『蜻蛉洲大和の国のサンライズタイム』ー外国人参政権反対、移民政策反対、背乗り工作反対!盗聴・盗撮は日本では犯罪です!ー

キラキラネームは日本の漢字文化を破壊するための、カルトの工作活動です!公務員の国籍条項と外国人土地法の復活求む!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

維新(これ あらたなり)

2012年12月04日 01時05分11秒 | 日記
「維新」と言うのは、『詩経』の中の一節にある言葉です。

『詩経・大雅』

※『詩経』は、五経の一つ。中国で最初の詩集です。もともと三千余編あった物から、孔子が三百五編を選定した、と言われています。

「文王」(詩の題名)

「…周は旧邦(きゅうほう)と雖(いえど)も 

其の命(めい)維(こ)れ新(あらた)なり…」

(周は古い国であるけれども、天下の王として天命を受けたのは、これ新しい事であるなあ)

「維新(これ あらたなり)」

文王は、古代の暴君 殷(いん)の紂王(ちゅうおう)を倒して周を建てた武王の父です。周は、伝説時代にまで遡る事のできる古い国ですが、文王の時に、天下に王となるべく天命を受けた。天命を受けたのは、新しい事であるなあ、という意味。文王は、殷の時代にあって「天下を三分して、その二をたもつ」と言うほど徳望が高かったので、天下に王たるの天命は、既に文王の時に降っていた、と考えられました。

もとは単に「新たなり」という意味でしたが(「維」は発語の助辞)、

文王の詩に用いられたので、

「維新」とは、万事が変革して新しくなる事、

       旧弊を一洗して革新する事、あらたまる事、の意で使われています。

「殷」から「周」へ、

「江戸」から「明治」へ、

天命が降って、世の中が改まったので「維新(これ あらたなり)」ですね。


ところで、政党には英語名がつきますが、

「日本維新の会」の英語名は

「Japan Restoration Party」と言うのだそうです。

それについて、「朝日新聞」電子版の記事です。

『誤訳か妙訳か 日本維新の会、英語名に思わぬ議論』

2012年10月14日16時2分

「橋下徹大阪市長が率いる国政新党「日本維新の会」が

次期総選挙でどれだけ議席を獲得するのか、

海外からも注目が集まる。

新党の英語名を

「Japan Restoration Party」としたため、

党の狙いや目的をめぐり、ちょっとした反応も起きている。

「日本の国家イメージや国益に関わってくる問題だと真剣に心配してるよ」

米テキサス州に住む友人の日本人政治学者から先日、記者にこんなメールが届いた。

勤務先の大学で米国人の同僚たちからは、

「日本では復古党が人気を集めてるんだって?」

「ナショナリストの党で、何か昔のものを取り戻そうと言ってるみたいだね」

などと質問されるという。

英和辞典を引いてみた。

確かに「restoration(リストレーション)」は、

「元へ戻すこと」や「復古、復旧」などの意味があり、

日本維新の会の英語名を直訳すると、

「日本復古党」などに読めてしまう。…」


不思議ですね、

何で「restoration」にしたんでしょう?

「維新」の本来の意味からすると、真逆です。

しかしながら、「復古・復旧」が目標と言う事は、

橋下さんも、ひょっとして新自由主義がお嫌いなのでしょうか?

コメント   この記事についてブログを書く
« 現実味を帯びる「列島強靭化... | トップ | 平沼先生のメール通信です(... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事