ウィリアムのいたずらの開発?日記

ウィリアムのいたずらがコンピューター関係(本家廃止後はその他も)について思ったことを好き勝手に書いているブログです。

米・ロ・中は、コロナワクチンを外交戦略に使おうとしてるけど、それは途上国では失敗するかも?

2020-09-22 08:16:46 | そのほか
っていう話ね。NHKのETV特集
「パンデミックが変える世界 紛争地帯からのSOS」
https://www.nhk.jp/p/etv21c/ts/M2ZWLQ6RQP/episode/te/L2RJ3R23KR/



日本など多くの国は、コロナウィルスワクチンを先進国にも途上国
にも公平に分けようとして「COVAX」に入っているけど、

アメリカ・中国・ロシアは、「コロナワクチンあげるから、俺の言うことを聞け」と交渉カードに使いたいから、COVAXには入らない。

ワクチンは水利・領有権問題と引き替え 中国は外交の切り札に
https://www.tokyo-np.co.jp/article/53557


でも、この戦略は、途上国からみると、逆に反感を買う可能性があるということね。ETV特集の内容は。

というのも、途上国では、死因は虐殺とかマラリアとかであって、エボラ出血熱やコロナで死ぬ人は、それと比べると少ない。とすると、「コロナ防止のためにワクチン」っていうのは、ワクチン提供国がコロナにかからないためにワクチンを提供しているのであって、途上国の人たちのことを考えて何かしてくれるわけではないというのが見え見えだと・・・なぜそんなことに協力しないといけない?というのが、途上国の比との立場。




 特にアフリカなどでは、戦争は虐殺と性暴力が中心(日本の戦後の戦争教育だと、核が戦争の中心のように教わるけど、核戦争とかしたら土地が使えなくなるので、そんなことはしない。奪った土地の天然資源を売って金儲けしたいので、居ぬきのまま先住民に出ていってほしい。そこで虐殺と性暴力が中心になるわけ)。戦争で負けたほうや先住民は逃げるため、難民になる。
 これらの国は民主主義、議会制度なので、性暴力と虐殺で悪行三昧をふるった武装勢力が政権を握ることができ、先住民の権利は主張することができない(話が見えていない人へ:先住民=難民。民主主義は選挙で多数を撮った人が権力を握る。難民は選挙に行けないし、立候補する余裕もない。なので難民は民主主義において、自分の意見や権利を主張することはできない)。

 よって、アメリカ、中国などのワクチン外交しようとする国は、悪行三昧して政権を手中に収めた武力勢力と結託して、ワクチンを、善良な難民の人に打つということになる・・・う~ん、恨まれそうだ・・・


P.S これで、ワクチンが効けばまだましだけど、
「抗体依存性感染増強(ADE)」とか起こって、
ワクチン受けた人だけが重症化したら、どうする気なの?

ちなみに、「抗体依存性感染増強(ADE)」は以下参照

ワクチンが効かない?新型コロナでも浮上する「抗体依存性感染増強」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/30/06749/
この記事についてブログを書く
« 結局、生命が大事なの、生計... | トップ | TortoiseSVNでリビジョンを前... »
最新の画像もっと見る

そのほか」カテゴリの最新記事