日々の逃避

ある大学教員のひとりごと。某大学の准教授みたいです。バイオマテリアルの研究をしている・・・かも。

忙しい。。。

2018年04月05日 | いろいろ

午後。高分子学会の会誌(の編集委員をしているNk先生)から、某特集の解説依頼。3~4ページぐらいらしい。締切の設定が近いけど快諾。どんな内容で書こうかな~、でも書いている時間あるのかな~ ・・・ と思いながら、その特集号の執筆者(全4人)のリストを見てみたら、Hk大のYn先生がいらっしゃるではないか!研究室立ち上げ1年目の2007年、知り合いの二人(Itさん・Tkさん)との飲み会にたまたまYn先生もいらっしゃって、そこで飲んで意気投合してから早10数年。同じ特集号で解説を書く機会があるなんてうれしいです。なんか共同研究やりたいなぁ。

・・・と、そんなのんきなことを言ってても忙しいことには変わりなく、今日も14時ごろに一人で大学を出て、電車とバスに乗って某研究室へ。それにしても、生き物相手の実験は難しい。。。また実験戦略を練り直せねば。でも、(自分の実験とは関係ないけど)そこの研究室にいた生まれたてのウズラはかわいかったなぁ。

自分の研究室に戻ってきてからも、いろいろな仕事を処理。

来週から講義が始まるなんて信じられないなぁ・・・学部の講義(3年生向けのバイオマテリアルの講義)は特に準備はいらないんだけど、大学院の講義の準備がまったくできていないという現実から逃避したい気分。

あっという間に一日が終わってしまった。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« う・・・ | トップ | 保護者会 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。