になる。ありがたいことに、普通の研究室より多いなぁと思う。でもブレストは10数人ではなかなかうまく進まない。参加人数は、「1テーブルで収まる範囲」が適当なので、研究室全体でこの活動を実施するのはちょっと無理がある。というわけで、このブレスト飲み会は、うちの研究室のドクターの恒例イベントにしている。この「研究室上層部の人たち」が研究についてアクティブに考えられる人に成長してくれれば、研究室のアクティビティーがすごく上がるはず。そんな願いを込めてのブレスト飲み会だ。

ブレスト飲み会の方針は、

「日々の研究室の実験とかいろんなことを忘れて(=研究室の研究・実験の話はしない)、非日常的な場所でやりたい」

だ。「いつもなかなか飲みに行かない場所」「研究室飲み会ではなかなか行かない珍しい料理のお店」という2つの基準でお店を選ぶように、幹事の学生さんにはいつも頼んでいる。1年前の第1回ブレスト飲み会は、Ucくんを幹事として浅草のどうじょう料理屋で開催した。半年前の第2回ブレスト飲み会は、Ckくんを幹事として五反田の馬肉料理店で開催した。そして今回の第3回目のブレスト飲み会は、浅草橋のうずら鍋のお店で開催することになった。D3のKsくんのセレクト。大学から1時間ぐらい離れた場所、という非日常感がたまらない。お店選びおつかれさまです。ブレスト飲み会はだいたい5~6時間はかかるので、2次会のお店もおさえておいてもらった。

参加者全員に、事前にいつもの実施要項をメールで送っておいた。

文面はこんな感じ↓

-----------------------------------------------------------------------------
何かネタを探して、その資料を印刷して7名分持参して下さい。
持参する資料は、ネット上の資料、新聞や雑誌のコピー、会社のホームページ、なんでもいいです(論文である必要はありません)。
面白いバイオマテリアルや高分子の合成例、というのはダメです(バイオマテリアルの研究分野から離れること)。
「なんだこりゃ」
とか言いながらそんなネタを肴に飲んでいるうちに、
「あれ、もしかしたら、このネタをこんな感じに使ったら、数十年後に医療用に使えるんじゃね?」
みたいな話に展開できれば最高です。
いつも言ってますが、
「ネタとしては面白いけど、その資料を研究室のセミナーにそのまま出したら確実に怒られる」
という資料、がベストです。
私自身もネタを探して行きます。
みなさん準備よろしく。
-----------------------------------------------------------------------------

ドクターOBのUcくんとCkくんも呼ぼうかと思ってみんなで考えてみたんだけど、どんどん人数が増えていってしまうのもちょっとなぁ、ということになった。10人規模になってしまうと、1テーブルで話がまとまらなくなって、ブレスト飲み会の効率が落ちてしまう。というわけで、今回はOBは呼ばないで開催することになった。

ごめんよ(→ 前回すごく来たがっていたUc)。

ブレスト飲み会とは別に、現役ドクター学生とドクターOBだけの「純粋に研究の話をたくさんできる飲み会」を開催するのもいいかもしれない。今後、要検討。

さてさて、みんなどんなネタを持ち寄るのやら。

今日は午前中に用事が入っていた。一度帰宅してから、16時ごろまた自宅を出た。今日は、浅草橋駅改札に16:50に集合だ。参加者全員のネタを議論するにはすごく時間がかかるので、ブレスト飲み会はいつも「17時から」開催することにしている。




こんなお店(ここ)。



魚。



うずら鍋。うずら、美味しかった。意外とくせがない肉だった。

ちなみに、「うずらの卵」じゃなくて「うずらの肉」です。



持ち寄った資料を見ながらブレスト議論、の様子。

20:00から2次会のお店へ移動。



ここでもブレスト議論。

ちなみに自分が持っていった資料は、


この3つ。「某社が最近イタリアで開催している『10年後の2015年にはこんなキッチンができてほしい』という展示会のいろいろな写真」「某社の3D映像(複合現実)が紹介されたホームページのコピー」「某社の空中ディスプレーが紹介されたホームページのコピー」だ。この3つを組み合わせると、あと20年後ぐらいに実現したらいいなぁ、という夢の医療技術が見えてくる。たぶんこのことを考えている人は、世界でまだ誰もいないと思う。でも実現したらすごいはず。



電車の中でいつもどおり爆睡しているD1のIt氏。

となりのおっさんにめちゃくちゃ寄りかかろうとしていた。


23時半すぎに帰宅。「いまは何に使えるかわからないけど、こんなネタ面白いよね」みたいな無茶な話をみんなできていた。学生さんたちが持ち寄ってくれた資料から、いくつかの面白いアイデアが浮かんだ ・・・ 実現は難しいけど。でも、こういうのってやっぱり面白い。

こんな無茶な議論の積み重ねから、未来を切り開く力があるドクター学生を育てていきたいなぁ、と願っている。ブレスト飲み会のことをブログで書くたびに毎回書いているけど、そんな未来を切り開く力がある学生をしっかりと育てて、ドクターを無事に取得させて、研究者として社会に送り出すことは、工学系大学教員の責務なんじゃないか、といつも思う。特に自分は、幸いなことに研究室に多くの内部進学ドクターを抱えている以上、意識的にこんな教育に取り組む必要がある。それが、ドクター進学先としてうちの研究室を選んでくれた学生さんたちに対する、教員としての誠意と責任なんだと思う。

「夢を語れない教員には、夢を持った学生は育てられない」・・・やっぱりこの意識をずっと心がけたい。

今やってる試みは小さいけれど、一人一人の心の中に根付いて、ドクターを取得して社会に出た後にきっとプラスに働くと思う。そんな研究リーダーに育って欲しい。誰になんと言われようとも、これがドクターの学生に対する自分の教育方針。

次回は10月頃に開催予定。

コメント (2)

zzz

2015年05月03日 | いろいろ

ここ数日は、箱根山が噴火するかもしれないニュースばかりだなぁ。箱根山が本当に噴火したら、その威力は富士山の10数倍になる可能性があるらしい。

・・・ 10数倍ってすごいな。

70,000年前に噴火したときは火砕流が横浜まで達したらしい。実は富士山よりはるかに怖い火山、もし噴火したら東京にもかなり影響するかも、という専門家のコメントが流れていた。マジですか。初めて知った。。。


自分は今まで、大学(東京) → 研究所(埼玉) → 研究機関 (神奈川) → 大学(東京)、と職場を転々としてきたけれど、その間ずっと東京都内に住んでいた。実家も東京にあるので、生まれてこのかた41年間、東京以外に住んだことがない。今まで大きな天災に偶然遭遇していないだけで、東京は直下型大地震のリスクも高いし、富士山の火山灰も結構積もる可能性が高いらしいし、人が多すぎて疲れることもあるし ・・・ 本当は長く住む所ではなんだろうなぁと思うことが最近多い。

箱根は数え切れないぐらい行ったことがあるので、最近の箱根山のニュースはすごく気になる。

この週末で、今までやりたかったことをかなり実行できた。とりあえず満足。

コメント

バーベキュー

2015年05月01日 | いろいろ

今日は研究室の全員で近場の公園に出かけて、バーベキュー。



今年は、こんな長崎牛を1kg差し入れてみた。

 





準備中。



とりあえず、酒。酒。酒。昼間っから酒を飲むなんて、幸せだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こんな感じ。

 

差し入れた牛肉。うまかった。



いつも通、Mt氏撃沈。

その後、自分はD3のKsくんとM1のTdくんと3人で、キャッチボールしてた。

コメント