アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

大麻油は癌の特効薬!?大麻禁止は陰謀!?<2539>追記

2015-09-27 11:19:22 | 健康管理

大麻油は癌の特効薬!?大麻禁止は陰謀!?

◆ 私もサラダには、いつも亜麻仁オイルか、えごまオイルを使っています。皮膚に付けてもいいのかもしれない。と思って、胸のある部分が良く赤くなって、湿った状態が続くという湿疹ができるのが常です。皮膚科で、化学薬品の塗薬をもらってぬると、治るのですが、また繰り返す状態になり、困っています。昨日瓶に残っている亜麻仁オイルを数滴を指にとり塗ってから休みました。朝起きてからみてみると、湿った状態ではなく、カラットしていて、他の肌と同じ状態になりました。赤みは、少しだけ減ったようにも思えますが、あまり変わりはないです。でもこの触ってカラット状態は、凄いと思いました。今後もやってみます。

飲むということは、サラダオイルとして使うよりも、いいのかもしれないですね。サラダにいれると、水とオイルが残ってしまうから、それを飲めばいいですけど。勿体ないですね。

効能は色々とあるようです。それにどのぐらいを飲むのがいいのかということが、問題だと思います。とりあえずは、カレースプーンに1杯から飲んでみて、自分の身体の変化をみるのがいいと思います。

明日をもしれない緊急の場合は、もっと調べる必要があると思います。

亜麻仁オイルは一時ブームを起こして、スーパーからこの夏消えていましたけど、また最近は落ち着いてきました。酸化し安いオイルですよ。高価でもあります。一滴も無駄にしないで、顔や手足に塗るといいですね。

医療用のCBDは、日本では手に入りにくいと思いますし、食用のオイルと成分が違うのかもわかりません、まったく違うというよりも、少ない物があるぐらいだと私は思っています。

(追記)=============

 9月30日(3日後の朝)、胸に塗っていたオイルの効果が出てきました。赤みがとれてきました。

赤くなってただれをおこしていましたが、赤みがなくなってきて只今ピンク色です。毎晩寝る前に塗っています。いい兆候です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

http://matome.naver.jp/odai/2142003929041832901 より転載しました。

 

CBDの作用メカニズム(医療用大麻)

カナビダイオール(CBD)は大麻草に含まれるおよそ85種類のカナビノイドのうち、その薬理作用が最も高い成分です。CBDは、Δ9 テトラヒドロカナビノール(THC)やカナビノール(CBN)などの成分と違い、精神賦活性( phycoactive )がありません。近年、大麻草の成分カナビダイオール(CBD)に対する科学者と医療従事者の関心度は計り知れません...しかし、その治療効果が体内の分子レベルでどのように発揮するか?そのメカニズムに関して、今まさに研究中であり、その仕組みの全容は未だ解明仕切れていません。

出典asayake.jp

【医療大麻の効用】
抗がん作用、鎮痛作用、神経保護作用、抗炎症作用、抗菌作用、血糖値を下げる、吐き気を抑える、てんかんの発作を抑える、痙攣を抑える、抗鬱作用、リラックス作用、食欲増進、細胞の増殖を促すなど

多くの効能があり、子供からお年寄りまで医師の処方の元使用することができる。

カナビダイオール(CBD)は以下の様々な疾患に有効と各国の研究機関の臨床等により報告されています。

 

 



Picture
ざ瘡/ニキビ (Acne) 注意欠陥障害 (ADD) 注意欠陥多動性障害 (ADHD) 各種 中毒症 (Addiction) 後天性免疫不全症候群 (AIDS) 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) アルツハイマー型認知症 (Alzheimer) 
神経性無食欲症 抗生物質抵抗性 (Antibiotic Resistance) 不安障害 (Anxiety) 神経痛 (Arthritis)
喘息 (Asthma) 動脈硬化症(Atherosclerosis) 自閉症(Autism) 双極性障害(Bipolar)
癌(Cancer) 大腸炎(Colitis) クローン病(Crohn's Disease) 鬱病(Depression)
糖尿病 (Diabetes) 内分泌疾患 (Endocrine Disorder) てんかん (Epilepsy/Seizure) 
線維筋痛症 (Fibromyalgia) 緑内障(Glaucoma) 心臓病 (Heart Disease) ハンチントン病 (Huntington Disease)各種 炎症 (Inflammation)  過敏性腸症候群(irritable Bowel) 腎疾患(Kidney Disease) 白血病(Leukemia) 肝臓疾患(Liver Disease)内臓脂肪型肥満 メタボ (Metabolic Syndrome) 偏頭痛 (Migraine) 気分障害 (Mood Disorderes)動揺病 乗り物酔い (Motion Sickness) 多発性硬化症 (Multiple Sclerosis) 吐き気(Nausea) 神経変性疾患 (Neurodegeneration) 神経因性疼痛(Neuropathic Pain)肥満 (Obesity) 強迫性障害(OCD)骨粗しょう症 (Osteoporosis)パーキンソン病 (Parkinson's Disease)...etc

出典:Hempdrix

コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  in Nepal CCTV 未知の国か... | トップ | 川島なお美さんが闘病で頼っ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
drrogermicheal@outlook.com (jackson patrick)
2016-04-23 22:37:49
パトリック・ジャクソン私は脳腫瘍2015年10月と診断されたと15は、医療用医薬品を服用されているが、腫瘍が大きく成長しました。私は大麻油を発見し、
有効性を癒しと大麻油を使用することにしました
治療と大麻オイル博士ロジャー・マイケルが通って設立されました。
電子メール:drrogermicheal@outlook.comと命令冊子
治療を管理する方法について。この油を取った後、
90日間の治療は、私は完全に癒されましたし、私の腫瘍は消失しました。
私は、がん患者のために、この情報を共有していますし、すべてのあなたがしたいです
あなたは、大麻油リック・シンプソンは、がんや長期の寿命のすべてのタイプを治すことができることを知っています。それはまた、癌のような他の病気を治します。今あなたを取得
あなたが油を必要としている場合は博士ロジャー・マイケルにお問い合わせください。 Eメール:
drrogermicheal@outlook.com
I thank Dr. Walsh, I'm so h

健康管理」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事