xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「あずみ2 Death or Love」劇場にて

2005年03月12日 | cinema-japan
ファボーレ東宝で久しぶりに映画のはしごをしてきました。
まずは本日公開の『あずみ2 -Death or Love-』から。


『真田昌幸(平幹二郎)』を討つため、『あずみ(上戸彩)』は唯一生き残った仲間『ながら』と共に旅を続けていた。そんな二人の前に追っ手が現れる。追い詰められた二人は崖に飛び降り、かろうじて難を逃れた。傷ついた『ながら(石垣佑磨)』を介抱する『あずみ』は、自ら殺めた『なち(小栗旬)』に瓜二つの夜盗の一味『銀角』との出会いに心揺れていた。
一方『真田昌幸』には『空如(高島礼子)』を筆頭とする上野甲賀衆に身を守らせていた。自分が狙われていることを聞いた『真田昌幸』は手勢を集めるが・・・


イヤー やってしまいましたね。

続編の場合、前作との違いを出すために作品の雰囲気を変えてくることが多いのですが、本作でもテーマを『愛』において、前作よりも人間ドラマ色が強くなっています。
『あずみ』シリーズは時代劇とは云えないと思っています。設定を戦国末期に借りたB級ファンタジーだと思います。前作では娯楽作品に徹し、オダギリ・ジョーとの一騎打ちや200人切りなど、魅せるところは魅せる作りになっていました。
本作では作品の根本となる『あずみ』の恋心や心の傷など描こうとしていますが、観客にそれがうまく伝わっていません。その為、殺陣などは前作よりおとなしくなっている分『あずみ』の強さが際立っておらず、見所が無くなってしまった感があります。
また出演陣のキャラクターをうまく使いこなしていません。
まず「高島礼子」。登場シーンでは美しさの中に妖絶さがにじみ出ていましたが、その後のシーンでの啖呵は『極道の妻たち』そのものです。あえて静かに台詞を語ってもらったほうが怖さが表現できたのではないかと思います。そして「栗山千明」。『キル・ビル』などのイメージが強い彼女ですが、それを逆手にとって欲しかったです。登場シーンで彼女の役割が予想できてしまうのは如何なものかと・・・ 
遠藤憲一」が出たときには笑ってしまいました。(前作を見た人は共感するはず) 彼だけが唯一魅力ある登場人物に感じました。他の男性若手俳優陣は名前も知らないので分かりません。(韓国の俳優さんの方がわかる様になってしまった気がする・・・) ただ「小栗旬」を上半身を裸にしたのは女性のためのサービスだったんですかね。韓国映画に見慣れてしまうと武士とは思えない貧弱な体に笑ってしまいます。(ファンの方ごめんなさい)
前作と異なり、本作はアイドル鑑賞映画と思ってみていただければ、と思います。


評価 星 ふたつ


公式サイトはコチラ


P.S.
『安住アナ』はいらない。


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ




Amazonで買う

あずみ 2

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


あずみ

DVD関連
 書籍関連

上戸彩
DVD関連 書籍・写真集関連 音楽関連

小栗旬
DVD関連 書籍・写真集関連

栗山千明 
DVD関連 書籍・写真集関連



Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ




コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 「情愛」韓国映画 DVDにて | トップ | 「ナショナル・トレジャー」... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やってしまいました (kossy)
2005-03-12 21:46:32
アクの強い監督作品の後は大変です。

『着信アリ』もそうだった。。。

Unknown (ピカチュウ)
2005-03-12 22:46:32
高島礼子姉さん、やってもうたね~。

本人的にはありなのだろうか?

安住アナの出演はホントいらない。
どうもです (のの)
2005-03-12 23:18:13
初めまして。

TBありがとうございました!

リンクフリーと書かれていましたので、お気に入りリンク登録させてください<(_ _)>



最近ブログ始めたので、これからも遊びに来ますね^^

あずみについてはこれ以上何もコメントできない・・・(-_-;)思うことすべて言ってくれた感じです(笑)

私も金角に一番好感持てたかなぁ。
こんばんは~! (makoto)
2005-03-13 04:10:29
前作はDVDも購入し、娯楽作品として見れましたが...

『あずみ2』は、出演者に疑問を持ってたんですよ。

詳しい内容は知らなかったのですが、こちらの記事を拝見させていただいた上で、劇場には...^^;;



う~ん...やっぱり韓国映画を見慣れると、邦画もハリウッドもつまらなく感じてしまいますね。

そうそう (ヒロ)
2005-03-13 18:48:22
『安住アナ』は本当にじゃまでした。

全然映画になじんでませんでしたね。

安住アナ (yosshy)
2005-03-13 19:15:59
TBありがとうございました!



安住アナ、半笑いだったように感じたのは僕だけでしょうか?w

なんというか、映像になじんでなかったですよねw



アクションシーン、僕は結構楽しめました。

六波の長剣は迫力でしたね!
はじめまして (busy05)
2005-03-15 21:34:58
やはり この映画は時代劇と思わずに楽しんだ

方がいいですね

私は カルトな「北村映画」のB級さが似合っている

と思いました

金子監督も好きなのですが 今回は分が悪かったです





すみません ブログ初心者なもので TBを二つ

してしまいました 申し訳ありませんが

できたら削除して下さい
同感です。 (gantakurin)
2005-03-20 18:19:25
gantakurin@「シネまだん」です。

>彼だけが唯一魅力ある登場人物に感じました。

同感です。キャラ立ってましたね!

>『安住アナ』はいらない。

同感です。も~、びっくりしましたわ。
TBありがとうございます。 (kumiz)
2005-03-31 12:52:32
はじめまして。

感想が全く同感です。やはり皆さんそう思ってたんですね。

私も金角役の遠藤さんが前作でも今作でも一番よかったと思ってます。

パンフ読むと3やる気満々っぽいんですが、

どうなっちゃうんでしょうね。
TBありがとうございました。 (naomi-0604)
2005-10-05 22:11:12
前作に比べると、物足りなさを感じますね。アクションもドラマも中途半端になっちゃってますね。キャラもいまいちって感じです(面白いキャラもいましたが)。

コメントを投稿

cinema-japan」カテゴリの最新記事