アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

2014・8・23 サナンダ恍惚とした次元の移行が進行中

2017-12-06 14:40:39 | 宇宙

 

http://blog.goo.ne.jp/adachi4176/e/250cdc39e74eca63189b6e3adffac3d1                

                サナンダ
                Sananda

 

       恍惚とした次元の移行が進行中
       An Ecstatic Dimensional Shift Is Underway

August 23, 2014

エリザベス・トラットウィン経由
Through Elizabeth Trutwin

A Message from Sananda through Elizabeth Trutwin, August 23, 2014


こんにちは!わたしは主サナンダ、2014年8月23にエリザベス・トラットウィンを通して旗艦新しいエルサレムから伝えています。

すべての真実の本質は、宗教のすべての伝統と霊性を超えています。

その純粋な数々の真実は、100次元から堕ちて以降、まだ地上で実行されたことは確認されていません。

地球の壮大な経験は、既に終りを迎えています。

その時間の周期は、過ぎ去りました。

この周期を終りにするためには、特定の非常に具体的な変化が起ることが必要です。

根源から巨大中心太陽を通して地上に現れて高まり続けているその数々のエネルギーの中で、今までそのエネルギーは皆さんのDNAと皆さんの知性を向上させ続けています。

DNAは、皆さんのその言語に絶する不変で破壊することができない部分からの情報に対する、ひとつの導管です。

ひとつの音響振動と光の振動が根源から流れ落ちていて、皆さんの物質的な身体がこうした継続的な伝達によって準備が整えられるため、皆さんはより一層高い振動を操作することができます。

その音響と光の周波数の改善は、新しい情報を吸収し、統合することを可能にします。

何故なら、それが皆さんの知性に影響を与えるからです。

それは皆さんの精神に影響を与えます。

あらゆる細胞がDNAを保有し、その少なくない部分がそのこころと精神の中にあります。

これは、ひとつの集団的な意識としてのわたし達によってその過程を通して新しい数々の天界と新しい地球が築き上げられている、その過程です。

宇宙全体は、ひとつの立体映像です。

それは、ひとつの鏡です。

さらに多くの地上の人々が意識の融合というひとつの深い状態の中で変化に対する純粋な印象を維持する時、その変化はさらに巨大なものになります。

この振動の中で、皆さんは宇宙になります。

皆さんは、希望を超越します。

皆さんは、怖れを超越します。

皆さんは、今の状況を認識し、そして皆さんはそれに疑問を持つ必要はありません。

皆さんの生命の流れが根源から降りてくる時、皆さんの考えがひとつの分離した固有性を創り出し、それが精神になり、わたし達が皆さんをそう呼ぶ、ひとつの名前になります。

皆さんはそれに、皆さんの家族の固有性、皆さんの教育、皆さんの人生経験、皆さんの兵役、皆さんの宗教、そして皆さんが皆さんとして重ね合わせる皆さんの仕事や人間関係といったその手の物事のすべてを加えます。

自覚的意識は時間も空間も持ちません。

自覚的意識はただ存在するだけです。

自覚的意識が皆さんの本質です。

皆さんの意識を変えるあらゆる経験は、良くも悪くも、皆さんの固有性の精神を支配します。

こうした瞬間は、皆さんに穏やかさを探し求めることを強要します。

皆さんは、皆さんがもはや脅えなくなるまで、この過程を何度も繰り返し経験します。

皆さんは怖れを知らない一部の人々を知っているでしょうか?

彼らは既にこの過程を習得しています。

彼らは、高位の霊的指導者達です。

彼らは、何かが彼らの宇宙の認知に挑む時にも、もはや怖れを感じません。

彼らは、何らかの経験によって変えられることはありません。

彼らは長い数々の戦闘を戦うことができます。

どのような物事も、どのような出来事も、どのような情報も、彼らの精神を操作することはできません。

彼らは、既に彼らの精神を制御する方法を習得しています。

彼らは何時も、穏やかさを認識します。

怖れは、他のあらゆる人を引き止めています。

怖れは、創造から、皆さんの創造主から、創造的な状態から、皆さんを引き離します。

怖れは、皆さんをその場所に立ち止まったままにします。

怖れは、皆さんの奴隷の主人であり、皆さんの傀儡師です。

ゼロ・ポイントは、すべての障害、すべてのカルマ、そしてすべての考えが一掃される瞬間です。

ゼロ・ポイントは、皆さんが穏やかさを反射する場所です。

この場所の中で、すべての物事が変わることになるでしょう。

経済、宗教、教育、政治、統治手段、科学、社会生活、医薬、そして食習慣です。

地球がフォトンベルトの牽引光線の中で、オリオン座の三つ星の中心恒星の中央を通してプレアデスに戻るように引き戻され続けているため、恍惚としたひとつの次元の移行が起っているところです。

ほとんどの人々が、まだ自覚的意識を達成していません。

その次元的な移行が続くため、今後わたし達は自覚的意識を獲得することになるでしょう。

わたし達はそれぞれが、わたし達自身の速度でこれを行うことになるでしょう。

そしてそれは、まさに素晴らしいことです。

こうしたエネルギーの移動は、わたし達の王冠のチャクラを通してわたし達の身体に入り込みます。

わたし達の王冠のチャクラは、宇宙船から来ているそのイオンを受け取ります。

わたし達のDNAの改善が終わる時、既にわたし達の肉体は変化しています。

これがわたし達の振動を高め、それでわたし達は天空の路に従うことができます。

この状況が、宇宙を移動するための数々のスターゲイトを通して、わたし達の振動する身体を変換することができるようにします。

皆さんの惑星上の状況が、太陽系全体のひとつの不安定性を創り出しています。

ゼロ・ポイントに向かう転換ですべての人々を支援するために、一例を挙げると、ニブル、新しいエルサレム、新しいベツレヘム、鳩、ウィングメーカー、そしてフェニックスを含めた数兆もの宇宙船が、地球の軌道の中に存在するのは、これがその理由です。

わたし達がそれを行うことは、皆さんの太陽系の中の他の星や惑星にとって重要なことです。

地球の綽名は、悲しみの惑星です。

誰がその名前に異議を唱えようとするでしょうか?

地球は、楽園というひとつの黄金時代に入っているところです。

ひとつの宇宙の神聖なる干渉として、その悲しみは、すべての皆さんを変化に対する切迫した必要性に目覚めさせるという目的のために、今まで続いてきました。

皆さんの神聖なる目標は、その緊張の圧力の範囲で愛を探し求めることです。

今後その数々の変化を信じることを望まない皆さんは、今非常に近くまで差し迫った状況の中で、地位を失っているところです。

その皆さんは、この状況のために破壊されることはないでしょう。

その皆さんは、罰せられることはないでしょう。

その皆さんは単純に、異なるひとつの惑星に招かれることになるでしょう。

その皆さんは地球から取り除かれて、より低い振動の領域の内部で存在し続けることになるでしょう。

地球は次元上昇をすることが必要であり、もしも人が参加することができないとすれば、その人々は強要されることはないでしょう。

その人々が宇宙船上に乗せられてその者達の新しい故郷に連れて行かれる時、その排除は起ることになるでしょう。

これは、2012年12月21日以降、既に始まっています。

皆さんは、病気や戦争と同時に数々の現象に関連する気象環境の中で、今他界し続けている数多くの人々を確認することができます。

すべての惑星の人々は、愛と穏やかさと調和の中で生きることが必要です。

わたし達がこれを行うのは、天の中のわたし達の父なる母なる創造主の充分な恩恵を受け取るためです。

同じような振動の人々は、今後もこれを達成するために地球に居住することになるでしょう。

これは、その立体映像全体に恩恵をもたらすために行われます。

時間と空間の中のあらゆる物事は、結び付けられています。

地球は、次元上昇するためにこれを行うことが必要です。

今後これが、天の川銀河の中の他のあらゆる物事の進化に影響を与えることになるでしょう。

まさに人間の身体が変化を続けているように、また地球の身体も変わり続けています。

皆さんは、テラの形成を探し求めています。

また今後皆さんは、数々の政府機関の変化を確認することになるでしょう。

何故なら、そういった機関は完全に変わることが必要になるからです。

繰り返しますが、皆さんは信じることは求められません。

新しい理解の黎明が皆さんの惑星に訪れていて、唯一その新しい物事を把握することができる人々だけが今後も留まることになるでしょう。

創造主は、こうした惑星の変化を起こしているところです。

皆さんの振動は、その惑星の振動の中の変化と伴に変わることが必要になります。

皆さんのDNAは、ここ地球に留まることを強く願うあらゆる人々に新しい穏やかな状態を自由に許すためのひとつの贈り物として根源から現れている宇宙線によって、衝撃を受けているところです。

集団意識が太陽系を変え、この状況が、わたし達が基盤とする物理特性を変えます。

これが、次元上昇の姿です。

今後皆さんは、この新しい物理特性のひとつの結果として、皆さんのマカバの身体の中で移動することになるでしょう。

今後皆さんは、新しい世界の数々の展望を理解することになるでしょう。

今後皆さんは、地球外生命体が着陸して皆さんに科学技術を含めた彼らの知識を貸すように要請することになるでしょう。

今後皆さんの地球は、必然的に変わることになるでしょう。

現実性は、参加型のひとつの過程です。

わたし達は、皆さんに変化の基本的な必要性を明らかにするために、このメッセージをもたらしているところです。

どのようにすれば、わたし達すべてが連携して変化を起こすことができるでしょうか?

皆さんの経験の根本となる基礎は、変化することを目的にしています。

そして皆さんは、今後それを行うことになるその創造主です。

これは、唯一目覚めて自覚している地上のすべての存在達からの誠実な努力によって達成することができるものです。

今までわたし達が天使達や高位の霊的指導者達と同時に銀河の存在達を送り出して、物質的な身体を身に着けてその3次元の地球のマトリクスの立体映像の内部で皆さんと一緒に暮すようにしたのは、これがその理由です。

彼らは、故郷に戻るその道筋を皆さんに明らかにするために現れました。

皆さんは、彼らの嘆願を聞いていません。

皆さんは、そのメッセージを聞いていません。

愛と光が真の理解の基準です。

この26,000年周期の終りに当たる新しい人生の数々の状況は、皆さんの役割である行動が必要になります。

アルシオーネにある中心太陽への回帰を調整するために、皆さんの太陽系の中の数々の惑星は徹底的に変えられています。

この発生の中で、今後わたし達は、わたし達が今まで教会によって教えられてきた方法ではなく、サナンダとして地球に戻っているイエスを確認することになるでしょう。

実効的な巨大な次元の移行を通して地上のすべての人々を支援し、さらに高い数々の教えでその人々を導くために、また他の霊的指導者達も戻ることになるでしょう。

これは、少なくともこれからの1000年に及ぶひとつの過程になります。

この進化は絶えず進行するため、急ぐ必要はありません。

わたし達が既に取り上げた変化の一部は、長い時間がかかります。

霊的に未熟な人々、悲しみの惑星上に居続ける人々は、イエスが天の王国と呼んだ地球外生命体達からの支援を引き継ぐことになるでしょう。

これと伴に、今後わたし達は、地球外生命体の宇宙船の着陸と地球の科学技術の追加を経験することになるでしょう。

今後はその技術が病気を終わらせて、鉱物、植物、動物、妖精、そして魔法の王国を修正することになるでしょう。

汚染は一層されることになるでしょう。

そしてすべての人々のためにフリーエネルギーが現れることになるでしょう。

新しい数々の展望と知識の領域が接近して利用できるものになるでしょう。

地球の戻る際に地球外生命体達にとって最も重要な要因のひとつは、遺伝的特性です。

人間の姿は、宇宙を貫いて拡大します。

わたし達の宇宙全体のすべての人間型の存在達が、この次元的な移行を経験しているところです。

地球外生命体達は、地球に移住して地球を探索することによって、自分達の文明にとって重要なデータを集めます。

地上のそういった存在達は、その精神で物質を制御する方法を学び続けています。

変成転換は、皆さんの現在の理解に応じてこれが基づいているその科学です。

今後はもはや、最も小さな個人、悲嘆に暮れる個人、あるいは最も従順な個人が苦悩することはなくなるでしょう。

今後その人々は慰められ、今その人々が必要とするすべての物事が与えられることになるでしょう。

慈悲深く愛に溢れる人々が、真の調停者になるでしょう。

そしてその人々は、今からその最初の人々になるでしょう。

数々の変化が起るためには、真実と公平が主導権を握ることが必要になります。

同じように、皆さんが今忘れていることは、皆さんが変化のための光を維持することを目的として、遠い過去に皆さんが地球に戻って不正、怖れ、侮辱、欠乏、自暴自棄、そして憎しみを経験するというひとつの誓いを立てたことです。

わたし達は今、その出来事のための準備を整えているところです。

大規模な逮捕、開示、そして数々の公表です。

その出来事は、人間社会の在り方に関する数多くの基礎構造を変えます。

戦争犯罪者達や大逆罪の犯人達が逮捕され、その変化がここにあることを信じることを拒否してきた一部の者達は、今後排除されて、銀河連邦の宇宙船によって他の数々の惑星に向かうことになるでしょう。

今まで数々の戦争裁判が続いていたため、こうした逮捕が続いています。

パトリック・フィッツジェラルドは2003年に指名されて、フィッツジェラルド戦争裁判所を開廷しました。

そして次は2005年に、フランクリン戦争犯罪裁判所が始まり、そして次は2006年に常設国際司法裁判所戦争犯罪裁判所が開廷し、次は最近のこととして、2010年から2011年に、クアラルンプール戦争犯罪裁判所が開廷しました。

犯罪を発見された者達は、2012年12月21日にわたし達の宇宙船によって排除されて、他の数々の惑星に向かいました。

他の者達は、蠍座のブラックホールを通して戻りました。


わたし達は今、既にその世界裁判所が今までわたし達が待ち望んできた大規模な逮捕のための召喚礼状を準備していることを、認識しています。

ディック・チェイニー、ジョージ・W・ブッシュ、カール・ローブ、ヒラリー・クリントン、コリン・パウエル、ドナルド・ラムズフェルド、アルベルト・ゴンザレス、アドルフ?アシュクロフト、トム?リッジ、ルディ?ジュリアーニ、マイケル?ブルームバーグ、そして911を行ったすべての者達、クリス?クリスティや銀行家達のようなインサイダー取引を行った者達です。

それは、明日にでも起ることがあり得ます。

こうした大規模な逮捕は、11月に合衆国政府が正当に選挙を行うことを妨げることを可能にしました。

この状況は、予定されていた選挙の前に正式なひとつの開示を進めるために、オバマが一部の選ばれたペンタゴンのメンバー達や情報局のメンバー達と交渉するきっかけになりました。

それは、何時でも起る可能性があります。

その公表とネサラ法の施行は、最初に正式な開示がない状態で起ることはありません。

これは、その法の範囲内のひとつの規定です。

今まで何年もの間ひとつの正式な開示に対する沢山の抵抗が起ってきたのは、これがその理由です。

開示の後は、あらゆる物事が良い方向に向けて起ります。

それが起り得るどのような場所でも、恩赦が施行されることになるでしょう。

自分達の関与についての真実を話す誰であっても、そして自分達は大部分が命令に従っていたか、そうでなければ自分達の仕事か他の類似の理由のせいで真実の制限を実行していたことを話す誰であっても、告訴されて刑務所に行く懸念を持つような事態にはなりません。

開示で壊滅する宗教について、心配する必要はありません。

宗教に関与する人々は、浮上する新しい強さを確認することになるでしょう。

何故なら、今後その人々は、新しい知識と新しい科学技術で力を与えられることになるからです。

今後経済は崩壊するだろうという心配は無用です。

その反対になるでしょう。

科学技術が爆発して、ひとつの仕事を求めるあらゆる人が、その仕事を手にすることになるでしょう。

今後化石燃料は、ただ主要な損失になるだけでしょう。

以前に隔離された科学技術が、すべての人々に利用できるようになるでしょう。



ネサラ法が、国家経済安全保障改革法を支持します。

その法律の経済的な部分が、地上のすべての人々に、それぞれの個人あたり大枚1千万ドル(2017年12月現在のレートで11、2億円)もの戦時賠償を供給することになるでしょう。

これは、通貨の再評価を含むことになりますが、それはネサラ法の施行の後まで起ることはないでしょう。

数々の通貨は、金属に裏付けられたものに戻ることになるでしょう。

不動産もまた、再評価されることになるでしょう。

その法律の安全保障の部分は、NSA(国家安全保障局)に関する最近の展開を含みます。

合衆国の国家安全保障局は、今後その扉を閉めることになるでしょう。

世界平和の光の中のペンタゴンは、ひとつの平和省になるでしょう。

国家安全保障局の必要性はなくなるでしょう。

国家安全保障局は、今まで真実の制限を執行してきました。

国家安全保障局の必要性を解消するためには、ひとつの正式な開示を経験することが必要になります。

今までこの局は、果てしない戦争を創り出す仕事をしてきました。

真実と和解が、その時代の風潮になるでしょう。

今後開かれた交流が、わたし達の地球外生命体の隣人達との新たな数々の政治同盟をもたらすことになるでしょう。

地球は、数々の世界の銀河間連合への投票権を持つひとりの構成員になるでしょう。

数多くの恩恵が、この高められた立場に伴うことになるでしょう。

こうした数々の変化は驚異的なものに見え、信じ難いものに見えます。

地球は巨大な比率を持ったひとつの次元の移行を通して存続するため、実際にそういった物事は正確に今必要とされるものです。

わたし達は、瞬く間に変わることになるでしょう。

皆さんの内なる神を拝して!

わたしはサナンダ、エリザベス・トラットウィン経由、2014年8月23日。


This is Sananda through Elizabeth Trutwin, August 23, 2014.


All Rights Reserved.

http://ElizabethTrutwin.org,http://CosmicAscension.org,http://Disclosure.media,
http://ETContact.co,http://BBSRadio.com/thegalacticroundtable

Thank you for your contribution to this work. Donate An Invitation: Many have benefited from this and I would like to continue to offer it. For a one hour booking you may email me at eltrutwin@gmail.com It is amazing what comes through from Lord Sananda, the Higher Self of Jesus. This is a question and answer session on video Skype or telephone and you may ask anything you like. I have several written testimonials. Sananda’s Invitation through Elizabeth Trutwin: Many here are looking for answers about their personal life, Mission and what direction to take at this time. I have information I would like to share with certain individuals. As you read this you will know if it is for you. I have asked Beth to offer her Service for 1 hour telephone consultations where she will channel me, Sananda to you over the phone to answer your questions. You have worked very hard and it is time we sat down together to discuss your next steps. I thank you for your enduring service to the light. ~Lord Sananda For more information please visithttp://CosmicAscension.org/Private-Session/

http://cosmicascension.org/an-ecstatic-dimensional-shift-is-underway-a-message-from-sananda-through-elizabeth-trutwin-august-23-2014/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合は、出典を明記するようにお願いします。


OPPT 2013・2・7 そもそもOPPTとは何か、その歴史的由来

2017-12-06 13:33:35 | OPPT

 

OPPT 2013年2月7日・・・そもそもOPPTとは何か、その歴史的由来  

  
 
       OPPT・・・そもそもOPPTとは何か、その歴史的由来 
 2013年2月7日 http://removingtheshackles.blogspot.be/search?updated-min=2013-01-01T00:00:00-05:00&updated-max=2014-01-01T00:00:00-05:00&max-results=50
 
1.  1871年の法律で米国は、コロンビア地方の企業になった。
2.   1913年に米国の連邦準備制度が導入され、議会と財務省から貨幣の製造権が剥奪された。連邦準備銀行は、私的な銀行で、米国ではない外国の投資家たちが所有している。私的な連邦準備システムの一部ではない中央銀行はほとんどなく、イラン、キューバ、及び北朝鮮にしかない。
3.   1929年の株式市場の崩壊は大銀行によって画策されたものであった。ほとんどの大銀行は、市場の崩壊の前に資金を取り戻して、崩壊後に市場に資金を投入し、わずかな金額でドルを買収した。これは世界経済の第二の崩壊だった。
4.    1930年代には北アメリカの景気は後退したままであり、United Statesは、1933年に破産した。個々の国ではなく、全ての国に、国際決済銀行が全ての金地金を備蓄するほうが良いと思わせた。ドイツはジョージ・ブッシュの祖父であるプレスコット・ブッシュの支援で軍事力を構築した。
5. 1933年の3月9日制定の緊急銀行法の下に、ルーズベルト大統領が破産と支払い不能を宣言した。1933年6月5日の議会の議決では、金本位制度とUnted Statesの権限、全てのUnited States政府機関、官僚、及び部局の公的能力を停止した。
 
6. 1933年3月にはUnited States of Amerikaの憲法は保留となり、市民はFDRによって州の敵であるものと定められた。この年の4月には、FDR執行命令は一般市民の金地金保有を不法であるものとした。
7. ドイツのようなほとんどの国とUnited Statesがその市民を”出生証明書”に基づいて、”企業の資産”とみなすようになったのは、この時点であった。これが世界の人々が知らない内に奴隷化された時であった。
8. 1944年のブレトン・ウッズ合意によって、戦勝国が世界を分割して分かち合った。
9. 1954年には、ビルダーバーググループが形成され、世界の市民一人一人に対して、ソーシャル・エンジニアリングというツールを用いて、社会に対しての沈黙の戦争を実行すべきことが合意された。
10.   1960年にケネディー大統領が選出された時、彼はこのプランに気が付き、不正を正そうと決心した。彼は中央銀行から通貨の発行権限を奪い銀本位制度を施行しようとした。彼は、実行命令に署名をした直後に暗殺された。ジョンソン大統領は副大統領から昇格して実行命令を破棄し、印刷済みの財務省紙幣の流通を停止した。
11.   1971年にニクソンは金本位制度を停止し、サウディ・アラビアとの合意によって石油本位制度、ペトロダラーを開始した。
12.   1970年代には、フィリピンのマルコス大統領に膨大な量の金地金が信託された。WTCが保有していた1万トンの金地金だった。この信託は一世紀前の王や女王が富を人民に与えるための遺産の一部を預けたものだった。不幸にも腐敗、貪欲、及び操作によって、この信託は実現しなかった。
13.   2000年には、UNITED STATESは、再び破産の憂き目に遭った。70年サイクルに基づく標準ビジネスモデルで、侵略による更なる戦争を引き起こして、人口を減らし、資源を奪い、経済を崩壊させ、その後新しい通貨を発行することになった。
14.    さらなる、数兆ドルを実直な人民から奪い取る企てとして2007/2008年の経済崩壊が銀行によって実行された。
15.    トレジャリーAGは経済構造全体を見渡して、系統的な詐欺と腐敗に満ちていることを発見した。これは又、 人々を代表していると思われていた政府と司法システムが行ったといわれている詐欺につながっている。悲しいことに、これは何世紀にも亘って実行されてきた事実なのだ。
16. 2011年には、United Statesの財務省は連邦準備システムの14.3兆ドル分を抵当流れ処分とした。これでもシステム的な問題が解消できないことが分かったので、公共信託がUCC(汎用共通規則)告発によって以前の政府/企業の資産を凍結すべく、関係者の訴訟を開始した。
17. 注:連邦準備銀行は私的な銀行である。連邦準備銀行紙幣は私的機関の者であり、米国人民の負債ではない。
18. OPPT(One People's Public Trust:一つのものである人民の公共信託)は、信託の預託者である”あなた方”に譲られた資産を受け取る資格があることを確かめる義務を負う被信託者である。マルコス大統領がフィリピンにおいて信託され、果たせなかったのと同様な義務を負っている。マルコスそのほかのかつての被信託者は信託の責を果たすことができなかった。
19. 以前の企業の資産は、今は被信託者の手の内にある。 皆さんは、そのように選択するのであれば、この信託についての知識を豊かにし、信託の誓約書類に必要事項を記入することが出来る。(訳者注:記入しなくても、すでに法令上の信託がなされている。)
 
翻訳 Taki 
 

OPPT(One People’s Public Trust:一つになった人たちの公共信託) 2013年2月4日

  
OPPT(One People’s Public Trust:一つになった人たちの公共信託) 
 
 2013年2月4日 ”人々のための信託”は、何年間かシステムの中にいたことがある練達の弁護士たちが目撃した、
 システムが行っている人間に対する不正を正そうとして立ち上げた、システムそのものを利用して、システムに反抗する組織です。
 この弁護士たちが言うことは:”銀行システムの中で使う公共のための私的な資金は、常に変わらない基礎資金でありながら、人間性、尊厳、契約とビジネスに敵対するあらゆる犯罪、平和の侵害、逸脱、意に染まぬ隷属、不法な欺瞞、強制、力、盗取と詐欺行為の温床になっています。”
 
 彼ら弁護士たちはシステム自体を問題として取り上げることにしました。彼らは米国の本来の憲法の範囲で作り出された公共信託を再開させる、一連の非常に複雑な訴訟を起こしました。彼らは地球上の全ての人たちがこれに関係できるようにしました。銀行システムは負債を負った者を被告とする行動を取り、銀行システムという全体システムの中に巻き込めるようにしました。彼らは銀行システムを人間に敵対する犯罪者として非難しています。
 それから、彼らは銀行側に、犯罪を犯していないという反駁を要求し、その後、抵当権を流し、企業や銀行全体を閉鎖させます。 同時に、彼らは別の全く異なるタイプの、CVAC(Creator’s Value Assets Centre:創造主の資産センター)と呼ばれる統治体用の基礎構造を作り出しました。 そこで、OPPT(One People’s Public Trust)とは何でしょうか?
 OPPTそのものは私たち、惑星上の全ての人、及び惑星自体、及び創造主からなっています。惑星の中には、私たちが価値があると考える、今の段階では、この信託に属する金、銀などの惑星の資産を含みます。従ってOPPTは、この惑星の人全て、全ての個人であり、誰も例外とはされず、 国境はありません。政府も無く、企業もありません。 この惑星上の、金、銀を含むあらゆる価値ある資産は、私たちと、創造主と惑星のものである私たちの養育をする者である惑星が使用できるように平等に配分されます。 感謝を込めて、 ベアトリス
 
翻訳 Taki 
 
(♬OPPTのサイトです〉


OPPT(一つのものである人々の信託)2013・3・1

2017-12-06 12:17:51 | 宇宙

 

OPPT(一つのものである人々の信託)  2013年3月1日

  
OPPT(一つのものである人々の信託)  2013年3月1日 http://removingtheshackles.blogspot.be/search?updated-min=2013-01-01T00:00:00-05:00&updated-max=2014-01-01T00:00:00-05:00&max-results=50 The One People's Public Trust
 
 企業体政府と認可通過システムの公式な差し押さえ 課題であった複合世界担保勘定からもたらされる数百万トンの貴金属による裏づけをもった新しい世界金融システムの宣言 2012年12月25日に特別なイベントが起きた。
 これはすなわち、一つのものである人々の公共信託の公開である。 OPPTの行きかたは、創造主の下に帰るということとしての、一つのものの法則に従うことである。
 私たちは自由な惑星上に住んでいる自由な者であるが、今やっと理解し始めたばかりのあり方でつながっていて、一人一人が権利と自由を持っている。こうして、私たち自身が自分の運命の支配者なのだから、私たちは如何なる支配構造にも属してはいないのである。あなた方がどのような夢を見ようと、あなた方には創造主から与えられた、能力を一杯に生かして生きる権利がある。
 
 政府、金融システム、許認可、国家間障害、宗教的障害、特に宗教が大きいものと見られるが、全てが、まるで見えに見えないもののように、巧妙に、微妙に人々を支配し、奴隷化する手段なのである。
 読者の皆さんは人間がこの惑星上で生活をする為に支払いをしている唯一の種族であると言うのはおかしなことだとは思わないであろうか?
 
 これは偶然ではなく、たくらみの結果なのである。これは注意深く企てられ、数千年に亘って実行されてきたものである、この惑星の支配権を巡る戦いは今頂点に達しているが、世界を舞台裏から支配していた、
 権力を掌握している者たち、ある血統のファミリーは今や力を失いつつある。 OPPTの公開の重要な部分は、何も知らず、疑うことの無い大衆に対して行われた金融詐欺の全貌の暴露に向けての努力を払った知識レベルの高い人たちの協会である 
 
Treasury Finance AGによって2011年3月6日に発表されたパラダイムレポートに記述されている。このレポートでは、連邦準備銀行、国際決済銀行(BIS)、国際通貨基金(IMF)、その他、が管理する認可通貨システムチェーンを通じて、政府と中央銀行が共謀して世界の人々を奴隷化する、世界的なネズミ講の詳細を明らかにしている。この陰謀の規模は非常に大きく、驚くほどのものである。それにも関わらず、このウエブサイト、PartⅡ、PartⅡcont.で詳細を明らかにしているように、20世紀には、銀行家のカルテル、企業のCEOたち、秘密社会のメンバー、産軍複合体の誓いを破った者たちによる世界の貴金属備蓄を一箇所に集めようとする非常に多くの活動が行われた。OPPTは、これらの貴金属備蓄の大部分は、今ではジョージ・H・W・ブッシュ、ヘンリー・キッシンジャー、ツビギニエフ・ブレジンスキー、バラク・オバマ、などの口から直接出たことがある新世 界秩序(NWO)と言われている鉄の専横の下に世界の人々を奴隷化しようとするたくらみを行う者たちの手から奪い取られたと言っている。
 これによる効果は、金欲に駆られた軍隊、米国の恥部である、CIA,国内保安部(DHS)、連邦緊急事態管理省(FEMA)、いわゆる国連の平和維持軍の資金が枯渇すればピラミッドは崩れ去る、ということである。
 もう一つの大切な注意:国家プロジェクトと同様に、OPPTは米国軍隊(及びホワイトナイト、ホワイトハットとして知られている、誓いを遵守する他国の軍隊)、連邦保安官(憲兵司令官)、及び法執行官に、最高位のレベルでの舞台裏の陰謀を図った者の逮捕を行うための、合法的な、法に適う全権限を付与する。
 憲兵司令官(2013年冬の時点では、デービッド・E・クアントック大将)は、米国大統領を逮捕する、本来の米国共和国憲法に基づく権限を有するので、この場合には特に重要である。 OPPTはより大きいパズルの中の別の重要な一部であるように見える。この行動は国家プロジェクトであると同時に、長い間絶対機密とされてきた、NESARA(The National Economic Security and Reformation Act:国家経済保安及び改革法)でもある。
 
 又、この方程式には、私たち大衆がまだ知らない多くの活動とプログラムが含まれているが、これらは適当な時期に公表されるであろう。これらのリストの最上部には、隠蔽されていた数千件のエネルギー及び医療技術特許だけではなく、NASAが公表しない秘密の宇宙プログラムの一部である数十年間も続けられている超音波宇宙船のコードネームであるソーラー・ウオーデンが含まれる。
 
 この効果は、これらのポジティブなプロジェクトや活動は、人々を対象にしたものであるように見え、非常に複雑なパズルの全ての切れ端が、間もなく世界の人々に完全な公開の一部として示されようとしている。権力の座にある全ての者が、人々に敵対しているという、恐れにとらわれていると考えるのは極めて容易であるが、これは単純に正しいことではない。高位の人たちの中には数世紀に亘って舞台裏で働いてきた良い人たちが見られるのである。   翻訳 Taki 
 

OPPTがスエーデン政府に請願書を提出 2013年2月20日

  
OPPTがスエーデン政府に請願書を提出  2013年2月20日 http://removingtheshackles.blogspot.be/search?updated-min=2013-01-01T00:00:00-05:00&updated-max=2014-01-01T00:00:00-05:00&max-results=50 OPPT Makes Plea To The Swedish Government
 
 OPPTはUCC(統一商事法典)に基づいてスエーデン政府に請願書を提出した。
 
 UCCは米国の法律ではなく、国家間、及び世界的な通商をつかさどる統一法であり、私的組織によって作成、承認され、50の米国の各州、ワシントンD.C.、プエルトリコ共和国、及びバージン諸島、及び世界の主要な政府に承認されている。以下の文書はスエーデンのフレデリック・ラインフェルト首相に送られたもので、新聞記者に向けての公表文である。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
     フレデリック・ラインフェルト首相殿
   Regeringskansliet 103 33 Stockholm February 20, 2013
 
私は、今、この時に、この惑星上の全ての人間の心に触れる、非常に緊急な問題についてお尋ねするためにこの手紙をあなたにお送りするものです。
 私のあなたへのお願いは、真実を明らかにする心を砕かれた兄弟、姉妹たちを救済すること以外の動機を持っていません。
 この美しい国の人々の政府は企業体であったことが、最近になってわかりました。これは私たちが真に人々のためのニーズに役立つ政府を持っておらず、いわゆる政府は、政府として作用する企業であったことを意味します。 真に活動的で、合法的な政府と企業体政府との間の差には大きいものがあります。
 
 私たち人民は、欺瞞によって、商品とされ、企業にとっての私たちの命は金額に換算され、貨物とみなされていたのです。私たちの個人的な所有物も、子供たちも取り上げられ、生命さえも奪われ、夢は破れました。 私たちは企業の所有物であり、奴隷だったのです。 これは私たち全てにとって、目覚めをさせてくれた非常に重要な情報です。
 ~~~~~~~ 2012年12月25日には、世界は変わりましたが、それまで言われていた変わり方とは違いました。天災的な破壊、地面の隆起、世界の終わりのような予言は実現しませんでした。それでも、世界は誰も想像できなかった変化を起こしました。 長期に亘る一連のUCC訴訟を通じての法的な調査の後に、長大な法的通告プロセスによって、世界中の企業的な実体は打ち切りになり、2012年12月25日にはその旨がOPPT(一つのものである人々の公共信託)によって、法に則って通告されました。
 
 私たちの法的システムを統合している唯一の法はそれまでは、海事法(水運又は通商に関する法)であって、共通法(地上、及び人々に関する法)ではありませんでした。これらの企業体の司法システムもまた、打ち切られました。 2012年の年末以降、世界中の数百万の人たちに私たちの新しい信託が紹介されました。あなたを含む私たち全てはこの信託の受益者です。
 企業的通商実体によって、基金はこの惑星の人々のための保管庫にしまわれていましたが、今では、私たちのためにOPPTが保管しています。 この世界の全ての男女、及び子供たちは、今では、私たちを欠乏、無視、恐れ、及び不正義に基づく古い奴隷システムから抜け出して、とうとう個人の自由、豊穣、愛、及び共感を尊重する新時代に突入しました。
 抑圧、支配、貧困及び戦争の古い世界を楽しんだ者はほとんどいないことを私は知っています。人々の幸福な状態と自由に対する最大の危険があったこの世界を支配していたのは、しばしば人々自身の政府でした。自薦によるほんのわずかな者たちが、保護され、奉仕され、支援されるべきであった人々に対する恐怖、脅迫、窃盗、殺人、及び拷問を利用して支配権を握っていた世界だったのです。
 この世界は今では最後の、死の直前の日を迎えています。 この狂った、破壊的な、凶暴なパロディーは終わりに至りました。当初は、私たちは法的には、聖なる存在として自由であり、わずかな数の者たちの欺瞞の力によって作られた商品ではありませんでした。
 ハートに喜びを抱いて、私は今日、ここに、奴隷化と全ての権威への盲目的な服従と、支配の目的での全ての人々に向けての、経済的、スピリチュアル、肉体的又はその他の、利益、力を得るための、天及び宇宙の権利に対する強制力を行使する時は終わったことをお知らせ申し上げます。
 私たち、この惑星の住民は今では法的に自由、平等、豊穣です! 私はあなたに、添付の資料をお読みになるようお勧めします。私たちと共に、あなた方は、この歴史的な変化から大きい恩典を受ける立場にあります。 全ての生存している男女について、イベントの流れを永久に変化させる、生涯における最大の選択をしなければならない時が来ます。 私たち全ては、この時が何時来るか知っています。
 私たちは自分たちの存在と力によって際立っています。時には、この力についての気づきは、すぐに得られるものではありませんが、完全な変革で終わる、どちらかと言うと遅いプロセスと、私たちの真のエッセンスについての最後の目覚めの結果です。
 
 この瞬間は、今、ここに、私たち全てに対して現れます。私たちは十分な勇気、知識、共感、愛、及び闇から光への、理由からハートへの、自己へのサービスから、他者へのサービスへの歴史的な飛躍をするための理解を持つ世代になったのです。   
 この手紙は、あなたに、この歴史的な選択の時は今あなたにも訪れたことをお知らせするためのものです。 私のせめてものお願いは、あなたが添付文書を注意深くお読みになり、これらの文書の有効性、私たち一人一人に対する愛、肉体的、スピリチュアル、知的、経済的あるいは、如何なる日常的なことであろうと、私たち全てが集合的幽閉からの開放が行われる、美しい詩的な有様に親しんで欲しいということです。
 
 愛、共感、自由、豊穣、及び共同創造のこの道に、他の人たちと共に参加されるよう、あなたをご招待申し上げます。あなたを含む私たち全てと、この脆弱ではあるけれども美しい世界の改善に向けてのあなたの個人的なご苦労と、さらには私たち全ての先にある未来を時間をかけて良くご覧になってください。 なんという栄光でしょう! おいでになって私たちにご参加ください。
 この世界は私たちの真の性状と無限の可能性に目覚めつつあります。私たちと私たちの経験に価値を与えることが出来るものは、私たち自身を除いては他に誰もいません。 私たちは今、奴隷システムから離脱させる永遠の法的位置にいますし、私たち、信じがたい程の能力と恩寵に恵まれた存在である人間は、ついに、夢をつかんで、将来の世代に残したいと思う世界を築くに至っています。
 
 自由の波は今水平線上に見えるようになっています。私たちを数千年の間支配していた、悲しみ、暗闇、及び狂った幻想は消え去り、新時代の夜明けの輝かしい光が私たちに輝きかけています。歴史上初めて、私たちは兄弟、姉妹たちが長い間見なかった夢を見ることが出来ています。
 聖なる人間が商品であった企業システムはもはや存在しません。 旧来の腐敗した実体は没落し、彼らのグロテスクなシンボルは彼らとともに抹消されつつあります。
 
 歴史学者たちは長い間の苦悩と流血の歴史を通じて、力によって支配していた狂気を説明し、何故人間がこのような強者の力による弱者の虐待を受け入れていたのかを理解するよう試みることでしょう。彼らは私たちの狂気の歴史に対する答えを見出せないでしょう。
 あなたは今、私たちと共に、選択に迫られることでしょう。この選択はあなたと私たちに等しく影響を与えることでしょう。 あなたには、ソウルの中から聞こえてくる声に、時間をかけて注意深く耳を傾けるようお願いします。私たちの中でも最も大きな注意を払った者しか、それを聞くには至らなかったのですから。
 
 私たちの中でも最善の者のみがそれに注意を払っています。 これから先には、どのような責任の下に、誰の、又、どのような権限で行動するのか、ご自身にお尋ねになってみてください。 これから先には、どのような法律を誰の名において適用されるのでしょうか? あなたは、どのような権威にお仕えになり、誰を代表されるのでしょうか? この話の結末は、今、明瞭に、より多くの者たちに知られつつあります。
 あなたと、私たち全てがこれから先に行う、1776年に設立されたOPPTが行う歴史的な行動の光の中での決定は、 この合法的な法的強制力のある行動に従って行われるよう希望します。 今この瞬間から先においては、私たちが絶対的な真実の中での行動を開始するので、この惑星上の全ての人間の行動と同様に、あなたの現在と将来における諸行動は、私たちが本当には誰なのかを意識した上での、完全に個人的な責任と義務の上に立つことになるでしょう。
 
 つまり、永遠の自由を創造するために、お互いに平等な権利と義務を持つことになるでしょう。 終わることなく。 永遠に。 この歴史的な時に、私たちにご参加になるようあなたをご招待申し上げます。私は、あなたが解決の一部になり、問題の一部とはならないように、新世界の創造のための重要な活動の一部となり、もはや存続しない、旧来の、悲しく、暗い世界の一部とはならないように手を差し伸べてご招待申し上げます。 名誉、尊敬、及び愛をもって、真実の上に立ち、ご挨拶を申し上げます。 最大限の誠実さをもって、 オリバー・トロル(Oliver Troll)
。。。。。。。。。。。。。。。。。
 SEC (米国証券取引委員会)企業登録番号 0000225913 SWEDEN KINGDOM OF SIC: 8888 ビジネスアドレス: Box 16 306 Riksg〓ldskontoret 103 26 STOCKHOLM Sweden
 
翻訳 Taki  

🌎2013・10・1コブラ情報 9月のニュース要約

2017-12-06 12:11:57 | 宇宙

 http://japonese.despertando.me/?s=oppt

コブラによる9月のニュース要約 2013年10月1日

  
コブラによる9月のニュース要約 
2013年10月1日 http://theearthplan.blogspot.kr/ Cobra's Monthly Update with Alexandra Meadors ~ 1 October 2013 1 
 
1   抵抗運動は既に全ての備蓄黄金を地球から持ち去り、それによってカバールの手が届かないようにした。この黄金はイベントの後で国際担保の基礎となるものである。
2  カバールは破産に近づいている。
3  ワシントン近くの外国軍隊の動きに関する情報は、今は秘密になっている。
4  トラック運転手のストライキは米国における大衆の目覚めの良いしるしである。
5  ケニアのウェストゲートモールでの射撃事件はカバールが恐怖を起こそうとしたものであり、世間の注目そのものがカバールの狙いなのだから、あまり事件に注目を集めないほうが良い。
6  フーバーダムの爆破の脅しはイベントを起こさないようにするためのカバールの恐れ掻き立てプランのうちの一つであるが、この爆破の実行は許されない。
7  ペンタゴンはRMの青信号を受けたら動き始めるだろう。
8  金融のリセットの後には、全システムが再構築されるので、M1コントローラーはいなくなるだろう。
9  腐ったカバールの逮捕はまだ行われない。
10 表むき良い顔をしているジェスイットは、それそのものの企てを隠している。
11 証券の償還は金融崩壊のきっかけ(それゆえカバールの破産)になり、イベントへの道を切り開く。
12 OPPTの内なる神聖な尊厳という原則はスピリチュアルな成熟度を持つ人にのみ理解されよう。このような理解はファーストコンタクトの後でなければ、大規模には起きない。
13 ムスリム同胞団は陥落した。
14 キャメロンの状況は、英国においてポジティブなテンプル騎士団が動いているしるしである。
15 カバールのサウディアラビア分派はイベントのあとで排除されるだろう。
16 シェルダン・ナイドルによる、地球がパラダイスになるという銀河”プロジェクト”は、イベントの後でに結実するだろう。これはレムリアの時代には完全にはうまく行かなかったことである。
17 カバールの処置はまだ完全ではないが、彼らは多くの領域を失った。
18 通貨の再評価(RV)はイベントの後の第一週に行われる。
19 イベントは真の覚醒を促し、”空には限界がない。”
20 カバールはファンドを引き寄せる能力をほとんど失った。
21 シリア問題の核心は、シリアが、ロスチャイルドの一部ではなく、独自の専制体制をとっていることからくる銀行システムの支配の戦いであることである。
22 イベントが未熟なうちに始まると、人々のマインドへのアルコンの影響が問題として残る。
23 カバールが起こした地球温暖化の問題では、地球は逆にミニ氷河時代に移行しつつある。
24 ネービーヤードの射撃事件は人々のMK-ウルトラ(CIAによる洗脳)への目覚めに役立った。
25 化学兵器の世界全体からの根絶はシリアから始まる。
26 新しいイタリアア大統領の指名は既にポジティブな結果を生んでいる。
27 エーテルプレーンからの圧力の低下がカバールの手下の勝利側の選択を自由にしている。
28 ベンガジでの武装反乱軍へのカバールによる武器供給は途絶えつつある。
29 ナタニエフとイスラエルについては、化学兵器を廃棄すると核兵器を見せることになる。
30 負債免除はイベントの後で行われる。
31 赤い雨現象は地球上の物質によって起きたものである。
32 セントラルサンの活動が活発化するので、自然現象である、ファイアボール/彗星現象は、増え続けるだろう。
33 黒い水溜り現象は、大気と水の間のプラズマ放電による現象である。
34 パキスタンの三つの新島は自然の成り行きであり、アトランティスのような大きい隆起の始まりではない。
35 チベット僧院のいけにえは、中国の支配に対する反抗として行われている。このようなことは気づきを促進させる。
36 9月の秋分は男性と女性のエネルギーのバランスを新しくするもので、より調和が取れたイベントへの道を開く。
37 ブラックホールは地球温暖化や寒冷化とは無関係である。
38 10月半ば以降の新しい機会の窓では、物事がより面白くなる。(イベント)