xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スー・チーのSEX&禅」香港映画 DVDにて

2004年12月23日 | cinema-asia
まだまだイマイチな体調のままです。頭も少し痛いんですが(もともとの持病です)胃に良くないので痛み止めを少し控えているので余計に辛いですね。

さてDVDで『スー・チーのSEX&禅』を観ました。(R18指定入ってるのかしらん?)


観終わった後の感想は日本の企画物のアダルトでも見た感じです。「スー・チー」見たさに本作を観たんですが、スーチーが出てくるのは本編の三分の一を過ぎた辺り、主演ではなく敵役でした。禅の心はまったく関係なく、ストーリー云々も語るまでもありません。主演の「ロレッタ・リー」「スー・チー」の裸体を拝見出来ただけでヨシとせざるを得ないのかも・・・

スー・チーの魅力について、この作品で改めて気付きました。はっきりいって美人ではないと思いますが、角度・シチュエーションにより様々な顔を見せてくるのが彼女です。本作では何も知らない初心な幼い花嫁、凛とした主の妻、そして淫靡な妖怪を演じていますが、どれもが彼女であり、それぞれの魅力に引き込まれてしまいます。共演の「ロレッタ・リー」があまり目立っていない感さえあります。

評価 星 れーてん ご プラス 「スー・チー」のお姿にいってん


スー・チーのSEX&禅@映画生活


P.S.
何故題名に「スー・チー」とつくのか不思議だったんですが、1966年に同名の作品があったようです。それと見分ける為の邦題のようですね。


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ




Amazonで買う

スー・チーのSEX&禅 ヘア無修正版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

スー・チー関連
ロレッタ・リー関連



Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 司馬遼太郎著「竜馬がゆく」... | トップ | 「ホワイト・バレンタイン」D... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も… (梅子)
2005-01-02 03:43:09
スー・チー、大ファンです

「トランスポーター」であの美脚にほれました

そうですね、美形というのではないのですけど、

日本で言えばサトエリ的な魅力があると思います。

意味不明な文章ですみません…。
私も! (ちー)
2005-06-21 15:47:55
スー・チー大好きです!サトエリ好きなのも一緒で思わず書き込ませていただきました。二人とも可愛くてかっこいい。

女からみても惚れる身体しててまさにミューズ。ふは~。

コメントを投稿

cinema-asia」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事