夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

日本のお寺さんがコロナで困窮している。

 | FP
宗教とコロナの関係であるが、宗教が密を生むと言うことで、コロナの感染源になりやすということはある。だから、韓国の最初の大流行はキリスト教系の集会であったし、イランの大流行もイスラム教の行事に起因していた。最近ではイスラエルで、ユダヤ教の行事に多数の信者が蜜の状態で、街に繰り出したということで、せっかく沈静化しているコロナの再燃が起こるのではないかと危惧されている。だが、そもそも宗教の熱というものは、例え、規制や銃、病気への脅しにも屈しないところが宗教なのである。ところが日本のお寺さんには、その熱がない。江戸時代に始まった檀家制によって、生活が安定し、すっかり、お葬式などを執り行う形骸化したものに変わってしまったのだ。だから、コロナ禍では、お寺での密を嫌う。一般社団法人良いお寺研究会の調べでは、仏教界全体(寺院数約7万7000カ寺)の総収入は、コロナ禍前は約5700億だったが、2020年は約2700億に減った。3密回避のため法事は減り、葬儀も簡略化されるケースが劇的に増えた。コロナ禍が長引けば、経済的に困窮し消滅する寺院が増えるのではないかと伝えている。(くちなし亭、2021.04.21)

Y-FP Office Japan トップページ

コメント

二重変異ウイルスという新たな敵が現れた。

 | FP
人類はいつまでたっても、コロナからの攻撃から解放されることはないのではないかと恐れている。インドである。インドでは新型コロナウイルスの新規感染者は27万3,000人を超え、死者も1,619人と、いずれも過去最多になった。インドで今、猛威を振っているのがイギリス型でもなく、南アフリカ型でもない。「二重変異ウイルス」という新たな敵だ。名前からして、恐ろしいが、変異を二重に繰り返した強力なものらしい。二度ではなく二重と言うことが気味悪い。その「二重変異ウイルス」が感染者の24%を占めているというのである。このウイルスはインドばかりでなく、イギリスでも見つかっているというから、世界的に広まる可能性もある。問題はワクチン効果である。アストラゼネカワクチンが南アフリカ型に効かないと言う話は伝わっているが、この二重に変異した強力な奴に、さすがのフアイザーワクチンも効かないのではないかと危惧される。少なくとのインド製のワクチンは完敗したようだ。いたちごっこはワクチンが開発されたころからの宿命だが、これほどに、短期間に変異を繰り返されると、コロナの方が人間の能力を上回っているしか思えない。(くちなし亭、2021.04.20)

Y-FP Office Japan トップページ


コメント

免疫力を上げるために太陽を浴びよう。

 | FP
大阪の病院では、70歳以上のコロナ重症患者には、呼吸器の設置などしない、死の選別が始まったと聞いて、びっくりしている。本当なのか。イタリアで、このような老人を見捨てざるを得ない状況になったことは悲惨だが、対岸のことと思っていた。しかし、日本でも起こってしまったというのか。言葉が出ない。ワクチン接種まで、待ってくれると思っていた新型コロナが想像以上の勢いで、重症患者を作っているようだ。もはや医療体制が一つの都府県では制御できないのである。大阪は同じ近畿圏の滋賀県に協力を要請したようだが、四国や中国各県と連携した方がはるかに効率が良い。国はもっと広域の医療体制に取り組まなければならない。東京も古いコロナ株や新型でも別種の株に守られていると思っていたが、英国型のコロナ株はこれらの株を駆逐しながら、数を増やしているようである。もはや、ワクチン接種が始まるゴールデンウイーク明けまで待ってくれない。一人一人が個人の防御で防ぐ以外ないのかもしれない。そのためには免疫力が必要だ。太陽を浴びることが大事だという。(くちなし亭、2021.04.19)

Y-FP Office Japan トップページ
コメント

スーパーコンピュウターを使わなければ江戸っ子の弱点は解明できない。

 | FP
私は自分が江戸っ子だと思っているので、「ヒ」と「シ」の発音が紛らわしい。聞き取れるほどに、正確に発音できない。だから、墨田区にある東白髭という地名などは、江戸っ子の多い墨田区に、なぜ、こんな名前を付けるのだ。この名前を付けた人物は絶対によそ者に違いないと常日ごろから憤慨しているのである。さて、その「ヒ」と「シ」の区別がつかない理由をスーパーコンピュウターを使ってまで解明した人がいる。そもそも、「ヒ」と「シ」を発音するときの舌の前後の位置は同じなのだそうだ。それを微妙に、舌を左右にずらすことによって、使い分けているのだが、それだけでは区別は難しい。と言うか解明はできない。そこで、スーパーコンピュウターが登場し、コロナ飛沫の動きを解明するように、口の中で起こるジェット気流の流れを解明したということである。ごくろうさまと言うほかはない。この解明に尽力していただいたのは豊橋技術科学大学機械工学系の吉永司助教と飯田明由教授、国立国語研究所の前川喜久雄教授の研究チームである。(くちなし亭、2021.04.18)

Y-FP Office Japan トップページ


コメント (1)

ヨルダンでは国内のシリア難民にコロナワクチンを接種する。これは正解だ。

 | FP
中東のヨルダンには66万人ものシリア難民がいるのだそうだ。シリア難民はトルコにも、レバノンにも、さらにヨーロッパにも流出して言うというから、その数は莫大なものだ。その人たちを失って、シリアと言う国はなりたっているのだろうか。さて、ヨルダン政府は国内のシリア難民に対して、自国民と同様に、新型コロナワクチンの接種を始めるという。平等に扱うという面で、称賛を受けているのだが、考えてみれば、ワクチン接種をしない方が怖い。そこは難民キャンプなので、衛生状態は悪かろう。だから、彼らの免疫力は低下しているに違いない。キャンプでクラスターが発生したら、まん延はキャンプ内に抑え込むことは不可能だろう。また、キャンプ内のコロナ患者のケアにも莫大な費用が掛かるだろう。そう考えれば、コロナワクチンがあるのなら、それが例え、効果が低いと言われている中国製のワクチンであってもできるだけ接種してもらうことが正解なのである。だが、これもアサド政権の抑圧と言ことから生まれたことだ。(くちなし亭、2021.04.17)

Y-FP Office Japan トップページ
コメント

反ハラスメント運動も行き過ぎると社会を息苦しくさせる。

 | FP
セクハラ・パラハラ・エンハラと世の中はありとあらゆるハラスメントで覆われている。でも、このハラスメントだが、社会から絶対に根絶しなければならない悪質なものと、そうでもないものとに分けなければならない。あまりに、ハラスメント運動がはびこると、お隣、韓国のような被害者大国になり、被害者が絶対的な権力を持つようになる。そうなれば、社会は息苦しく、閉塞し、沈滞化する。何事にも、中庸と言うことが大事なので、行き過ぎれば、決して人々の生活を良くすることにつながらない。社会的な衝突も起こる。社会的な混乱が起こっても、被害者は立ち止まらない。利己主張に終始して、収まりがつかなくなるのである。だが、この人たちは一応被害者なので、その行動に嫌悪する人たちの心にも、徹底的に叩きのめすことはためらう感情は残る。その心を被害者集団はつけ込むのである。(くちなし亭、2021.04.16)

Y-FP Office Japan トップページ


コメント

出生率低下。私の予想は見事に外れた。

 | FP
昨年の今頃、私は来年の今頃はベビーブームで沸き立つであろうと予想した。だが、この予想はものの見事に外れた。日本もそうだが、世界的にも出生率が低下したのだ。スペイン、イタリア、フランスでは20年12月と21年1月の出生数が前年同月比7~23%減と、第二次世界大戦以降、最低値を記録したのだ。ニューヨークの大停電を思い起こせば、家に閉じ込められた夫婦がやることは一つ、多くの夫婦が子つくりに励んだのだが、コロナ禍では同じように家に閉じ込められていながら、大停電時とは違い、やることは他にもたくさんあったのだ。その上、閉じ込められたイライラは離婚を増やすことがあっても、子供を増やすことにはつながらなかったのである。家族が一日中、一緒に過ごすことのストレスや失業、胎児への感染の懸念などが影響したとフィナンシャル・タイムズは伝えている。結局、子つくりと言うのは安定した生活の中で、心が豊かでなければ、進まないのであろう。(くちなし亭、2021.04.15)

Y-FP Office Japan トップページ
コメント (1)

アストラゼネカ製ワクチンはハラムだ。

 | FP
イスラム教徒には宗教上の理由から絶対に口にしてはいけない食べ物がある。そのような食べ物はハラム(イスラム教で禁忌の意味)と規定され、ハラル(イスラム教で合法の意味)でなければ、口にしてはならないのである。口に入れるのとは違うが、コロナワクチンも注射で、体内に入るので、この規定が適用される。インドネシアでイスラム指導者評議会(MUI)から「アストラ製ワクチンはハラム」とするファトワ(宗教令)が出されたのだ。理由は精製過程で豚の成分を使っているとのことで、真実かどうかは分からないが、この報道に、インドネシアのイスラム教徒の間に接種を拒否する動きが広がった。2月の調査ではインドネシア国民の41%が接種を拒否すると答えたのだ。インドネシアもコロナ禍で、政府は苦悩している。MUIを説得し、イスラム教徒の多い東ジャワ州での一番最初の接種者にイスラムの宗教指導者になってもらった。政府の見解は非常事態なので,ハラムかどうかを問うべきでないというものだ。しかし、反対は根強い、イスラム教の学校では校長が教師などに接種を厳禁じているとのことである。(くちなし亭、2021.04.14)

Y-FP Office Japan トップページ
コメント (1)

ピーターと狼の声が聞こえなくなる。

 | FP
普段なら、それほどに緊張感を感じない事柄だが、今日はなぜかきな臭く感じるのはなぜだろう。中国軍機25機が台湾防空識別圏に突入した。中国の海警船2隻が尖閣沖の日本の領海に入った。ウクライナではその周辺に8万人を超えるロシア軍が集結している。イランはイスラエルがイランの核施設をサイバー攻撃したと非難し、その報復を宣言した。北朝鮮が3000トン級の新型潜水艦を建造した。この潜水艦はSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を3発搭載できるという。これらの話はこれまでもよくある話である。ピーターと狼の話のように、これらの話に驚かなくなって、だいぶたつのだが、ロシア、中国、北朝鮮などが示し合わせて脅しをかけている。相手はバイデン政権だろうが、突然に、脅しが脅しでなくなる時も来る。ピーターもオオカミの声も聞こえなくなる時が来る。(くちなし亭、2021.04.13)

Y-FP Office Japan トップページ

コメント

政権が民間企業を支配しようとするとろくなことはない。

 | FP
中国規制当局が独占禁止法違反で電子商取引最大手・アリババ集団に、過去最高となる罰金182億元(約3050億円)を科した。同社を標的にした「アリババたたき」が一段と強まった形である。中国のような国ではアリババが政権の主流派の金づるであったり、政権の経済政策に合致するような場合には、その存続はゆるぎない。逆に今回のように、アリババのジャク・マー氏が公然と政権の経済政策を批判すると、たちどころに、「アリババたたき」が始まり、支配を強めようとする。これが国営企業なら、即座に幹部の首の切り替えを行うのだが、ほとんどの場合、経営陣の交代は企業経営で、うまくいかない。幹部の顔が企業やその労働者、経営スタイルに向かずに、政権側の意向だけを考えるようになるからである。彼らにとって、企業の失敗はないのである。へまをしても、国からの援助が受けられるくらいにしか考えていない。企業は彼らの食い物になるのである。アリババの場合には民間企業なので、今のところ金銭的な懲らしめ程度になっているが、政権としては国内政治を取り仕切る武器として、アリババをもっと使いたいはずである。(くちなし亭、2021.04.12)

Y-FP Office Japan トップページ



コメント