『蜻蛉洲大和の国のサンライズタイム』ー外国人参政権反対、移民政策反対、背乗り工作反対!盗聴・盗撮は日本では犯罪です!ー

キラキラネームは日本の漢字文化を破壊するための、カルトの工作活動です!公務員の国籍条項と外国人土地法の復活求む!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北京で黄色の安全警報発令(二)

2015年12月25日 22時17分22秒 | 日記
以下は、12月24日の北京三里屯です。記事は「新華網」から。

『北京クリスマス期間に警備を増強 雪豹突撃隊が三里屯で職務執行(北京圣诞节期间强安保 雪豹突击队在三里屯执勤)』

2015年12月24日 16:06:50


年末、祝祭日が近づくにつれて、ショッピングセンターでの販売促進・祝賀や娯楽等の活動が次第に増え、ショッピングモールやマーケット・公共の娯楽・飲食店やホテル等の場所では人の流れが大幅に増加する。北京警察は様々な対策を実施し、全市の大・中型ショッピングモールやスーパーで黄色等級の警報を発令し、全力で各項目の安全保障活動を行い、社会の良好な秩序を確保する。


北京警察は、クリスマスの期間、黄色等級の警報を発令し、全力でしっかりと治安・秩序を維持する。



北京警察は様々な対策を実施する。



全市の大・中型ショッピングモールやスーパーで黄色等級の警報を発令し、全力で各項目の安全保障活動を行い、社会の良好な秩序を確保する。



ミニブログの画像から

(「新華網」『北京クリスマス期間に警備を増強 雪豹突撃隊が三里屯で職務執行(北京圣诞节期间强安保 雪豹突击队在三里屯执勤)』2015年12月24日 16:06:50 )

テロに備えていると発表があった訳ではないのですが、何も無い事を祈るばかりです。
コメント

北京で黄色の安全警報発令

2015年12月25日 22時14分41秒 | 日記
ちょっと、北京が慌ただしいようです。テロ予告でもあったのでしょうか?以下は「BBC中文」の最新記事です。因みに、中国は現在でも旧暦(農歴)を併用していますので、旧暦の年末年始の方が盛り上がります。もし、この時期に安全を脅かすような計画があったとすると、外国人が外国人を狙ったと考えるのが妥当でしょう。何も無ければよいのですが。

『多くの外国駐北京使館 クリスマス期間に三里屯の安全を警告(多个外国驻京使馆警告圣诞期间三里屯安全)』

2015年12月24日


三里屯太古坊前に現れた銃を所持した特別警察


三里屯一帯の安保対策は明らかに増強されている

北京警察の公式ミニブログ(微博)は、木曜(24)日、情報を発信し、北京警察はクリスマス期間に黄色等級の警報を発令し、全力でしっかりと治安・秩序を維持する、と発表した。

公告には、年末、祝祭日が近づくにつれて、ショッピングセンターでの販売促進・祝賀や娯楽等の活動が次第に増え、ショッピングモールやマーケット・公共の娯楽・飲食店やホテル等の場所では人の流れが大幅に増加する。北京警察は様々な対策を実施し、全市の大・中型ショッピングモールやスーパーで黄色等級の警報を発令し、全力で各項目の安全保障活動を行い、社会の良好な秩序を確保する、と発表した。

中国の関係の規定によれば、安全警報は深刻な度合いによって紅色・オレンジ・黄色と藍色の四種の等級に分かれており、その中で紅色の警報が最も深刻だ。

中国新華社の説明では、黄色の警報の情況下、60%の警察力でショッピングセンター・スーパー等の場所で、疑わしい人物・不審な物品と車両に対して安全検査を行い、同時に30分に1回、公共のゴミ箱に対して検査を行う、と述べている。

・外国使館の警報

米国と英国使館を含む若干の駐北京外国使館が木曜に、クリスマスの当日、或いはその前後、北京三里屯の付近で、西方の人間に対する襲撃が発生する可能性があると警告を発し、彼等がそれぞれの国家の公民が“警戒を高め”るよう勧めた。

米大使館は、米国使館が受け取った情報に、クリスマス当日、或いは、その前後、北京の三里屯地区で、恐らく西方の人々に対する脅威が出現するだろう、とあった。米国公民は、高度な警戒を保つよう極めて強く勧める。米国使館は既に米政府職員に対して、同様の建議を発布した、と発表した。

米国駐華大使館は、脅威に関する詳細な情報を公表していない。

英国大使館も、基本的に同じ内容の警告を公表し、英国公民が関係の地点で、高度な警戒を保つよう注意を促した。

これとやや矛盾があるのは、中国広州の公安部門が、その公式ミニブログ(微博)上で“デマを打ち消し”ており、ネット上の個別のユーザーが撒き散らしている所謂“暴力テロ分子がクリスマス期間中に、中国大陸に対して、一連のテロ襲撃を発動するだろう”等の情報に対して、事実を確かめたが、広州警察は暫く手がかりを取得しておらず、その方面の警告を発表してもいない、と発表した。警察側は、更に市民がデマを信じず、デマを流さないよう促している。

米国駐華使館は、2015年の中国の春節期間にも、国民に雲南省昆明に旅行する時には、くれぐれも注意をするよう提案している。

・現場の雰囲気


北京警察は三里屯区域にバリケードを設置した



BBC中文の北京駐在員の観察によれば、北京の大使館区域は、平時に比べて武装警察が多い。

中国共青団北京市委の管轄である《法制晩報》サイトは、木曜午後に速報を出し、当日朝から、三里屯周辺には既に警察が配置されている、と発表した。

《法晩》の報道では、木曜10時頃、記者は工人体育場北路で、特警の特種車輌が交差点に停まっているのを見た。午後、記者が再び三里屯に来ると、三両の雪豹突撃隊のハマー(Hummer)特種車輌が現場に駆けつけ、臨時の職務執行地点を設立し、銃を所持した武警がいるのを見た。この他、アンテナのある白い線の描かれたワゴンが、旁らに停車していた。

報道によれば、これ以前に設置した三里屯太古里(210以上の店舗と映画館、駐車場を備えた複合施設)内の多くのゴミ箱も、全て撤去された。

速報は、当日16時頃までに、三里屯の飲み屋街では道路封鎖が始まった、と報じている。」(「BBC中文」『多くの外国駐北京使館 クリスマス期間に三里屯の安全を警告(多个外国驻京使馆警告圣诞期间三里屯安全)』2015年12月24日)
コメント

漢字の話(看板に簡体字はいらない,その2)

2015年12月13日 01時48分04秒 | 日記
・2015年1月~10月の訪日外国人

今年の2015年の1月~10月までの訪日外客総数は、1631万人に達し過去最高だそうです。その中で、大陸からの来日者数は、台湾を抜いて第1位の4,283,700人、台湾は3,114,800人、香港からは大幅に伸びて1,236,100人でした。

旅行客が伸びた理由としては、

*大陸
リピーターを中心とした個人旅行客の増加・円安や消費税免税制度の拡充による買い物人気・主要都市での共同広告や微博/微信での訪日プロモーション。昨年は12隻であったクルーズ船寄港が46隻に増え、航空便も羽田-広州線や成田/関西-成都線の就航、既存路線が増便された。

*台湾
航空路線の拡充(451 便→551 便/週)等が需要を後押し。紅葉等を目的とするチャーター便就航に合わせた共同広告事業など、時宜を得た訪日プロモーションにより、台湾南部発の需要も拡大しつつある。北海道や立山黒部、東北の紅葉観賞が人気で、9月上旬時点で定員の9 割が予約済となった旅行会社もあった。

*香港
円安やLCC 増便による訪日の割安感の浸透、紅葉観賞の人気により好調に伸びた。旅行会社15 社と連携し、四国・中部・北陸の共同広告事業も奏功。大手旅行会社による札幌や米子へのチャーター便運航に加え、香港ドラゴン航空(8/16~)に続いて香港エクスプレス航空も広島-香港線を開設(10/27~)するなど地方路線も活況を呈している。(「日本政府観光局(JNTO)」より)


関係機関の努力の賜の来客数ですが、但し、大陸と香港からの旅行客が増えた理由としては、東京五輪を前に、不動産の購入のために物件を探しに来ている中国人も多いのだろうと思います。私は、中国人が日本の物件を買う条件は、日本人が中国の物件を買う条件と同等でなければならないと思っています。大陸で日本人が不動産を自由に買えない以上は、日本は中国人の土地の購入、特に水源や資源のある場所・軍事施設等々の付近の購入は、規制を掛けるべきであると思います。


・やはり繁体字圏からの訪日が最多

さて、上記の数字から、繁体字を使う台湾・香港からの観光客と、簡体字を使う大陸からの観光客は次の様になります。

繁体字を使う訪日客=4,350,900人
簡体字を使う訪日客=4,283,700人

まだまだ繁体字を使う旅行客の方が多そうです。


・東京五輪は簡体字をばらまく好機ではない

ところで、この三つの地域の人口は、中華人民共和国が13.5億人なのに対して、台湾は2346万人、香港は719万人です。台湾や香港に感謝をするためにも、、或いは、妙な誤解を生まないためにも、日本中にばらまかれている簡体字は撤去しましょう。

海外からの旅行客は、日本情緒を味わうために来るわけですから、旅情が削がれる事のないように日本語の表記を重点的に、どーしても必要な時に英語・フランス語の表示をするだけで充分であると思います。

折角の東京五輪です。簡体字をばらまく好機とするのではなく、これを機会に外国人に「日本語」を知ってもらいましょう。
コメント

漢字の話(看板に簡体字はいらない)

2015年12月11日 01時03分45秒 | 日記
2020年の東京五輪が決定した事を理由に、駅を始め東京都内の至る所に、中韓の文字表記が増えましたが、これはおかしな事だと言わざるを得ません。

・問題の所在

そもそも、世界で最も影響力のある言語は英語です。だから、都内に英語の表記があるのは当然です。一方、中国語は世界的に影響力のある言語ではありますが、中国と日本は同じ漢字文化圏にあります。日本語の漢字表記を殆どの中国人は理解できますから、態々簡体字や繁体字を使う必要はありません。

特に問題なのは、大陸では簡体字、台湾や香港では繁体字が使われており、文字としては繁体字が正字であるにも関わらず、簡体字が溢れている事です。訪日外国人の中で、2012年以降は台湾が大陸を抜き、2014年では訪日外国人の中で台湾が第1位であるにも関わらずです。

2014年の訪日外国人の中で、大陸からの観光客は2,409,158人、それに対して台湾は2,829,821人、同じく繁体字を使う香港からの訪日人数は925,975人です。繁体字を使う台湾・香港からの観光客と、簡体字を使う大陸からの観光客は次の様になります。

繁体字を使う訪日客=3,755,796人
簡体字を使う訪日客=2,409,158人

繁体字を使う訪日客の方が134万人以上も多い事が分かります。それなのに簡体字があふれているのは、どういう事なのでしょう?

・工作活動?

簡体字の表記が溢れている事は、日本と大陸との関係が強い事を示しています。柔らかな台湾独立の否定です。

これは、看板の表記に政治的な意味合いを持ち込む事であり、観光立国と言いながら、世界第1位の台湾からの旅行客に失礼であり、また、地域や企業が、台湾独立を否定するような政治的な判断をしている事でもあります。

更に、暗に日本の世論を誘導する行為であり、訪日する外国人に簡体字を通して、日本の姿勢を知らしめる行為でもあります。おかしな事と言わざるを得ません。

・2020年の五輪を機会に日本語を広めましょう

ところで、世界で二番目に影響力のある言語は、国連や欧州連合での公用語として使われているフランス語です。東京の駅や街中の看板表示の目的が、国際都市としての存在感を示す事にあるならば、そこに使われる言語は、日本語・英語、或いは、日本語・英語・フランス語であるべきです。

折角、東京五輪が開かれるのですから、この機会に外国人観光客に日本語に興味を持って貰う事は、意義のある事と思います。そのためにも、駅や交通機関、その他の表記は、英語・日本語、どーしても必要な場合のみフランス語で充分であると思います。

ところで、何処の国のお手洗いだと思います?

フジテレビ内球体近くのお手洗いだそうです。
コメント

取り敢えず、中林には先ず本人に確認しろと教えてやってください

2015年12月10日 03時03分11秒 | 日記
不思議ですよね、
指導教官でも何でもないのに、
私に何の確認もなく、
何を振り回しているんでしょう?
何処から持ってきたんでしょう?

何の確認もなく、平気で人の名前を騙るのって、
どういう人なんでしょう?

そうそう、土田さんも、爆笑さんも、国分さんも、
番組の始まる前にはトイレに行った方がいいですよ。

それにしても、検事とか警官が口が軽いってどうなんでしょう?

皆さん、くだらなくて、しつこくて、低級で時間の無駄です。
四の五の言う前に、私に見せろと教えてやってください。
コメント

EC大手アリババの光と影(虚偽の繁栄)

2015年12月07日 01時15分16秒 | 日記
・羊頭狗肉

山東省の曲阜には、「三孔」という孔子ゆかりの名所がある。「孔子廟」「孔府」「孔林」の三つの史跡だ。「孔子廟」は孔子をお祭りしたお廟で、「孔府」は孔家代々の直系が住んでいた邸宅、「孔林」は墓地で、広大な敷地に孔家の墓が散らばっている。奥の方には孔子の墓だという土まんじゅうもある。文革の頃に孔子の墓は一度曝かれた事があったらしく、中国にいた頃に、孔子の墓を掘るのに立ち会ったという人物の所に行って「中には何がありました?」と聞いたら、「何も無かった」と答えた。それを聞いて少しがっかりした。

「孔子廟」は紫禁城のミニチュア版のような建築物で、ここでは、毎年8月(だったと思う)に「釈奠(せきてん)」と言う孔子のお祭りが行われる。中国にいるうちにできるだけ見ておきたかったので、祭も含めて何度も見に行った。釈奠は、孔子廟の前に牛・豚・羊をお供えする祭りを行い、京劇のちょっと孫悟空の衣装に似た服に身を包んだ百人ほどが同じ動きで踊るのだが、一人一人の帽子の先だったか杖の先だったかに長い根がついていて、それが動く度にひらひら翻って綺麗だった。主催者の話では「八佾(はちいつ)の舞」という事だった。確か、孔子が無礼で我慢できないと怒っていた舞だと思って可笑しかった。韓国からの留学生は、中国では、「釈奠」は一度絶えてしまって、復活させるのに韓国の資料を使ったのだと自慢げに言うので、日本にも「孔子廟」はある。曲阜の孔子廟で見る事に意義があるのだ、と思いはしたが口には出さなかった。

「孔廟」と「孔府」は隣り合っていたと思う。孔子の子孫が代々住んだという「孔府」を見学して出てくると、表には露天が広がって買い物客で一杯だった。「三孔」に因んだ土産物を扱う所もあったが、髪留めなどの日用雑貨、串焼き、棗の飴がけや胡瓜やトマト、小ぶりの大根の皮をバナナのように剝いた物を、歩きながら食べている人もいた。

93年の秋の事だったと思う。「孔府」の紅い壁に沿って、竹を組んで作った高い物干しのような物が並んでおり、そこにハンガーに掛けられたTシャツが、三段か四段にびっしりと吊り下がって、ひらひらしていた。Tシャツにはいろいろな絵柄が描かれていたが、中に、日本ではとても有名な、大中小の三匹のバケモノがプリントされたTシャツがあった。森の中に昔から住んでるというアレだ。そして横書きで「なとりのロトト」と描かれていた。これはオリジナルだろうか?史跡の感動が瞬時に消えた。


留学先の大学の購買部には、日用雑貨から食品・嗜好品と何でも揃っていて、特に飲料品が豊富だった。見た事もない缶ジュースや、「青島」よりも美味いと評判の「趵突泉(ほうとつせん)ビール」が棚一杯に並んでいた。その中に、ビールと同じビンだったと思うが、日本の某女優そっくりの人物が、黄色のドレスを着て微笑んでいるラベルがあった。ノンアルコールのシャンペンだったが、どう見ても彼女にしか見えない。それで、日本人の留学生の間では、「古手川シャンペン」と呼ばれていた。

今はどうなっているのかは分からないが、北京の三里屯(さんりとん)の通りには、縁日の屋台のような店が20m~30mほど並んでいる一画があって、露天なのに高級ブランド品のシャツやバッグ、靴などを扱っていた。どれも格安だった。売り子は、工場からの横流し品だと言う。大使館の近くなので、外国人も多い。一般の人民には少し高価な品でも、本物よりは格段に安いので、買いに来る者は多かったはずだ。売る方も買う方もそれと分かっていて買っていたと思う。

偽のガンダムやドラエもんに限らず、90年代半ばには日本の漫画の翻訳本が流通し始めていた。大学の裏通りの書店でも日本の漫画を扱いだしたが、『らんま1/2』の作者名に「鳥山明」と書かれていたりしたので、正規の本だったとは考えにくい。

多分、それ程の罪の意識もなく、著作権や版権などは思いも寄らず、おおらかで、いい加減で、必死で商売していたのだろう。《羊頭狗肉》(清の「恒言録」に登場する、羊の頭を看板にして、実は犬の肉を売る。見せかけと実物と一致しない)の例えの通り、昔から中国にはこの様な事はあるし、ひょっとすると、消費者の、似た物を持ちたいという願望に応えているのかもしれない。


・GLOBAL SHOPPING FESTIVAL

さて、今年の11月11日も、午前0時から24時間の「GLOBAL SHOPPING FESTIVAL」が開かれた。その詳細について、先ずは「蘋果即時」の記事から、

『独身節のオンラインショッピングで4600億台湾元突破 台北101の50年の営業額(光棍節網購破4600億 101樓50年營業額)』

2015年11月12日01:46



中国「光棍節」双11買い物カーニバルが昨日開かれ、消費者をオンラインショッピングに誘った。電商取り引きの最大手アリババ旗下の天猫商城の即時データによれば、昨夜午前0時、買い物節の開始直後、僅か18秒で取引額は1億人民元(約5.1億台湾元)を突破し、半日に満たずに昨年の双11一日の取り引き記録を突破し、本日午前0時、912.17億人民元(約4684台湾元)を突破した。しかも、台湾は海外地域の販売順位で第三位だった、もっとも未だ金額は発表されていないが。

購買意欲を高めるために、アリババは特に北京のウォーターキューブで「天猫双11カーニバル」を催し,招待した芸能人の演技、及び、《007》シリーズの主演俳優ダニエルクレイグも登場した。昨夜午前に買い物節が始まるや、18秒で5.1億台湾元(以下は全て台湾元)を突破し、1分12秒で51億元を超え、12分28秒で約510億元に到達し、昨日正午頃には2900億元を越えて、昨年、丸一日の記録を突破した。

天猫の主な競争相手である京東商城は、昨日午後5時に、注文が2000万件を超えた。《博聞社》は、昨晩9時、各オンラインショッピング会社の取り引き金額が累計5100億元を突破した、これは台北101の50年間の営業額に相当する、と指摘した。今年は、全世界から約4万の企業がオンラインショッピング競争に参加し、買い物節では多くの記録を打ち立てた、一斉にオンラインで購入した人数は最高4500万人に達し、携帯の注文率は9割を越えた。

多くの企業は「五割引」「秒殺」「年最低価格」等の決まり文句を叫んだが、しかし、中国経済網の記者は、淘宝・天猫等のショッピングサイトの125件の商品に対して調査し、実際に正真正銘価格が下がった商品は60%に満たず、更に2.4%の商品が値上がりしていた事を発見し、ショップシーズンでの、恐らく消費者の想像もしないこれらの割引を指摘した。

買い物の項目から見ると、中国人が最も欲しい海外の商品は粉ミルク・メンズファッションで一番人気のブランドはUNIQLO・最もビキニが好きな都市は成都・20~29歳の消費者は最もレギンスを購入し・天猫で最も売れた本は《中華人民共和国安全生産法》・最もアクネ製品が売れた地区は上海だった。海外の販売地域の順位では香港・米国・台湾・マカオ及びオーストラリアだった。」(「蘋果即時」『独身節のオンラインショッピングで4600億台湾元突破 台北101の50年の営業額(光棍節網購破4600億 101樓50年營業額)』2015年11月12日01:46)

粉ミルクやUNIQLOだけで101の50年分の売り上げになるはずはない。真偽の程は定かではないが、マイケルジャクソンの邸宅も売りに出されたという。ただ、1元19円として考えると、912億元は1兆7328億円だ。そんな取り引きが、1日で成立する物だろうか?

例えば、ネット上に二つのショップがあったとする。二つの店は同じ商品を扱っている。ところが、一つの店は、非常に売れていて販売後の評価も高いのに、もう一つの店は、あまり商品は動かず評価もない。その場合、消費者は、商品の販売が多く、評価も高い方を選ぶに違いない。では、もし、あるショップが、ネット上で目立つために、人を雇って販売量や評価を故意に操作していたとしたらどうだろう。偽の評価と模造品の販売、その結果がどうなるかと言えば、以下は昨年の「華訊財経」ネットの記事だ。


『天猫双11“偽りの繁栄”:返品率急上昇 64%に到達(天猫双11“虚假繁荣”:退货率飙升 最高达64%)』

2014年12月23日15:43:40


「アリババがニューヨーク証券取引所に上場を果たした最初の“双11”で、一日で571.12億元(約1兆円)の取り引き額を打ち立てた、しかし、この驚嘆すべき数字の背後には、隠された秘密がある。一部の“双11”の活動で、売上高リストの上位を占めるブランドが、最近一ヶ月の返金率が業界の平均値を遥かに超えており、中でも韓都衣舎とJACK&JONESの二つは、それぞれ婦人服と紳士服で取り引き額第一位のブランドだが、返金率は64.09%と38.25%に達している。また、家電類では取り引き額の第一位はハイアールだが、最近30日のクレーム率は54.20%にも上る。

下がらない返品率に加えて消費を促す値下げは、総利益率の低下を招き、企業は双11の繁栄の中で、利潤を上げるのは更に困難となる。

しかも、更にデータを分析して分かった事は、公式発表になった返品の三大原因以外に、更に大量の比率を占める返品については原因不明で、中でも小米公司の数値が最も高く、七割に及ぶ勢いだ。

天猫双11の売り上げ上位10位の返品及びクレームの統計表


・双11後の返品率急上昇:偽りの繁栄か?

天猫は双11プロモ-ションで571.12億元を売り上げ、電子商取引の威力を再び発揮させた。もっとも、双11が過ぎて一ヶ月あまり、数年来、双11で毎年出ていた後遺症が現れ始めた、つまり返品率が急上昇し始めたのだ、もっとも今年の最高額はこれまでよりも遥かに高く、明らかに、この電商取り引きの饗宴の背後に、一種の虚偽の繁栄の兆しが隠れている事を示していた。

天猫が公表した今年の双11活動の取引額上位十位のリストで調べたところ、今年2.79億元の取引額で、双11取引額第六位の婦人服ブランド韓都衣舎の、最近30日の返品率は64.09%に達し、また、その後にピタリと続く順序第七位の紳士服ブランドJACK&JONESの、最近30日の返品率は、38.25%に達する事が分かった。

天猫のウェブサイト上には同時に、この二つのブランドの属する服飾業界の返品率が業界平均10.09%であり、この二つのブランドの返品率は、それぞれ業界の平均値の5倍と2.5倍を越えている事が示されていた。

他に、ある媒体は、2012年の双11後、一部の企業の返品率は36%に達し、その中で衣類の返品率は20%前後だった、2013年の媒体の報道では、一部の企業の返品率は25%で、最高では40%にも達した、と報じた。

淘宝総裁の張建鋒は、今月初め媒体の取材を受けた時、淘宝双11の返品率の問題に答えて、彼は、2014年双11淘宝の返品率は必ず一ケタで、十ケタではない、と予測した。

網易財経は、いまだ韓都衣舎やJACK&JONESのブランドを所有している綾致時装に連絡をしてコメントを取ってはいない。

・服飾類返品の最大災害区に存在する多数の原因

網易財経は、天猫の統計の数字は、服飾類が返品の最大災害区でると示している、と。

12月23日0:20までに、韓都衣舎のここ30日の返品率は64.09% 、返品数は18万回を越えた。ユニクロは返品率が19.12%で決して高くはないが、しかし、返品数はなお高く、175565件に達し、JACK&JONES旗艦店の最近30日の返品率は38.25%・返品は65947件に達っしている。

この統計表の中で、小米は払い戻し率は高くはなく僅か7.36%だが、しかし払い戻しの数は74991件に達しており、第三位だ。

やや高い返品率が出現した原因について、天猫公式サイトの統計は、品質問題による払い戻し・商品を受け取らずに払い戻し・購入者が理由も無く払い戻しの三つの原因の払い戻しを挙げる。もっともこれ以外に、なお、やや大きな割合の数字が、公式発表の原因の中に入っていない。

韓都衣舎を例に挙げると、最近30日の総払い戻し件数は180681件、その中で品質問題での払い戻しが2752件、商品を受け取らずに払い戻しが9982件、購入者が理由もなく払い戻した物が101783件で、この三つの原因の合計が114517件。この三種の原因に属さない払い戻し件数が66164件で、36.6%を占めている。

情報・通信業(スマートフォン等)を主な産業としている小米公司は、この統計表では更に明らかで、最近30日の払い戻しが74991件、上述の三種の原因に属する物は僅かに22600件で、三種の原因に属さずに払い戻しとなった件数は52391件で、比率は更に高く69.86%を占めている。

返品率の急上昇する原因について、市場に多く流れる噂は、販売店の※架空投稿によって起こると言う物だが、この原因については今に至るまで実証されていない。

※原文は「刷単」IT用語。「刷」は更新、「単」は注文票。架空購入・不正レビュー等の手口で、販売量やショップの信用を高める詐欺の一種。空売り空買い、実際の購買の必要は無い。ネットの商品は販売量や購入者の評価によって順位が決まる。販売量や消費者の書き込む評価が上位である事だけが、商品の人気と店舗の流量を上げる事ができる。そこで、「刷単」をしなければ、数千万のネットショップの中に埋没してしまうという理由から行われる。例えば、購入者が商品を購入して支払いをする。販売者は偽物を配送する。購入者は署名・捺印して評価を書き込む。プロセスは正常な購買と同じなので、発覚しにくい。

ある淘宝の販売業者が記者に対して、購買送料保険は、返品時に購入者は返品送料を負担する必要が無いから、返品率は増加するのだ、と述べた。関係の資料には、返品送料保険は2010年に正式に淘宝網に登場した、消費者が注文時に0.5~1元の保険を支払うと、返品が発生した時に保険金5~10元の流通費用を保障する、と明らかに示している。返品送料保険の登場は、オンラインショップの購入者に一つの保障を増やしたが、しかし、販売店は悲鳴をあげる暇もなくなった。ある販売店は、返品送料保険は取り引きの度に販売店が代金を支払うので、販売店にとっては大きな負担だ、と述べた。

・返品の影響:企業の利益率は低下し、宅配業界の負担は増大

双11フェスティバルの後、大量の返品も深刻な影響を及ぼしている。

ある東莞(とうかん)の販売店は網易財経に対して、一部の返品は割引して処理されたので、各企業の利益率に影響を与えた。直接の損失としては、既に郵送、或いは、配送した商品の分の、少なくとも送料・梱包費用と人件費を失った、と述べた。

本来、双11の活動中、大部分のショップの販売価格は平時よりも低く、加えて大量の貯蔵・スタッフの残業等の費用、企業が双11の“繁栄”の中で利益を得るのは困難に満ちている。

更に、双11の膨大な出荷と返品の配送量も、薄利時代の宅配会社の仕事を増加させる。広州市天河区及び大片区の宅配の配送員によれば、双11後、当該区域の配送量は平時の約三割増で、その中の大部分がネットショッピングの返品だった、と述べた。

中国郵政データメディアセンターによれば、今年の11月11日~16日までの六日間、宅配業者は合計5.4億件の速達を処理したが、昨年同時期に比較して56%増、一日の最多処理数は1.026億件にのぼり、昨年同時期に比較して57.8%増、本年の通常の処理能力の3.1倍だった。」(「蘋果即時」『独身節のオンラインショッピングで4600億台湾元突破 台北101の50年の営業額(光棍節網購破4600億 101樓50年營業額)』2015年11月12日01:46)

これは昨年の記事だが、派手な演出とは裏腹に、今年も双11が始まると同時に株価は下がり始めた。

次は台湾「東森新聞」の記事だ。

『光棍節で大儲け アリババの取引額912億元越え(光棍節賺很大 阿里巴巴交易額破912億人民幣)』

2015/11/12 下午 02:10:10

昨日は大陸の光棍節です、アリババも「双十一買い物節」を打ち出し、取り引き額は台湾元4千6百億を超えて、再び記録を更新しました。グループ主席馬雲は、これも彼の想定内の事だ、と述べました。統計によれば、購入順位第一位は広州、台湾は海外順位の第四位、もっとも、今年の取り引き額は60%増でしたが、投資家はありがたく思わなかったようで、アリババの株価は下がり、一時3%まで下落しました。

大陸の双十一光棍節で、24時間熾烈な戦いを繰り広げたアリババの天猫は、一日の取り引き額が912.17億人民元に達しました、台湾元に換算すると約4千6百億元、昨年の双十一の業績に比較して60%増です。この驚くべき販売金額に、馬雲は落ち着いた様子で、一切は想定の範囲内だ、と述べました。取り引き量は奇蹟を紡ぎ、ニューヨーク株式市場で取り引き開始の鐘を鳴らす儀式が行われると、アリババの株価は振るわず、開始直後から下がり始め、一時は78米ドルに接近し、取り引きは終了しました。アリババ株は79.8ドルに下落、下げ幅1.94ドル、投資家はアリババに一発お見舞いしました、恐らく偽物のイメージが悪かった事と、この業績が良すぎる事を疑われたのでしょう。専門のバイヤーが裏で注文しているのか、全く商品が買えない、加えてサイトは大混雑、民衆の不満の声は四方から聞こえます。

もっともアリババのこの一戦は、それでも多くの購入者に(これ以上浪費しないためにクリックできないように自分の)手を切り落とそうと考えさせました、浪費家の順位第一位は広州、二位が浙江、三位が江蘇、

今年は更に、海外族で台湾が四位に入っています。1111の波はオーストラリアの市場にも押し寄せ、空の棚を見て店側が購入制限の張り紙をしても後の祭り、大陸の代理購入業者が、棚の粉ミルクを総ざらい、双十一に大儲けしようとして、オーストラリアのママ達を激怒させてしまいました。」(「東森新聞」『光棍節で大儲け アリババの取引額912億元越え(光棍節賺很大 阿里巴巴交易額破912億人民幣)』2015/11/12 下午02:10:10)

あと一回続きます。
コメント

12月には何かが動く

2015年12月02日 23時17分46秒 | 日記
・2013年11月9日~12日まで、十八期三中全会が開かれた。

2013年12月初旬、周永康が中南海で秘密裏に身柄を拘束された。

12月20日、中央紀律検査委員会監察部は、公安部党委副書記・副部長※李東生は深刻な規律違反の疑いで調査を受けていると発表した。

※李東生は中央電視台のアンカー賈暁(かぎょうよう)を周永康に紹介した人物で、その後、賈暁は周永康の妻となった。この一件で周永康の覚えがめでたくなった李東生は、その後、公安部に引き上げられた。

・2014年10月20日~23日まで、十八期四中全会が開かれた。

2014年12月5日、中央政治局会議は中央紀律委の《周永康の深刻な規律違反事案に関する審査報告》を審議・通過させ、《中国共産党紀律処分条例》の関係の規定によって、周永康の党籍を剥奪し、身柄を司法機関に移送して処分する事を決定した。

12月22日、中国人民政治協商会議第十二期全国委員会副主席・中共中央統戦部部長令計画が、深刻な紀律違反の疑いで調査を受けていると報じられた。

・2015年10月26日~29日まで、十八期五中全会が開かれた。

さて、今月は何が起きるだろう?

次回は、双11に戻ります。
コメント