見上げてごらん青い空を

バイク アウトドア カヌー 写真 登山 キャンプ 日々についてのつぶやき、ひとりごと 

ライダー用レーダー探知機Z320Bを購入しました。

2015年04月05日 | バイク

正月にナップスで安売りしていて気になっていたのですが、正月には買うに至らず、春のセールをしている

ナップスでまた安売りされていましたがやっぱり買うに至らず、先日のツーリングで高速を走っているときに

突然オービスが見えて驚き「やっぱり必要か・・・」と保険と考えて購入してきました。

こちらです。

立派な箱に入っています。

 

内容物はこちら。

本体、電源コード、有線スピーカー、取り扱い説明書と取り付けのネジです。

 

このレーダー探知機はバイク用の中では最高峰といってもいいと思いますが、なぜかナップスでも限定3個がなかなか売れない。

レビューの数も少ない。

何が問題なのか、私なりに分析してみました。

 

1、価格が高い。

 確かにAmazonでも3万5千円ほどします。

 ちなみにナップスの安売りでは22660円(税抜き)でした。

 余談ですが、今日は10%オフデーなのでさらに10%やすく買えました。

 

 でも、高いというのは、本体の価格だけではないんです。内容物をみると分かりますが、取り付け具は一切入っていません。

 タンクバックに入れて使うならOKですが。。。

 別売りでサインハウスさんの取り付け器具を購入して使うのが良さそうですが、これがかなりの値段します。

 なんだかんだで4万5千円も払ったという話も聞いたことがありますので、確かに安くはないです。

 

2、bluetoothが使いづらい

 有線スピーカーは付いていますが、今時はBluetoothでインカムに飛ばすなんてことが当たり前にできる時代です。

 が!!!

 私のようにFMラジオを聴きながら、インカムで話をしながら、携帯の音楽を聴きながら走るなんて目的でインカムを購入

 されている方が多いと思うんです。

 しかし、このレーダー探知機はA2DPという規格の為、インカムでラジオや通話と音楽などを聴きながら、バックグランド

 でアナウンスを聞くことができないインカムがほとんどなのです。

 それでもディスプレイが付いているからいいという妥協ができる人や、レーダーのアナウンスだけを聞く人は購入されて

 いるのだと思います。

 

そんなネックがあるから、売りにくいんじゃないかと思います。

当然、私もこの問題に気づき、購入をためらった一人ではありますが、いずれの問題も解決できる対応を考えております。

まだ使えるようになったわけではないので、後日詳細のご報告をさせていただきます。

  インカムとの接続は4月24日のブログ「ライダー用レーダー探知機Z320Bを購入しました。(Bluetooth受信編)」でご紹介しています。 

  FJR1300への取り付けは4月26日のブログ「ライダー用レーダー探知機Z320Bを購入しました。(取り付け編)」でご紹介しています。

 

話は変わりますが、車にもバイクにもレーダー探知機をつけていませんでした。

ガンガン飛ばす方ではありませんし、注意もしているつもりですが、それでもいつ取り締まりに遭遇するかわかりません。

レーダー探知機をつけていてもダメかもしれませんが、一度取り締まりに遭うとこの探知機の値段は取り戻してしまうので

はないかと思います。

しかし、今時のレーダーにはほとんど効かないという話もあるので、しばらく使ってみたいと思います。

 

YUPITERU(ユピテル) Z320B ライダー専用ディスプレイ搭載レーダー探知機
xjumg−22
YUPITERU(ユピテル)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 洒落たトイレの定食屋 | トップ | PM2.5の影響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バイク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事