夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

メルケル政権の支持基盤が崩壊し始めた。

 | FP
今月の8日のコラムに、私は世界が「極右」と「極左」に分裂してきていると書いた。メデイアが「極左」と表現していないのは現在のメデイアのほとんどが左派系なので、自らを基準にしているだけなのである。さて、ドイツのメルケル政権の地盤がどんどん崩れていく。元々は彼女の発した難民受け入れ宣言だが、それがヨーロッパ諸国に混乱をもたらし、ついにドイツ自身にも波及してきたのである。いかにも人道的だという政策が誰もを不幸にし始めたのである。ドイツ南部バイエルン州議会選が14日、投開票され、同州を地盤とする国政与党の一角、中道右派・キリスト教社会同盟(CSU)が歴史的大敗を喫した。バイエルン州は南方からの難民の玄関口で、難民を嫌うCSUの支持層の票が排外政党「ドイツのための選択肢」(AfD)に流れ、AfDは一般的には「極右」と呼ばれている政党で、今回の州議選で初めて議席を獲得した。危機感を覚えたCSUは難民への強硬姿勢を強調したが、これが逆に穏健派支持層の離反と緑の党の躍進を招いた。この政党はCSUよりも左派だ。結局、難民問題と言う直面する危機で、中道層が右と左に分裂し、メルケル政権の支持基盤が崩壊し始めたのである。(2018.10.15)

Y-FP Office Japan





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛社精神は必然的に消滅して... | トップ | プログラム取引が暴落をもた... »

コメントを投稿

FP」カテゴリの最新記事