ウィリアムのいたずらの開発?日記

ウィリアムのいたずらがコンピューター関係(本家廃止後はその他も)について思ったことを好き勝手に書いているブログです。

ユーザーストーリーとDtoD、シナリオとカスタマージャーニーなんかのまとめ(&偏見)

2015-09-09 14:42:23 | 開発ネタ

要求抽出において、
 アジャイル界隈で使われるユーザーストーリー(マッピング)とDtoD、
 アジャイルでなくても使われるシナリオ
 マーケティングから来たカスタマージャーニー
 慶応SDMの本で男の人同士で抱き合っていたストーリーテリング
なんかを、独断と偏見でまとめてみる。




■まずは、シナリオやストーリーテーリング

 要求抽出する場合、
   誰が(どんな役割の人が)どんな業務(ユースケース)に関わってる?
 と、ユースケースで業務を抽出し、
 その業務の手順をアクティビティ(図)にまで落とすということが考えられる。

 ただ、この場合、抽象的に物事が進められてしまうので、具体的にストーリーを
追っていくと、抜けていたり、「あっ違う!」というケースがある。
 そこで、(製品ならプロトタイプだけど、サービスだと目に見えないので)
具体化して、実際に流れを追っていく、「シナリオ」や「ストーリーテーリング」
がある

 シナリオは、具体的に場面設定・登場人物設定をして、時系列に操作内容などを
追っていく。
 ストーリーテリングも、(男の人同士が抱き合って箱を持つのが目的ではなく・・
慶応SDMの本を持っていない人には意味通じないと思うけど)ストーリーの
スタートからエンドまでを実演して、内容を確認する。
 どちらも、最初から最後まで具体的に追ってみるというところはおなじで
違いはシナリオは自然文で書き、ストーリーテリングは実演するところといえる。




■ユーザーストーリーとユーザーストーリーマッピング

 アジャイル界隈だと、ユーザーストーリーとユーザーストーリーマッピングが
この辺の操作に該当する。

 
ユーザーストーリーマッピングを学ぶときに読むべきスライド3選
http://hosukepoi.hatenablog.com/entry/2013/05/30/222338

にその辺のことが書いているので、まあ、ここから引用しちゃいましょう。
(引用は太字箇所)


ユーザーストーリーとは?

 ユーザーストーリーとは、顧客の視点からサービスや商品の要件を記述したものです。

 書くときは

<役割>として
<機能や性能>が出来る。
それは<ビジネス価値>のためだ。

という風に書きます。


役割がアクターで、「機能や性能ができる」点はユースケースに近いものがある
(もうちょっと真面目に言うと「機能や性能ができ」ているというのが、ゴール、
 そのゴールの達成手段として、こういう機能があるというのが、ユースケース)

が、それの目的であるビジネス価値が書かれている点がユースケースと違う
(ユースケースは実行したらどんな価値を生み出すのかというゴールは分からない)

また、ユースケースのアクターはシステム境界に属する「ユーザー」で書くもの?だが、
ユーザーストーリーの場合は、結果を受け取る「エンドユーザー」で書くことが多いかも?

なお、ユーザーストーリーのほうが細かいという指摘もあるが、
いや、それはユースケースだって、細かく書ければ、いくらでもかけるよと反論されたら
おしまいなので、そこはめんど~くさいから突かないこととする(本質的にはゴールと
ユースケースの違いが有る)

そして

上のようなユーザーストーリーを時系列順に挙げていき、さらに優先度付けをおこなうことで、サービス・商品が満たすべき要件仕様を整理し、全体像をチーム全員で共有するためのツール

ユーザーストーリーマッピング

ということは、ユーザーストーリーマッピングはシナリオと同じ・・・?となってくるけど、
ユーザーの時間軸でならべるという点では同じだが、
  ユーザーストーリーマップは、優先度も考慮して並べる
  シナリオは、もっと具体化して、ヌケや考え方の違いをチェックする。
という点でちがう。

もっと、利用局面的に言うと
  ユーザーストーリーマップは、
   アジャイル開発におけるプロダクトバックログをどうするかの話
  シナリオは、
   要求獲得(一小工程前工程*)における要求の意識合わせの話
で場面が違う
(*一小工程前工程:要求分析は
  要求獲得→狭義の?要求分析(矛盾、曖昧さ排除、優先順位付け)→仕様化(可視化)→検証
 とすすむ。ユーザーストーリーマップは要求分析の優先順位、ユーザーストーリーやシナリオは要求獲得場面)




■カスタマージャーニーマップ

ユーザーストーリーマップでは、じゃあ、ユーザーはどう感じるのか?がわからない。
シナリオやは、普通、感情は書かない・・・10人10色だから、かけない
その点、ストーリーテリングは体感できるけど、他人には分からない
(箱をもって、男の人同士で抱き合うと、どういう気持ちか他者にはわからない-くどいって ^^;)

そこで、カスタマージャーニーマップ。
これは、シナリオ+そのときの感情を表現する
(感情表現してれば、カスタマージャーニーマップって言うみたい。ちょっとぐらい違っても)
有名なのはMONA

https://suedesign4.files.wordpress.com/2011/03/customer-exp-map.jpgより引用
ここに至る過程はhttps://suedesign4.wordpress.com/deliverables/task-3/参照。
上の段の「サービスエクスペリエンス」では(下から見てね)
 ユーザーが、どのようなもの(object)を使って、インターアクションし、
 その場面(環境)はどうで、どんな行動(アクティビティ)をする
というシナリオがまとめられている

その上で、そのアクティビティに対してどんなことが期待され、感情がどう変化するか
折れ線グラフで下に書いてある。

日本語で詳しく見たい場合は、このサイト

カスタマージャーニーマップについての簡単なまとめ
http://u-site.jp/weblog/customer-journey-map

ちなみに、上記サイトはペルソナごとに作っている。
ユーザーごと(ペルソナごと)に作ったほうが、うまくいく
(ペルソナごとに感情が違うから)




■DtoD(Discover To Deliver)

SES2015で、DtoDというのが出ていたので、それをちょっと見した.
(今確認したけどSES2015の予講集にはないので、論文なしポスターかしら)

ちなみに、DtoDは

http://www.ogis-ri.co.jp/learning/1227855_6722.html

にちょっと載っている

発見から納品へ:アジャイルなプロダクトの計画策定と分析

っていう本にでているらしい。

流れとしては、ユーザーエクスペリエンスマップと同じような感じ
ユーザー、インタラクション、なんだったっけか(ポスターにはあった)
・・・終わりから2つ目が環境みたいなかんじで、
いくつかのフェーズにわかれて、それを段階ごとに検討し、まとめていく。

これって、
  ユーザー→システム境界→・・・データ(って、どこかにあった)のように
内部へと分析していくので、表層部分を見ればシナリオ、ユーザーストーリー
データ部分を見ればER図などと、いろいろな図に展開できる。

ただ、感情とか、ゴール(→意図)というニュアンスはない気がする。

感情に関しては、上記のカスタマージャーニーマップは表現している。
ただ、カスタマージャーニーマップはユーザーの表層的な分析の為、
DtoDのようなデータ分析を行わない。

意図とかになると、ゴール指向分析(とくにKAOS)になるけど、疲れたので、
このへんでやめる。




ざっくり感でみると、こんなかんじ
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 定期的にパスワードを変更す... | トップ | 『エアコンをつけっぱなしに... »
最新の画像もっと見る

開発ネタ」カテゴリの最新記事