『蜻蛉洲大和の国のサンライズタイム』ー外国人参政権反対、移民政策反対、背乗り工作反対!盗聴・盗撮は日本では犯罪です!ー

キラキラネームは日本の漢字文化を破壊するための、カルトの工作活動です!公務員の国籍条項と外国人土地法の復活求む!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

九寨溝(おまけ)

2017年08月12日 19時51分44秒 | 日記
私は90年代の半ばに、九寨溝を旅しました。

寨(さい)は、この場合は「村」の意、溝(こう)は、この場合は「谷間」の意です。九つの(チベット族の)村のある谷間、という意味です。

以下は、「東遊記」という八人の仙人が出て来る連続ドラマで、内容はちょっと「西遊記」と「ドラゴンボール」に恋愛を足したような内容ですが、仙界の雰囲気を出すために、「九寨溝」でロケが行われました。背景の滝や湖は、震災前の九寨溝の名所です。特に滝がカーテンの様に流れている場面がありますが、たぶん「若日郎瀑布」だと思います。お楽しみ下さい。

The Legends Of The Eight Immortals东游记 theme


成都から、中国人用のバスツアーに潜り込んで、二泊三日のバスの旅。早朝の出発で、バスの中でうとうとしていたら、いきなりドーン・ドーン。驚いて周囲を見回すと、向かいの山から白い埃が舞い上がっています。爆薬を使って道路を切り開いているのです。私は始めてハッパの音を聞きましたが、物理的にずしりと腹に響く音でした。バスは険しい山並みを縫うように奥へ奥へと入って行きます。途中、土砂で半分埋まったようなガケの道をそろそろ通過して汶川に到着。

外国人がそれほど行かない時代の事とて、日本人が九寨溝に行くというので、成都を出る時に、パスポートをチェックされ、保険を掛けろ、と言われました。日本人だからだろうか、中国人にも掛けているのだろうか、と半ば苦々しく思いながら、掛け捨ての保険に入りましたが、途中、河原のような所には、どう考えても上から落ちてきたとしか思えない巨大な岩がゴロゴロしていたりして、汶川を通過する頃には、本当に危険なのだと実感していました。

今回の事故では、旅行客は4万人と報じられましたが、私達が行った時には、バスはせいぜい二台か三台。豪華なホテルもなく、道路も整備されておらず、途中の危険さも加味されて、九寨溝は美しい所だなと思いました。うーん、巨大な五色沼とパムッカレと小型のナイアガラの滝、と言った感じです。

因みに、この旅行は、教員をやっていたときの同僚(女性)一人と行きました。私はそれ程興味はなく、彼女が望んで実現した旅でしたが、私以外は全て中国人。しかも、バスの窓から見える風景は断崖絶壁、事故がいつでも起きそうな山道で、絶句していました。

私達以外のツアー客は、退職した教員の一団、新婚旅行のカップル、会社経営者の夏休み等々、けっこう文化水準の高い一団でした。全て中国人仕様の旅行ですから、費用はお小遣いも含めて一万円もかからなかったように思います。但し、一万円は、当時の中国では、30代の公務員の月給と同額です。彼等にとっては、豪華な旅行の筈でした。。。碌な土産物もなく、純粋に風景を楽しめる旅で、もう一度行ってみたいと思っていたのですが、ちょっと難しくなってしまいましたね。

次回は「漢字の話」に戻ります。ハルヒが巻きで行くわよ、と言うので、巻きで行きます!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 四川九寨溝大地震(1708... | トップ | 漢字の話(キラキラネームの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事