日々の逃避

ある大学教員のひとりごと。某大学の准教授みたいです。バイオマテリアルの研究をしている・・・かも。

お好み焼き

2014年03月27日 | いろいろ

来週から社会人になるFrくんが片付けに来ていた。最後の夜ご飯を食べに行きたそうだったので、Tkくん・Frくん・Azくんと自分の4人で、大学のそばのお好み焼き屋に行ってみた。

 


このお店のお好み焼きはすごく美味しいと思う。昨日からなぜか胃の痛みを少し感じていた自分は、念のためお酒はちょっとしか飲まなかった。

コメント

卒業式と学科謝恩会

2014年03月25日 | いろいろ

6時起床。今日は卒業式の日。4年間にわたる学生生活委員の最後の仕事は、卒業式の警備だ。警備担当者の集合時間は9:00だったので、8:50ごろに卒業式の会場に到着してみた(アクセスがすごく悪い場所にあるから、家から1時間ぐらいかかってしまった)。



卒業式は10:30~12:00まで。自分は屋外警備担当(花粉がしんどい)。



うちのM2やB4たち。

その後、数人の先生たちと相乗りしてタクシーで大学へ。

13:30~15:00まで、ドクターの修了式が行われた。



専攻の受領者代表としてあいさつしているUcくん。

手前の頭は副学長。

うちの研究室の第2期生の彼が、うちからの初ドクターになる。

なんだか感慨深い。

その後、18:00~20:00ごろに学科の謝恩会が開催された。



ビンゴ大会。



そこでもあいさつさせられるUc博士。



謝恩会終了後に、おなか丸出しで喜ぶFr氏。



そんなFr氏を微妙な顔で見つめるYn学科長・・・



謝恩会会場に来ていた来年度のうちのB4たち。

その後、研究室の2次会へ。

 

こんな感じ。



卒業生たちへのプレゼント贈呈式。

この場で自分もいろいろ頂きました(あとで書きます)。



誕生日も祝ってもらうRcくん。



顔がてかりまくってるNgくん。



2次会は23時ごろ終了。

その後、3次会へ向かう途中で、帰宅途中のSm研グループとすれ違った。



3次会はこんな感じ。

自分は0時半ごろまで参加して、それから帰宅。

みなさん卒業おめでとうございます!

ちなみに、研究室の皆様から自分が頂いたプレゼントは、ストーリーがあるらしくて、



仕立券2枚でワイシャツを2つオーダーメイドして、



ネクタイをしめて、



ウィスキーで利き酒をしながら、



つまみを食べる、らしい(白イチジクとアーモンドのセット)。

なんだかいろいろ頂いてしまってありがとうございます。

卒業生のみなさん、これからもがんばってください。応援しています。

コメント

今日も飲み会。

2014年03月24日 | いろいろ

19時ごろから、大学の最寄り駅付近の居酒屋で、他学科のAs先生の送別飲み会。集まったのは、テニュアトラック採用の第1期生の同期、11人。面白かった。

解散したのは22時半ごろ、自宅に到着したのは23時ごろ。明日は朝から卒業式の警備業務があるので、今日の解散時間はちょうどいい感じ。

コメント

飲み会。

2014年03月22日 | いろいろ

午前は2時間ほど仕事。昼からは渋谷へ行ってきた。渋谷マークシティの中華料理屋に入ってみて、五目焼きそばと小籠包と餃子を食べてみた。



午後は東急本店に行った後に、渋谷ヒカリエへ移動。渋谷ヒカリエはオープンしたときは大きなニュースになったけれど、オープンして2年たった今でもかなり混んでいた。メインのターゲットは20~40代の女性らしいので、店内は女性客とカップルばっかりだった。

 


こんな感じ。こういうところは、雑貨屋が面白い。プラプラ移動しているうちに、京都室町御菓子司「然花抄院」のカフェ(ここ)を5階に見つけた。



桜のソーダが美味しかった。夜は、18時半ごろ家を出て、新宿に行ってきた。いろいろとお話したいことがあったため、Hk大のYn先生と「やまと楽」(ここ)という和食のお店で待ち合わせて、19時半から飲んでみた。出張でお忙しい中、お時間を取って頂きありがとうございました。

コメント

研究室の配属判定、など。

2014年03月20日 | いろいろ

4/2の学科の会議で、大学院入試の筆答試験免除者を検討する必要がある。その検討用資料を作るためには、「誰が研究室に配属できて、誰が研究室に配属できなかったか」をまず判定する必要がある。学生生活委員の仕事については、新年度の行事(保護者会、新入生オリエンテーション・・・)は来年度の担当委員であるOk先生にもう引き継ぎをお願いしてしまっている。研究室配属可否の判定作業もOk先生にお願いしてたんだけど、自分の資料作りにも必要になってしまうので、Ok先生と相談して判定作業をこっちで早めにやってしまうことにした。

そんなわけで、研究室に配属できない3年生が今日確定したので、大学院入試の筆答試験免除者の判定資料を作り始めようと思う。学生生活委員が終わっても、次年度の担当が教育委員だと、やっぱり3月はなにかと忙しい。。。

コメント (4)

報道のその後

2014年03月19日 | いろいろ

プレスリリースされた研究成果は、日経産業新聞、日刊工業新聞、化学工業日報、科学新聞に掲載されることになった。最近10年間で自分の名前入りで新聞や雑誌に報道された研究成果は、これで20紙目になった。だいたい2年に1回のペースで新聞に載っているので、このペースが続くといいな、と思う。「論文に掲載されるのが研究者のメインの業績」ということはそりゃ当然なんだけど、個人的には新聞に掲載されるのはなんだかうれしい。あと今回の研究成果は、Yahooニュース、Gooニュース、Livedoorニュース、Biglobeニュースのニュースヘッドラインにも流れた。

コメント

沖縄料理

2014年03月18日 | いろいろ

Tkくんの研究成果が、いくつかの新聞に掲載されたり、問い合わせがいろいろあったり ・・・ そんな一日。夜、Tkくんが飲みに行きたそうだったので、沖縄料理のお店へ。



Ckくん・Tkくん・Azくんと自分の計4人で飲みに行ってみた。



沖縄料理はいつ食べてもうまい。0時半すぎに帰宅。

コメント

雨。

2014年03月13日 | いろいろ

午前11時に文部科学記者会と科学記者会に資料が配付されてプレスリリース。大学のホームページでも公開された。

午後。こんな仕事の進め方するなんて馬鹿なんじゃないの?と心底思えるような出来事があった。すごくむかつく。非常にむかつく。もうこんな非常識な会社とやり取りするのはやめよう・・・と決めたので、いくつかの書類を破り捨ててみた。すっきり。もう知らん。

夜。雨が降り始めた。19時ごろにはどしゃ降りになった。帰宅時は交通機関の乱れに注意、みたいなニュースが流れていたけれど、20時ごろには雨がやんだ。

コメント

後期入試の警備

2014年03月12日 | いろいろ

5時に起床。大学には7時に到着。

今日は後期入試の日。学生生活委員の自分の担当は、最寄り駅に一番近い門の警備だ。7:40~11:00、12:30~14:00、15:30~16:00、というシフトで警備した。今日は晴れていたから花粉が飛びまくっていた。

警備が終わったらそのまま帰宅。なんだかつかれた。

急に思い立ったことがあって、大学の広報室に連絡。

コメント

学科教員の歓送迎会

2014年03月10日 | いろいろ

午後。Sm先生の所に出向いて、1時間ぐらい教育委員の引き継ぎ作業。まぁ、教育委員特有の面倒な業務はいくつかあるけれど、4年間担当した学生生活委員よりも精神的・実務的ともに負担が軽いと思う。とりあえず、4月第1週目の学科会議に諮らなきゃいけない議題もあるし、保護者会や新入生オリエンテーションでのプレゼンの準備もあるから、3月下旬はちょっと忙しくなるかも。


18:30から都内某所で学科教員の歓送迎会 (Tw先生の歓迎会と、Os先生・Mt先生の送別会)。

 

1次会は18:30~21:30ごろまで。

 

挨拶したり、記念品が贈呈されたり。



美味しかったです。



1次会ではいつもまだつぶれない人。でも、



2次会ではいつもつぶれてしまう ・・・ おやすみ。

2次会(10人ぐらい参加)は21:30~23:30ごろまで。

3次会(3人だけが参加)は23:30~たぶん夜中の1時ごろまで。

コメント

プレスリリースの準備、など。

2014年03月07日 | いろいろ

午前。昨日の夜中に大学の広報室に送っておいたプレスリリース原稿について、いくつかの部署から事務的な問い合わせのメールやら電話があった。とりあえず、プレスリリースの原稿さえ作ってしまえば、こちらでやることはもうなさそう(・・・たぶん)。

夜。Langmuir誌への論文掲載が決まってひと区切りがついたので、18時ごろから慰労会がてらTkくんと二人でサシ飲みへ。



店員が漁に出て、朝どれの魚を提供していることが売りにしている海鮮料理のお店。

 


ノドグロがおいしかったなぁ・・・ 他にも珍しい魚がたくさん。ビールも日本酒も美味しかった。2次会は八丈島料理のお店へ。解散したのは23:20ごろ。

コメント

祝★Langmuirに掲載決定

2014年03月06日 | いろいろ

D2のTkくんと自分の連名で投稿していた論文(Tkくんの2報目)が、アメリカ化学会のLangmuir誌にアクセプトされた。

10月下旬に原稿を投稿して、最初の査読結果が届いたのが年末の12/29。結構ハードな要求が査読者2名から突きつけられてちょっと愕然としたけれど、正月返上の勢いで実験考察の追加にTkくんが取り組んでくれたおかげで1月下旬には修正版原稿が完成。その修正版原稿の査読結果が3/4に届いて、ちょっとだけさらに微修正してすぐに投稿して、3/6夜中にアクセプト通知が届いた。

よかったよかった。

この論文が提示した材料作製の新技術は面白いし、今後のうちの研究室の大きな財産になると思うなぁ・・・制御しなければいけない特性が多いし、解明できていない現象もあるし、動物実験まで持ち込まないといけないし、まだまだやらなきゃいけないことがてんこ盛りの研究だけど、そんな荒削りの研究だからこその今後の研究の展開が楽しみだ。

なにはともあれ、この論文が完成したのはTkくんの努力のたまものです。おつかれさまでした。

個人的には非常に面白い研究成果だと感じているので、大学の広報に連絡して、プレスリリースを申請しようと思う。

コメント (2)

「ブレスト飲み会」を開催してみた。

2014年03月02日 | いろいろ

ブレインストーミングってわかります?略してブレスト。ブレイン(脳)をストーム(嵐)する、つまり、頭の中を嵐のようにしましょう、みたいな意味の言葉で、ちょっと正確に書くと「数名で1つのテーマに対してお互いに意見を出し合って、たくさんのアイディアを生産して、問題の解決に創造的に結び付ける手法」だ。

その昔、自分をバイオマテリアルの世界に引き込んで頂いた最大の師とも言えるR研のMd先生に、お酒の席で、「脳内一人ブレインストーミング」の大切さを教わった。この話はMd先生はもうお忘れかもしれないけれど、かれこれ10年近く自分はこれを意識しながら研究を進めている。あと、R研時代は同期のNkさん(現NIMS主任研究員)と、Kアカデミー時代には同僚のYmくん(現Q大客員准教授)と、「研究に関係ないかもしれない論文ネタを紹介し合うブレインストーミングの会」をよく開催していた。あれはすごく良かった。

今年度のうちの研究室には、ドクターの学生さん(全員、内部からの進学生)が3名いる。現M2のAzくんも来月からドクターに進学することが決定しているし、うちで社会人ドクターを取ることをご検討下さっている人も数人いる。ドクター学生が多い、非常に恵まれた研究室環境にあると思う。ありがたいことです。

そこで、今後のうちの研究室の進み方や、まったく新しいテーマを考えたりする機会として、今日はプレスト飲み会を企画してみた。研究室を立ち上げた2006年ころから、ドクターの学生さんが増えたらいつかやってみたいと実は考えていたのだ。うちの研究室のドクター関係者たちがこの企画に乗り気になってくれたので、次の指示を出してみた。

---------------------------------------------------------
1. 参加者

自分
Ucくん(D3)
Ckくん(D2)
Tkくん(D2)
Azくん(M2。来月からドクターに進学)

以上5名。

2. 自分を含めて、飲み会の場に全員が持ってくる物

何かネタを探して、その資料を印刷して人数分持参する。印刷物は、論文、ネットの資料、会社のHP、新聞のコピー、雑誌のコピー、なんでもOK。1ページだろうが、数ページだろうが、なんでもOK。あえて例を挙げると、まず以下の(1)を準備してみて、余力で(2)があれば最高。

(1) 自分の研究内容に「ちょっと」使える「かも」しれないネタ

理想的には、「え?その内容ってお前の研究に全然関係なくね?」とみんなが思っても、実際に話していくうちに「あ、もしかしてちょっと参考になるかも・・・」みたいなネタが最高。なるべくなら、バイオマテリアルよりも、まったく異分野のネタがいい。

(2) 自分の研究分野にはまったく関係ないけど面白いネタ

自分の研究に使えなくてもOK。イメージとしては、日経サイエンスとか新聞とかに載っていそうな一般的なネタ。いっそのこと、文系ネタでもOK。心理学とか統計学とかでもOK。つまり、なんでもOK。

3. 当日の進め方

5人で集めたネタでブレストしながら、しっぽりと飲む。

4. お店

せっかくなので、いつの飲みに行かないような場所で、しかものんびり飲んで語れそうなお店。企画に合うのは、和食+日本酒?
---------------------------------------------------------

まぁ、最初の試みだからうまくいかないかもしれなけど、とりあえずやってみよう。そして、店選びは、最後の幹事役奉仕としてD3のUcくんにお願いしてみた。彼が選んできたのが、浅草のどじょう料理のお店である「駒形どぜう 浅草本店」(ここ)。いい感じのセレクション。店選び、ありがとう。
というわけで、日曜日の夜6時、うちの研究室のドクター関係者たちで浅草に集合してみた。



お店はここ。

 

どじょう鍋。どじょうを敷き詰めてから、ネギとゴボウをたっぷりとのせる。

 

どじょうは美味しい。

 

くじらの刺身(左)とナマズの鍋(右)。美味。

とりあえず、まずは浅草の美食を2時間ほど堪能してから、21時ごろに雷門へ。

 

その後、2次会へ移動して今日のメインイベントであるブレインストーミングを実施。



みんな、思い思いのネタの資料を持ち寄って、いろいろ話しまくってみた。


ちなみに自分が持参したネタは、去年の冬(webリリースは夏)にpublishされて以来ずっと気になっていた、「脳をスキャンして、見ている映像を可視化することに成功した」というニュース。この生体の知見をうまく材料の中に組み込めたら、未来の材料として面白いんじゃないかな~、とずっと考えていた。ちなみに元ネタは、「Neuroimage(ニューロイメージ。日本語だと神経画像?)」という分野外のジャーナルに掲載された、この論文。 

Schoenmakers et al.,
"Linear reconstruction of perceived images from human brain activity"
(人間の脳活動からの視覚画像の線形再建)
Neuroimage, 83, 951-961 (2013)



カラフルな図がたくさん載っているけど、アルゴリズムを駆使して「BRAINS(脳)」という文字を再現している。目で見た情報がこれだけ綺麗に可視化されるなんて、すごく驚くべきことだと思う。ちなみに、Tj大の社会人向け医学部コースに通っていた時の最終卒業論文のネタが「視覚」だった自分は、この手の視覚ネタにものすごく興味がわくし、いつか視覚に関係するような材料を作りたいと思っていたりする。そんな夢を語ってみた。

その後は、TkくんとCkくんと3人でラーメンを食べて、0:45ごろ帰宅。

今日みたいな企画飲み会から、10年後、20年後の未来の材料のことなんかも考えながら、うちの研究室の発展にもつながるといいなぁ。自分のテーマとは全然関係なさそうな研究ネタに興味を持って、そこからいろいろ考えるという機会は、時間のムダのようであってもすごく大切なムダなんじゃないかなと思う。今日のブレスト飲み会は、学生さんたちの教育的底上げ効果もあると思うので、面白い試みなんじゃないかと個人的には感じている。

コメント (2)