ウィリアムのいたずらの開発?日記

ウィリアムのいたずらがコンピューター関係(本家廃止後はその他も)について思ったことを好き勝手に書いているブログです。

アジャイルをやりたいなら、世界を相手にすべき!

2013-04-02 12:01:16 | 開発ネタ
いくらなんでも、ソフトウェア工学話で引っ張るのは、無理が出てきたし、


アジャイルをダメにしないためにすべきこと
http://arclamp.hatenablog.com/entry/2013/03/28/000000


で、大体話がまとまってきたので、もうそろそろ、ソフトウェア工学ネタ
はうちも、終わりにしていいかな・・・

と思って、話をまとめる方向に行ってみたいと思う。




上記の「アジャイルをダメにしないためにすべきこと」は
結局、「アジャイルだけではない」という話だと思います。
現実は、その通りだと思います。

アジャイルで向いているプロジェクトもあるし、
アジャイルに向いていないプロジェクトもある。
だから、アジャイルで有名な永和システムさんも、
100%アジャイル案件なわけではないし
(と、この前聞いた。聞き間違い出なければ)

日本のプロジェクトのかなり多くがウォーターフォールであるのは、
「ソフトウェア開発データ白書 2012-2013」
http://sec.ipa.go.jp/publish/tn12-002.html
にいき、アンケートに答えるとPDF版が無料で手に入る)
の42ページ「図表4-5-1 開発ライフサイクルモデル」
でウォーターフォールが96.5%なことからもわかる。

アジャイルは現状、Webの開発では多く利用されているみたいだけど、
「図表4-4-11 開発言語」にあるように、Javaの
次に多いのはCOBOLっていうぐらい、Web以外の開発も
現存していて、そんなCOBOLを利用する開発では
アジャイルって、なじみにくいかもしれない。
(COBOLは、入出力が「カチッ」としていたほうが書きやすい
 あんまり、変わるとやりにくい)

脱線:
 でも、この調査すごいよな。ABAPがあって、Rubyがない(^^;)
 Rubyより、InputManのほうが、有名なのか(^^;)

 ってなことで、実際は、ネットで議論されているよりも、
ウォーターフォールは存在するし、たぶんだからこそ、
ウォーターフォールでうまく行かない部分を、
アジャイルに期待している部分があって
自分の今やっている仕事の否定として、アジャイルが存在している可能性がある。




ウォーターフォールは、属人性の排除を目指し、
ソフトウェアファクトリー化
できるんじゃないかとの期待をもった。
これが、ソフトウェア工学となじみやすく、
自動化の話や品質管理の分野が進んだ。

今も進んでいて、ウォーターフォールでできる、
カチッとた大規模開発は、自動化を目指していくだろう。
そして、ソフトウェア工学も、この分野では進んでいく。
要求工学の一部とMDA、品質管理の一部は、この分野かな





一方、Webの世界は、アジャイル開発に向いている。
そんな世界は、ユーザーのUX要望は高いし、他社の出方によって、ビジネスモデル
が大きく変わる。

でも、アジャイルは、人が変わると同じことをやっても、
うまく行くとは限らない。人の部分が結構ある。
この手の話は、日本のソフトウェア工学では、
現状、パターンランゲージとか、事例研究以外の分野では
論文になりにくく、学会では、フルペーパーを通している人は少ないと思う。

情報学広場(情報処理学会の論文が検索できる)で
  アジャイルで検索すると、132件
  UMLで検索すると841件だから、
 UMLほどには、アジャイルはぜんぜん広まっていない。

日本のソフトウェア工学の教科書もこんな感じなので、
アジャイルとかは、あまり出ていない。
この現状は、
ソフトウェア工学は失敗している
http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20130322#1363969460

で指摘されている。





ただ、だからソフトウェア工学は「だめ」なんだという話には、実は、ならない。
博士号をとるために論文を書くのであれば、たしかに、
情報処理学会、信学会、ソフトウェア科学会の中から考えるが、
そうじゃなく、著名な先生であれば、IEEEに自分の論文を
出すことを考えるだろうし、まあ、普通の大学院生なら、関連研究に
国内だけでなく、IEEEやACMを調べるのは必須だ。

IEEE Xploreで
  agileを引くと4485
  UMLを引くと4224
アジャイルのほうが、出ている論文が多いのだ




そして、さっき

PressmanのSoftware Engineeringを超訳ななめ読み その3-各種アジャイル
http://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/6c4fb02e21f0c2c267d77431ed845e12

に書いたように、アメリカなどでの教科書的に読まれる
Pressmanの本では、日本で紹介されていないようなアジャイル手法が、
ガンガン出ている。

日本では、リーンやScrumが話題だが、それは日本ではそうなだけで、
(たぶん、日本の風土に合っているんでしょうね)海外では違う。

そして、海外では、(のちのち紹介していくけど)ウォーターフォールも
スパイラルもアジャイルも形式手法もアスペクト指向も
ちゃーんとソフトウェア工学の範囲になっている。
つまりで書かれているのは、日本の現状の「情報処理学会、信学会、ソフトウェア科学会」で出ているソフトウェア工学の話であり、IEEEとかで扱うソフトウェア工学は、「ソフトウェア工学は失敗している」で挙げている分野、さらにそれより広い広い領域を扱っている。

つまり、日本のソフトウェア工学は、問題あるかもしれないけど、
世界的に見ると、「ソフトウェア工学」は実務の分野も含んでいる。




そして困ったことに、日本でソフトウェア工学を専攻する普通の?大学院生であれば、
IEEEとかACMを中心に調べ、テキストとしては、今取り上げているPostmanの本か、
Pfleegerさんの最新版の原著

Software Engineering: Theory and Practice
http://www.amazon.co.jp/dp/0136061699

とかで勉強しちゃう
(これは、「ソフトウェア工学は失敗している」で挙げている
「ソフトウェア工学―理論と実践」の原著の最新版)
Pfleegerさんの本も、アジャイルを最近足しているらしい。

そして、さらに困ったことに、まあ、そこそこの大学院生や大学の先生は英語読めちゃうので
IEEEの論文とか、さっき挙げたテキストを読んで、あんまり日本の本や論文を気にしない。
訳してもらいたいとも思わないし、訳す暇もない。なんだったら、英文で論文を書く気も満々!
つまり、研究者の目は海外、特に国際的なIEEEとかに向いている
(IEEEは、アメリカの団体だけど、学界的には世界に開かれている、国際的な場となっている)

結果、日本のソフトウェア工学が遅れているように見えて、
それを一般の開発者がみると、
「なにやってんだ!日本のソフトウェア工学は!!」
という論調になってしまう。




なんで、本当にアジャイル、さらにソフトウェア工学全般を
勉強したいのなら、世界を相手にして、
英語の本や論文を読まないと、はじまらない・・・

・・・っていうのが、現状なのよ・・・

でもね、えいご、にがてなんです・・・
だれかやくしてほしい・・・

P.S Google翻訳をかけると、
なおさら判らない訳になる・・・
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« PressmanのSoftware Engineer... | トップ | アジャイルを終了させ、日本... »
最新の画像もっと見る

開発ネタ」カテゴリの最新記事