ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

OPNFVについて、いろいろ聞いてきたのでメモ

2017-07-27 20:05:36 | Weblog
7月26日OpenStack最新情報セミナー(2017年7月)を途中から聞いてきたので
(途中で帰ったけど)メモメモ




(途中から)
OPNFV
・OPNFV
 関心様々:アジアはハード売りたいんだろうな

 トランスフォーメーション・メタモルフォーゼ
・OPNFV蝶の世界を先取り
・今のオペレーターさんさまざま
 →蝶を目指して

■OPNFV Docter
・自己紹介
・Doctorがやっていること
 大前提:NFV アプリの冗長構成
  NFV前
  仮想化:ハードの状況は見えない→ハンドオーバーできない
  インフラは壊れたことは知っている:しらせる

・Doctorが目指している世界
 IaaSプロバイダー
  VMは壊れることがあります。→とまります
 サービスプロバイダー
  動いていない        →切り替え
 エンドユーザー
  サービス使えない      →気づかない

・Doctor Project
 まの
 通知
   アクションは上位に任せる

・成果
 デザイン
 OPNFVいれなくても使える
 デモ:YouTubeにあがっている

・要件
 リソースの状態
 すぐに通知
 モニタリングの機構
 こリレーション

・機能足りない:OpenStack
  イベントドリブンで動くようにする

・Doctorブループリントつ in OpenStack

・関連するOpenStackの動き
 Admin API
 違うバージョンのNOVA
 テレメトリ情報をDBへ
  テレめとりがイベントベースに
 せーろメーター/Aodh-イベントアラーム
・Nova-フォースダウンを提案

・Doctorインテグレーション
 インストールのインテグレーションしている
 リリース:改善されている→リリースマネージャー

・Doctor CI Job
 
・テスティングツールのえんハンスメント
 大規模デモテストできるように
 admin出ない人が見れないチェック
 Profiler
 Doctor Status:大体終わってきている(やりのこしているものもある)

・障害通知→メンテナンスで使える
 ビデオ見れる(wikiにいけば)
 Novaのタグ機能つかっている
 リタイヤメント

■NFVアプリケーションをOpenStackで動かすために
・NECがんばってるよTime!
・NFV概要(NFVとは)
 専用のファームの世界観から→仮想化されたネットワーク機能(VNF)

NFVの課題
・キャリアグレード品質
 下回り:壊れないハードウェア
 またがったことによる問題
 ハード障害が見えなくなる→切り替えどうする!
 SCTP:経路も含めた冗長
・NECのNFV基盤に対する取組
 2012年から
  OpenStackあったが、当時要件を満たせなかった
  世界初vEPC商用稼働:独自基盤で
  ETSI(えっちー)NFV→OpenStackが標準に
   →IceHouseを使うものの・・・
  RedHatと協業→OpenStack利用
   NECCSを発表

独自基盤時代
・VNFに必要な要件を実装
・OpenStack Controller相当の機能実装
・ComputeServerでの機能実装
  DPDK-VS
  リソース優先制御
  KVMモニタリング
  HW障害通知
・NFVI施策:リソース優先制御
  施策1:CPUリソース優先制御:NICE値を変える
   →だれがどうスケジューリングする?
  施策2:ネットワークIO優先
  施策3:ディスクIO優先
 NW性能向上:DPDK-VS、DPDK-VxLAN

OpenStack改造時代
・ETSI NFV
 どうやらVIMはOpenStackがデファクトスタンダードらしい
 RedHatと提携、Communityでの機能実装を促進→kiloで
 RedHat社と共同でOpenStackのキャリアグレード
 プラグイン:作りこみ大部分 拡張性ボロボロ
   →自前で作った
・HW構成を意識した配置
 SR-IOV
 EPT Hugepage
 性能比較:

・OpenStack利用時代:今どうしてる
 VNFを動かすためのOpenStack機能はおおむね実装完了
  →パラメータチューニング
  ヒーリング:できるだけ最大で動けるように
  OpenStack以外の基盤コンポーネントの効率的な構築
  運用改善

・現在の営み
 AIを活用し、NFV化による解析煩雑性を解消

 人のせいにしたい世界観→ログとログの関係
 リアクションマニュアル→次のバージョン→一生慣れない

■OpenStackを利用したNFVの商用化
・自己紹介
・ネットワーク仮想化のメリット
 つながりやすさ
 信頼性
 
 すらいどしぇあみてね

2.商用化の取り組み
 ドコモの取り組み
  2005ねんよりネットワーク仮想化
  ETSI NFV 
    まの:ぜんたい
    OpenStack,KVM
 対象とするキャリア向けVNF
  リアルタイム処理思考
  高いネットワークI/O
  VNFのVNFcレベルでHA・FailOver
    L2/L3レベルでのHA機能

 テレコム向けVNFの特徴
  1機能=3~VNF→50VMとか必要になる

  動かす:1000VM?もっと?

  ネットワーク複雑
   VNFの更新:ここでおかしくなる
    1個でも失敗するとロールバック:ロングトランザクション

・VNFの高い性能要件を満たすために
 仮想CPUはオーバーコミットしない
 仮想メモリーはオーバーコミットしない
 DVS-DPDK
 SR-IOV

・SR-IOVの活用
 SR^IOVとvSWの使いところ
  仮想NICなど、SR-IOVの制約
  SR-IOVの中身
   L2,L3SW

・実際は?
 基盤ベンダとVM側のドライバーが違い、大変
 パケットがドロップ
 切り分けはほぼ不可能
  オフロード機能

・HW差分を隠ぺいしたうえでサーバー内部構成を意識
 DPDK OVSの性能のためにCPU SockettoNICを考慮
 OpenStack活用+SR-IOV、ホスト設計差分による課題
 論理識別子の命名方法の工夫による解決
 識別の工夫による結果

・ヒーリング
 ATCA時代:壊れたときにダウンさせる(中途半端にしない)
 方法
  オートヒーリング
   VNFM
   VIM
  マニュアルヒーリング

 オートヒーリングの動作

 キャリアネットワーク関連からの解決法
  障害情報の正規化
  Fencing機能
  作業自動化

 ハードウェア差分をなくすための障害情報の統一化

 OPNFV Doctor

・今後
 コアネットワークの進化
 仮想化進める
 5G時代の新たなビジネスを実現するネットワークの発展

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OracleのAI(やって... | トップ | 工事進行基準は廃止、受託ソ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事