夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

所得の平準化への流れ。

 | FP
菅総理は経済浮揚のためにはまずは雇用だと言われていますが、パイが縮小している現在、雇用数を増やせば、当然、一人当たりの所得は減ります。ワークシェアリングなどが叫ばれていますが、それはその発想を具体化したものです。事実として、日本人の所得は減り続けているのです。巷間の雑誌には年間所得300万円時代という文字が躍っています。でも、これは日本のことばかりではありません。アメリカでも、所得の減少が続いています。2008年世帯所得の中央値は5万303ドルでした。07年のそれは5万2163ドルでしたから3.6%の下落です。これは何も08年のことだけではないのです。07年~10年にかけて、典型的な世帯で9.3%減となっているのです。一方、中国やインドでは所得の増加が続いています。先日、中国の深圳で経済特区30周年式典がありましたが、その例で言えば、この30年で、一人当たりGDPは935元から9万2770元と約1億倍になっていて、その地の平均年収は5万元にもなろうとしています。現在100円は8元程度の交換比率ですから、年収が62万5000円程度と言うことになります。つまり、世界は従来の先進工業社会がデフレと所得の減少。そして、新興工業国がインフレと所得拡大という緩やかな平準化への道を進んでいるのです。ただ、中国国内にも新たな所得格差のひずみが生まれ、また、アメリカのような武器を手にした国が黙って、この状況変化を見ているとも思えません。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。


コメント

村木厚子さんの涙

 | FP
厚生省の村木厚子さんの無罪が確定して、1週間ほどになる。今は平穏な日々に戻られているものと思う。私は村木さんが逮捕されたとき、この人は犯罪を犯す人の顔ではないと思った。そう思ったうえで、このような人までも犯罪を犯す時代になったのかと悲しくなった。私たちはある人が逮捕されれば、その人は犯罪を犯したのだろうと想像する。たとえ、無罪判決が出たとしても、容疑者は犯罪を隠し通せたのだ推測し、その人は灰色の犯罪人であり続ける。疑わしきは罰せずなどと言う言葉が、逆に、天地神明に誓って、犯罪を犯していない人を苦しめるのである。村木さんのように誰もが無罪を確信する事例などは珍しいのである。これが政治に介入してくるとさらに問題を複雑にする。民主党代表時代の小沢一郎氏に対する特捜の捜査が、今回の日本の首相を決める選挙にまで、影響を与えた。選挙で選ばれていない人がここまで政治的な影響を与えて良いものだろうか。私は心に残る。村木さんの涙である。検事さんから、執行猶予を選べと言われたとき、「犯罪者か、犯罪者にならないかの大きな違いをなぜ、分からないのですか。」と述べたときの涙である。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント

私たちは常に成長を続けているわけではない。

 | FP
私は思います。なぜ、私たちは生活が困窮し始めたとき、虎の子の不動産を売ることことに、寂しさを感じるのだろう。もちろん、愛着のあるものを手放すのだから、寂しさはつきものだが、それを感じるのは、私たちが常に成長を続けることが当たり前であると思っていることにあるのではないだろうか。成長は年をとれば止まる。だから、成長率は低くなるかもしれないけれど、人生で得たものは目減りすることあってはならないと思っているのではないだろうか。しかし、周りを見渡してください。人生の中で、資産を常に増やし続けている人はそう多くありません。なくなったり、増やしたりしているのです。では、成功者とは誰でしょうか。人生を終える段階で、最も、資産を増やした人でしょうか。そうではないはずです。なぜなら、死の先に、増やした資産を持っていくことはできないからです。私は思います。あの紀伊国屋文左衛門ですが、その晩年は傍から見れば、惨めな晩年を迎えたと見られています。若いときに馴染みであった深川芸者の小さな家に身一つで、世話になっていたと言います。でも、彼の人生を失敗であったと誰が言えるでしょうか。私は思います。彼はその人生を通して、明らかに成功者だったのです。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント

資産の売却を考える。

 | FP
常に収入が支出を上回っているご家庭というのは、資産の売却を考える必要はありません。考えるとすれば、不動産ならば、新しい家に住み替えたいとか、自動車をニュウモデルに変えようとか、より良い環境へとステップアップする場合です。ですから、そのような場合には、古い資産の売却もそれほどの未練はありません。けれど、問題は収入が支出を下回ってしまったご家庭で、これまでの生活を維持しなければならない場合です。資産というのは人生の安定的な生活を支える安全弁のようなものですから、本来なら、サッサと不動産なら小さい住まいへ。自動車なら高級車から中古の小型車へと変えるべきなのですが、実は、これがなかなかうまくいきません。先ほどの未練が立ちはだかるのです。さびしさとか、見栄とか、挫折感とかが苦しめるのです。でも、私はいつもそのような人たちに言うのです。「お金で買えたものは、いつの日か、又、買うことができる。」と。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。
コメント

金利や投資利回りを考える。

 | FP
現在、世界は経済停滞期にありますから、どこの政府、中央銀行も金融緩和策を実施しています。金融緩和策というのは、お金を持っている人からお金を使う人に利益を移す政策です。つまり、ただ単に、お金を銀行に預けているだけでは確実に資産は目減りしていきます。それは事実なのですが、だからといって、多くの人達は安全な銀行預金から、不安定な投資にお金をつぎ込むわけにはいきません。このような政策は子供手当てのようなもので、社会全体で、景気を浮揚させようとするものですから、一時的には多くの人達は損をするのです。でも、このような時代だからこそ、金利や運用利回りを考えるべきです。自分に資産として、現金や預貯金があるのなら、その使い道をキャシュフロー表でチェックし、いつ、幾ら使うことになるのかという大まかなプランを作成して、お金を預ける場所を変えてみましょう。例えば、ある40歳の女性ですが、彼女の余裕資金を現状の都市銀行の預金から個人国債に変えただけで、生涯の資産は3000万円も多くなったのです。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント

過剰な貯蓄は危険です。

 | FP
山下「幸子さんは今回、起業の為に、貯蓄をしなければならないと思っています。それは将来のある目的のために現在の生活を切り詰めてでも、達成したいという願いがあるからです。でも、人間と言うのは現在の楽しみも享受してこその人生なのです。その生活が苦しくて、挫折したとしたなら、本来の夢の実現までもがしぼんでしまうかもしれません。無理をせず、それでいて、着実な歩みこそが、大きな成果を得る一歩です。でも、まだ、幸子さんの場合なら、5年間という期限が決められています。この期限も決めずに、過剰な貯蓄に励む人がいます。それはとても危険です。精神的に参ってしまうばかりでなく、家族や周りの人たちに与える不快感は絶えることのない喧嘩や騒動を起します。しかも、貯蓄をする目的が漠然とした将来の不安などでは、何のために人生と言うかけがえのない時間を頂いたのか分かりません。働いて得たものはきちんと自分や家族や社会のために使う。その中にこそ、人生の楽しみがあると思うのです。少なくとも、過剰な貯蓄によって、子供達の遺産相続争いなどは起してほしくありません。」

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント

イチローに教わること。

 | FP
大リーグ・マリナーズのイチローが10年連続200本安打を達成した。イチローの大ファンである私は会心の一打に興奮したのである。今年はこれまでのイチローらしからぬ打撃で、今シーズンを終えようとしていた。3割そこそこの打率がそれを物語っていた。だから、9月に入っても、200本達成の夢は遠いように思われた。しかし、200本の目標が近づくにつれ、日本のマスコミが騒ぎ始めるとイチロー魂に火がついたのだろう。目の覚めるような当たりが連続するようになった。それでも、大方の人と同じように弱気な私が、最終試合でも良い、なんとか実現してくれと祈ったとき、イチローはこのわずか3試合ほどの中で、達成させてしまったのである。このイチローから教わることは沢山ある。だから、イチロー語録のような本も多く発売されている。その中でも私が一番好きな言葉は、「毎日、少しずつ努力していった結果が誰もが驚くような記録を作る。」という言葉である。イチローは天才だが、天才とは99%は努力の人だというエジソンの言葉を地でいく人のようだ。だから天才でない私でさえ、毎日、毎日、少しずつ、目的に向かって、前へ前へと進んでいけば、いつか、大きな成果を得ることができるはずだ。そう信じていける見本である。イチローが私に教えてくれたことである。(A)

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント (1)

誰もが節約ママにはなれない。

 | FP
山下「幸子さんはお金を貯める第1歩は節約だと思っていますよね。だから、一大決心をして、テレビで活躍する節約ママさんの本などを買い、始めるわけです。レシートを貯めて、家計簿代わりにノートに貼り付けてみたり、冷蔵庫の前面にビニールシートで覆って、冷気の出るのを防いだりするのです。でも、多くの人達はそんな生活は長続きしません。特に幸子さんのようなお勤めをしている人には無理です。家とは足を投げ出して、多少の無駄をするからくつろげるのです。よく、お母さんがテレビに影響されて、節約を仕事から帰ってきたお父さんに押し付ける家庭がありますが、まあ、最初は遊びのようで、面白いのですが、それが長く続くと「いい加減にしてくれよ。」と言いたくなるものです。つまり、誰もが節約ママにはなれないのです。ですから、私は節約の第1歩は生活レベルを落とさずに節約する方法を実践しましょうと提案しています。例えば、カードで払う、口座振替で払う、あるいは月払いを年払いにするなどの変更で割引になるものは幾らでもあります。また、会員になると会費を払うけれど、実際の支払額は減るというものもあります。逆に、使っていないカードで年会費を払い続けているものはないでしょうか。携帯電話のように、契約内容によって、支払額が大きく変わるものもあります。節約の第1歩は自分の支払っているものの全てについて、一度の手続きで、節約ができないかを見直しをすることです。一つ一つの節約額は小さくても、まとまれば大きなものになります。それを5年続けてごらんなさい。何もしない時とでは大きな開きが生まれます。しかも労さずに、生活レベルを落とさずにできるのです。」

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント

為替管理の主導権を握るのは誰か

 | FP
為替が私たちの生活に大きな影響を与えることはこれまでも、何度も述べた。そして、その為替動向が私たちの資産価値の形成にも、また影響を与えているのである。では、世界の為替を主導しているのは誰なのだろうか。最も強い力を持っているのは誰か。もし、それを特定できるのであれば、私たちはその組織(ex.国、フアンド、会社・・・)の思惑を推し量りながら行動をとっていけばよいことになる。ところで、私たちは日本国民なので、問題は円の価値であって、他に通貨、ドルとかユーロとか、元の価値などは相対的な意味合いしかない。だから、最も、円に影響力を持っているのは誰かということから始めなければならない。その意味ではもちろん日本政府であり、日本国内の輸出企業である。本来的に言えば、為替は貿易収支によるとされてきたのだが、この10数年の景気低迷のつけで、通貨供給量ばかりが増え続け、結果として、世界のフアンド勢力が為替操作で利益を出すことに奔走し始めたのである。もちろん、経済危機の影響で、規制は強められてはいるが、過剰流動性の世界がある限り、生き残る。それに対抗する日本政府の為替介入も数百兆円の流通量に対して、せいぜい数兆円の投入しかできないのであるから、長期的に見れば、最近の介入でびっくり水のような効果はあったようだが、それも長続きすることは無いだろう。アメリカ政府についても同じで、ドル安で、消費者から反発が来るようになった時でも、打つ手は限られるはずである。ヨーロッパはもっと悲惨で、固定通貨ユーロのひずみがますます大きくなるだろう。つまり、元凶はこの過剰流動性なので、しばらくはマネーゲームに揺さぶられる日々は続くのである。ただし、マネーゲームである以上、一定方向には向かうことはない。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント

資産の調和を図る。

 | FP
資産をどのような種類や形で持っているかによって、資産の価値は年々変化します。それはそれぞれの資産には、それぞれの性格があり、その時々の経済情勢や政治方針などにより、影響を受けるからです。大雑把に言えば、現金や預貯金はインフレには弱く、デフレに強い。不動産や株式などはインフレに連動する。ただ、不動産と株式では、連動する時期が違う。一般的は、債権のほうがその変化が早くくる。だから、これらの特徴を捉えて、資産の調和を図ることが資産の保全のためには必要であると言われている。その良い例が安田善次郎の資産3分法である。ただ、資産に影響を与えるものは経済情勢だけではない。例えば、政治情勢も大きい。為替管理を放任するか。厳重に管理するかによっても、資産の動向は大きく変わる。また、本来、インフレに強いはずであった年金も、昨今の改正状況を見る限り、必ずしもそうとは言えなくなっているのである。

Y-FP Office Japan
歴史の好きな皆さん。Y-FP の時代小説もご覧ください。

コメント