見上げてごらん青い空を

バイク アウトドア カヌー 写真 登山 キャンプ 日々についてのつぶやき、ひとりごと 

FJR1300(2013)のハンドル位置調整

2015年03月28日 | FJR1300

ハンドル位置が3段階に調整できるとカタログにも書かれていますが、取扱説明書には「販売店で行ってください」と書かれているだけで、ハンドル位置の調整をどうするのか手順は書かれていませんでした。

でも、購入時に一番奥にしてもらったのが、少し遠くて体制がよくありませんでした。

なんとか手前に移動したい。

そこで、カバーで覆われた部分を開けてみることにしました。

 

カバーは六角レンチでネジを緩めます。

何ミリの六角レンチか忘れてしまいましたが、かなり細い六角レンチです。

 

カバーを開けた状態がこちら。

ハンドルバーを外すのに必要なのは6mmの六角レンチと17mmのボックスレンチです。

六角レンチは通常のL字型のものでもできなくはないと思いますが、より確実に固定するにはラチェットレンチの6mmヘキサゴンレンチを購入されることをお勧めします。

 

そして、どうしても必要なものはこちら。

KTC 9.5sq.ディープソケット(六角)17mm B3L17
 

京都機械工具

これがなければハンドルのボルトを外すことはできません。

KTCの工具ではありませんが、少し長めのものを購入してきました。

値段はともかく使えればなんでもいいですね。

 

そしてハンドルを外した状態がこちら。

3段階というのはハンドル側の2本の突起をトップブリッジ側の穴にはめてボルトを締めるだけです。

しかし、この突起がなかなか入らないのです。

根気よく続けましょう。

 

そうして、やっと中間位置の穴にはめることができました。

 ほんの数ミリ程度のことですが、運転のしやすさは激変しました。

 

最後に六角レンチのラチェット用ヘキサゴンソケットをご紹介します。

今まで、これは必要無いかと思っていましたが、今回は特に力をかけて締め上げる部分だったために、力のかけ方がコントロールできるこのソケットを購入してきました。

とっても便利ですよ。

早く買わなかったのが残念です。

 

ポジションというのは難しですね。

バイクのライディングポジションで一番難しいのはハンドルと聞いたことがありますが、ほんの少しの位置変更で乗りやすさが激変するのには

驚きました。

試してみる価値ありですよ。

 

 

KTC ショートヘキサゴンソケット BT3-06S-S
クリエーター情報なし
京都機械工具
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大腸検査に行ってきました。 | トップ | 三気ラーメン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

FJR1300」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事