『蜻蛉洲大和の国のサンライズタイム』ー外国人参政権反対、移民政策反対、背乗り工作反対!盗聴・盗撮は日本では犯罪です!ー

キラキラネームは日本の漢字文化を破壊するための、カルトの工作活動です!公務員の国籍条項と外国人土地法の復活求む!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

万引き娘

2017年11月21日 02時00分17秒 | 日記
「うちの娘が、万引きをしまして。」と馬鹿が言う。


恩師の自宅(高島平にある別宅)で開かれる読書会には、

恩師と二松学舎大の元学長、

慶応や早稲田大学からも学生や、助手が集まってくる。


読書会というのは、漢文の原文を訓読する会で、例えば、

「子曰」なら、「しいわく」と発表するという具合だ。


読書会で読んでいたのは、

『四庫全書総目提要』(しこぜんしょそうもくていよう)と言う目録書で、

経・史・子・集(四庫)に収録された漢籍の、説明目録書。


恩師は、私の大学の先生であるし、

場所も大学に近い。

しかし、うちの大学から参加しているのは、

私と、私の後輩数人で、

大多数は、早稲田や慶応。


後輩は、何人連れてきても、

二、三回参加すると、もう来なくなるのに、

早稲田や慶応は、毎回参加だ。


最後の砦は私だ、

と言い聞かせて、

慶応や早稲田に埋没しないように、

毎回、発表をする。

恩師の開く読書会だ。

当然、会を仕切るのも私。


そうして、死ぬほど難しいテキストと格闘していると、

馬鹿が、「うちの娘が万引きをしまして」と言う。

「万引き」は身近な事らしく、

平気で大発表する。

親子で奇行がある、と思う。


読書会に毎回参加していて、

私は、馬鹿の発表を聞いたことがない。

かと言って、黙っているわけでもない。


とにかく、家族の話をぺらぺらぺらぺらぺらぺら…。


テキストは難しい、

後輩は、そのうち来なくなる、

馬鹿は、万引き娘の発表をする。


とても口には出せないが、

「黙れ!」と思う。

きっと、顔に出ていたに違いない。

The Cars - You Might Think (OFFICIAL MUSIC VIDEO)


実際、万引き互助カルトのいるところは万引きが多い。

この集団の悪質なところは、

自分達の万引きの罪を

日本人になすりつけるところ。


例えば、万引きの被害が出ている書店・スーパー等に行って、

万引き防止の監視カメラを売り込み、

カメラの認証システムの中に、

万引き犯とは別の人間の写真を入力しておく。

これ自体、人権問題に抵触するのでどうかと思うが、

ここからが万引きカルトの本領発揮。


その人物が来店すると、

当然、店内の注意は、その人物に注がれる。

カメラは、その人物を追う。

でも、幾ら追った所で万引きは起こらない。

実は、その隙にカルトが万引きをしまくっている。


或いは、巧みに経営者に取り入り、

仲間を潜入させる。

こうなるともう盗まれ放題。

しかも、怪しまれないように、班員をでっち挙げるので、

万引き被害は増えるのに、

客はどんどん減少して行く。


基本的に日本人は敵なので、

仲間には好きなだけ万引きをさせて日本人の店を潰し、

潰した店の後に、

仲間の経営する系列の店を出すのが真の目的。

日本乗っ取りを目論む、

万引き互助カルト。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ習近平会談(その三) | トップ | 漢字の話(キラキラネームの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事