xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「タイタニック」DVDにて

2006年01月09日 | cinema
今日はこの冬一番の冷え込みでした。富山市でもマイナス3度まで冷えたようです。
富山市ではこの三連休、大雪に見舞われることはありませんでしたが、(昨日20センチ積もっただけです。)なんとなく外に出るのが億劫になってしまっています。今年の劇場鑑賞は来週に持越しです。


先日発売された『タイタニック』アルティメットDVDを見ました。



以前見たときは、漠然と見ていたと思いますが、この1年半で300本以上観てきたおかげで見る眼が変わってきたようです。主演は『アビエイター』の「レオナルド・ディカプリオ」、『ネバーランド』の「ケイト・ウィンスレット」。監督は『ターミネーター』の「ジェームズ・キャメロン」。


私は見る映画を選ぶ時、基本的には出演俳優で選んでいます。監督で選ぶ作品は少ないのですが、そのなかで「ジェームズ・キャメロン」は「宮崎駿」「キム・ギドク」などとあわせて好きな監督に入ると思います。『ターミネーター』も好きな作品ですし、『アビス』も2枚組みのDVDを所有しています。『エイリアン』シリーズも全作見ていますが、一番面白いと感じたのは『エイリアン2』の彼が監督を務めた作品ですね。(「スピルバーグ」作品も監督ではなくシリーズが好きなので見ているといった感じで実は『E・T』や『シンドラーのリスト』『プライベート・ライアン』などはいまだに未見です。)

『タイタニック』が公開された頃はまだまだ劇場で映画を見る機会が少なく、ビデオで二度ほど見た記憶があります。(映像を始めて見たのはまだ家電量販店にいた頃、某組員の方にパソコンの設定をしてくれと頼まれ、自宅に赴いて設定していた時、綺麗ないわゆる姉御さんが横でこの作品をみていたのをいま思い出しました。)
今回のアルティメット・エディションが発売されることは、以前から知っていましたが、店頭で現物を見て衝動買いをしてしまいました。

昨日・今日の二日がかりで本編、未公開シーン集、スペシャル映像集、生存者の証言などを収録したマーケティング、そして監督コメンタリを見ましたが、クルー・キャストによるコメンタリと歴史学者のコメンタリは見れておりません。なんせ一回見るのに195分かかりますから・・・。

この作品は予算といいスケールといい、超大作といって差し支えないと思います。正月映画の『男たちの大和』が実物大の大きさで組まれたセットが話題になっていますが、この作品は10年前に実物大のセットを組み、千人単位(延べではありません。)のエキストラを使って撮影されています。今と違い、わずか10年前でもCGにかかるコストは桁が二つほど違ったようで、あの巨大な船の外観や船内などはセットによる撮影だったことに改めて驚かされてしまいます。
しかし、超大作だからといって魅力的な映画とは限らず、ここ数年のハリウッド超大作はほとんど失敗に終わっていると思っています。
成功した作品とそうでないものにはかならず違いがあると思いますが、素人の私には良く分かりません。ただ私的には作品の持っているスピード感もひとつの要因ではないかと考えています。(尺が長い・短いではなくあくまでスピード感) 90分程度の作品でも長いと感じる作品もあれば、3時間前後の作品でもあっというまに見終わってしまう作品もあります。その違いは作品展開の緩急にあると思っています。この緩急の感覚が好きか嫌いか、そしてヒットに繋がってくるのではないでしょうか。


舞台となるタイタニック号の悲劇は世界中知らない人はいないと思います。しかしその事故の詳細を知っているのはわずかでしょう。私もこの作品を見るまで、巨船が沈没したのは一瞬の出来事だと思っていました。
『キャメロン』監督は製作前に徹底的に調査し、実際に潜水艇による調査で深海に眠るタイタニック号を撮影し、その映像の一部は本編でも使用されています。その綿密な調査から沈没の様子が明らかになり、映画の中で再現されています。
実際には氷山に衝突してから、沈没するまでに1~2時間ほどあったこと、斜めに沈没したのではなく、船体が真ん中で折れ、後部は垂直になって沈んでいったこと。事故当時の世相そのままに船内にも階級の差があり、それが生存率に現れているなど、史実に基づいた脚本に衝撃を覚えずにはいられません。

製作された年代も恵まれていたことは否定できません。ハリウッドが超大作を送り出せる資金を持った時代であったこと。CG技術が革新の時代に入っていたこと。そして事故の生存者がまだいらっしゃったこと。劇中では主人公の『ローズ』が101歳という設定になっていますが、実在の生存者が生きているとしたらまさに90歳をゆうに超えていることになり、現在その証言を聞くことは不可能に近いでしょう。


作品の舞台は1900年代初頭に沈没した伝説の豪華客船『タイタニック』号。スペクタクルあふれる沈没シーン、史実に基づいた人間ドラマに、身分の差を越えたラブストーリーが色添えられています。

主演の『ジャック・ドーソン』を演じたのは「レオナルド・ディカプリオ」。正直私的には苦手な部類の俳優です。その割りに『仮面の男』も好きな作品なんですよね。実は好きな俳優?この作品では新天地に夢を求める役柄に、彼の童顔があっていたと思います。
「ケイト・ウィンスレット」が演じたのは若き日の『ローズ』。冒頭での声のトーンが高くて違和感を感じましたが、徐々にそれは解消されました。コメンタリの彼女の声は多少低かったので役作りだったのでしょう。
現代の『ローズ』を演じたのは「グロリア・スチュアート」。撮影当時既に80歳を超えている彼女に更にメイクをして老けてみせたそうです。彼女の語り口の素晴らしさ、そして気品漂う中に可憐さも感じられる素敵なおばあさんでした。
脇を固めた出演陣も演技だけではなく、実在の人物に似た方を選んだとのこと。スミス船長役の『バーナード・ヒル』は写真そっくりでした。
『ローズ』役の「スージー・エイミス」はこの作品がきっかけで「キャメロン」監督と結婚されたそうです。


評価 星 いつつ


P.S.
アルティメット・エディションにはもうひとつのエンディングも収録されていましたが、やはり公開版のエンディングの方が良かったと思います。



このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク



これまでのレビュー一覧はコチラから




Amazonで買う

タイタニック アルティメット・エディション

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

ジェームズ・キャメロンの タイタニックの秘密 デラックス版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ジェームズ キャメロン関連


Amazon DVD ランキング



Amazon 今のベストセラー



今売れてるエレクトロニクス



ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ




コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 「女王蜂」稲垣版 TVにて | トップ | 「マスク・オブ・ゾロ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

cinema」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

タイタニック アルティメット・エディション (Cinema Kingdom Blog)
6日に今年最初のDVDを購入しました。 ●「タイタニック アルティメット・エディション」 あのw「タイタニック」の既発売DVDと言いますと、 現在、「ベストヒット50・キャンペーン
タイタニック (Akira\'s VOICE)
豪華な美術と,迫力の映像を背景にした悲恋が, 切ない音楽とともに印象に残る大作映画!
タイタニック (シアフレ.blog)
ほぼ原寸大に再現されたタイタニック号や細部に渡って忠実に再現された内装や衣装など、美術やCGをはじめとして圧倒されるその絵作りの豪華さは見所です。 そして、この作品のメインである、ローズとジャックの純愛にとても感動しました。
タイタニック (ぷらりんの〔ぷらぷら★ぷらり〕)
購入して一ヶ月、ようやく『アルティメット・エディション』見ました! ・・・と言っても三種類ある音声解説ではまだ見てないんだけど。 既に持っているDVDは片面2層なのに、こちらの版だと2枚に分かれていて、途中で「DISC 2を挿入してください」なんてメッセージが出る
#731 映画「タイタニック」で英語の勉強 (The Daily English Show)
英文スクリプト イントロHi, I’m Sarah. Welcome to The Daily English Show. Today we’re going to study a scene from the movie Titanic. Titanic disaster romance fil...
『タイタニック 3D』 真の主人公は誰か? (映画のブログ)
 史実と違う。1997年に公開された映画『タイタニック』に対して、そんな声があるそうだ。  沈みゆくタイタニック号から逃げようと、我先に救命ボートに群がる男たち。そんな映画に対して、男性が女性や子供...