アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

単なる誤訳?ロシア選手のインタビュー

2017-12-10 11:54:31 | 社会問題 日々雑感

https://jp.sputniknews.com/sport/201712094361565/

平昌五輪へのロシア選手団出場を認めない国際五輪委員会(IOC)の決定について、ロシア選手の発言の日本語訳の誤りが明らかになった。NHKが報じた。

スプートニク日本

7日、フィギュアスケートのグランプリファイナルで行われた記者会見で、ミハイル・コリヤダ選手(ロシア)がIOCの決定についてロシア語で言及した。

日本スケート連盟が雇った通訳はこれを、「ロシアの犯したことを考えれば当然の措置と考えている。私はそれに従って、ロシアを代表して出ることはもちろんない」などと日本語に訳した。

しかし翌日、連盟に外部からの指摘が入り、誤訳が明らかになった。正しくは「ロシア選手が出場できるのは正しい判断だったと思う。正直に言えば、ロシアチームが参加しないオリンピックは想像できない」と発言していた。

 

なお、ロシアフィギュアスケート連盟のサイトによると、コリヤダ選手はIOCの決定について「今は自分の仕事のことをより多く考えている。それらのニュースは全て気をそらし、混乱させるからだ。トレーナーが朝、ロシア代表が中立の旗の下で韓国に向かうと伝えた。これは正しい。アスリートは全人生をそれに向かって進んでいる。そして私が思うに、彼らが参加する機会を奪う必要はない」とコメントした。

国際スケート連盟は誤訳に対して謝罪と訂正の文書を出した。

~~~~~~~~~~

♬これは単なる誤訳ではなく、意図的にされた悪質なものだと思います。

このようなことは、その選手への嫌がらせにも通じますし、日本人がそのニュースを見て、ロシアの国がドーピングに関与していたと(♬証拠の提示がない)広めることになります。

なぜ、このような事が、あるのでしょう?

それほどまでに、この選手たちの点数を下げたいのでしょうか?

平昌冬季オリンピックの直前で、IOCの発表がありました。政治的な攻略の渦を私達は見ています。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年アセンション予報12月6... | トップ | 🔥ツインフレーム ランナーと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会問題 日々雑感」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事