安芸国人のフランスで嫁さん探し!

フランスでボンジュールしております。めそ
どうぞヨロシク仮面!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホテルのトイレに洋式便座の座り方指南!

2014-09-29 19:14:43 | 2011-2012年度旅行
みなさん、こんばんは。

今日は4年前に卒業した教え子のジャオさんから久しぶりに連絡をもらいました。で、用件は、「クラスメートだったリンさんが韓国に留学に行くので、推薦状を書いてほしい」とのこと。人望のない僕でも、一年に一人二人はかつての教え子から、留学の推薦状を頼まれたりするのですが、韓国留学の推薦状というのは初めて(まあ、僕は日本語の先生ですから、当然と言えば当然ですが)。。。。。ただ、正直言うと、こういう推薦状の類は困るんですよね。というのも、僕は大学の先生とはいっても所詮は非常勤。。。やはり、推薦状は主任教授などの責任ある地位にある先生に書いてもらった方がいいと思うんですよね。ただ、日本の大学は非常勤の先生の推薦状でもモーマンタイの場合が多いのですが、韓国はどうなのかよくわかりません。。そこで、ジャオさんには、非常勤が推薦状を書いても大丈夫かどうかリンさんに確認してもらうことにしました。。推薦状自体はリンさんの書いた韓国語の推薦状にサインするだけでいいので、楽は楽だし、かつての教え子の頼みはできるだけ聞いてあげたいんですけどねえ。。。中国で日本語教師を続けるかぎり、一生地位も名誉も望めないわけで、推薦状を頼まれるたびに、正直心はブルーになります。

さて。。。

ヤフーニュースで面白い記事を発見しました。。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ホテルのトイレに洋式便座の座り方指南、「頭を便器に突っ込んで逆立ちは厳禁」―中国メディア
XINHUA.JP 9月29日(月)6時40分配信

中国湖南省常徳市の繁華街にあるホテルに宿泊したネットユーザーが23日、「トイレの使い方」に関する注意書きが面白すぎると写真に収め、ネット上に投稿した。26日付で新郷信息網が伝えた。

洋式便座の正しい座り方を指南したもので、正解の傍らに3種類の「間違った座り方」の図が描かれている。だが、「便座に足をかけて和式トイレのようにかがむ」までは分かるが、あとの2種類はどう見ても「頭を便器の中に突っ込んで逆立ち」と「便座を両手でつかんで両足を180度開脚」している姿にしか見えない。

このネットユーザーは「面白すぎて3分間くらい、お腹を抱えて笑った」と話している。これに対し、ホテル側は「便座に足をかけてかがむお客様は確かにいるんです。心ゆくまで笑っていただきながら、マナーを守っていただければ」と語っている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
ソース↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000003-xinhua-cn

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

で、その指南というのがこれ↓


写真は中国語のサイトからお借りしました。
http://www.hkwb.net/news/content/2014-09/26/content_2395344.htm

確かに面白いですよね。。

まあ、僕が夏休みの青海旅行でキ連県の八宝鎮のホテルで撮ったトイレの写真もなかなかのものでしたが。。。





いよいよ明後日から一週間の大型連休。。明日の仕事、がんがるぞ!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 超セレブ!宿州の4ッ星ホテル! | トップ | 明日から国慶節の大型連休! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑えます^^ (桃源路)
2014-09-30 12:15:31
右二つは、マンガじゃあるましいくらなんでも・・・って感じですよね。。。(爆)
実際、アニメの銀魂(またっ!^^;)で、真選組の局長が、右から2つ目のポーズをしたり
銀さんと土方が手錠に繋がれたうえ下剤を飲まされて、どうやって用を済ますのか
右のイラストにも通じるような、いろいろなパターンを考案するシーンがありました^^
八宝鎮のホテルの注意書きも、また衝撃的ですね。。。
でしょう (安芸国人)
2014-09-30 22:26:15
桃源路さん、記事にあるとおり、右二つは注意を惹きつけるために描いてあるようですね。なので描いた側も実際やる人いないだろうと思ってるはず。
銀魂、日本にいたころにジャンプで読んだだけなので、詳しいことはよくわからないんですよね。
もしかしたら、これ描いた人、銀魂を参考にしてるかもしれませんね。

コメントを投稿

2011-2012年度旅行」カテゴリの最新記事