xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「UDON」試写会にて 監督舞台挨拶

2006年08月27日 | cinema-japan
ようやく夕方以降は過ごしやすくなってきましたね。久しぶりに映画のレビューを書きたいと思います。

先週ファボーレ東宝で行われた「UDON」の試写会に行ってきました。上映後には「本広克行」監督の舞台挨拶も行われました。試写会の主催は東洋水産。うどんつながりだけだと思っていたんですが、映画としてのスポンサーでもあったみたいです。



世界に通用するコメディアンになるべくニューヨークで修行していた『松井香助(ユースケ・サンタマリア)』は、夢破れ故郷の讃岐に戻ってきた。家の近くをドライブしていた『香助』はひょんなことからタウン誌の編集部員『宮川恭子(小西真奈美)』と一夜を過ごし、翌朝うどんを食べることになる。
多額の借金を背負っていた『香助』は親友『鈴木庄介(トータス松本)』の紹介でタウン誌で働くことになり、『恭子』と再会する。部数に伸び悩んでいたタウン誌だったが、『香助』のアイデアから小さな奇跡が・・・


ちょっぴり笑えてちょっぴり泣けるファンタジー作品に仕上がっていました。コメディちっくなのは『本広克行』のカラーとして固まってしまった気がします。

物語は大きく二部で構成されています。
前半はいかにブームが作られていくかを、斜に構えながらもコメディタッチで描いていきます。あの『踊る大捜査線』シリーズで一大ブームを作った『本広』監督ならではの目線なのかもしれません。『トータス松本』の歌は祭りの後とでも言うのでしょうか、ある種の寂しさを感じます。
後半は一転ドラマティックにシリアス調で綴られていきます。
展開としてはある程度読めてしまいますが、恋愛ものとしてのエッセンスを香るだけに留めたのは好感が持てます。ただしラストに対しての伏線とはいえ劇中劇は長すぎです。
出演陣の配役はこれ以上に無いといえるくらいはまっていたと思います。C調で少し周りから少し浮いてしまう『香助』は「ユースケ・サンタマリア」以外考えられないでしょう。

評価 星 みっつ

公式サイトはコチラ

UDON@映画生活

P.S.1
小西真奈美って脚ながいっす。
P.S.2
とくダネを見たことの無い方は見てから映画を見たほうが良いかも・・・


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク






Amazonで買う

交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

アルジャーノンに花束を DVD-BOX

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

本広克行関連
ユースケ・サンタマリア関連
小西真奈美関連

AmazonおすすめDVDはこちらから
xina-shinのぷちシネマストア!




この記事を気に入ってくださった方はプチとよろしく


ご近所さんのブログ









サマータイムマシン・ブルース コレクターズ・エディション


スペーストラベラーズ


舞台も踊る大捜査線 ザッツ!!スリーアミーゴス



コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 小惑星「冥王星」 | トップ | 「THE MYTH 神話」DVD購入 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
試写会 (kossy)
2006-09-02 19:13:21
試写会チャレンジ復活したんですね!

8月中はさっぱり応募しなかったので、そろそろまたハガキ書きまくり生活に入りたいと思います。

なんとか (xina-shin)
2006-09-02 19:56:49
kossyさん

先月からとりあえず応募を再開しました。

アキハバラ@DEEPも試写会で鑑賞済み、今日バックダンサーズが当選しました。

少しずつ確率が上がってきているようです。



TBありがとうございました (ミチ)
2006-09-02 20:00:48
こんにちは♪

ご無沙汰しています~。

試写会生活うらやましいです。

なかなか夜は出にくいのでハガキを出すのも億劫になってます(汗)

しかもくじ運が悪くてなかなか当たらない~。
小西さん (にら)
2006-09-24 05:36:03
階段の途中にスカートで座らせて、すらりとした膝下を強調した場面がありましたね。



本広監督、あんたもスキね(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。

コメントを投稿

cinema-japan」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

2006/08/28 (m's box)
映画『UDON』を観た。 私は観たいなんて、これっぽっちも思っていなかったが、友達が観たいと言ったので・・・仕方なく・・・(笑) 案の定、大はずれだった。 途中で出て行きたい衝動に駆られたくらい、つまらなかった。 これが、テレビでも、チャンネル ...
『UDON』 (試写会帰りに)
『UDON』試写。毎日朝はうどん。たまに三食うどんの日もある、さぬきうどん好きとしては、観ないとマズイ!?ですね。ブームもすっかり定着し、日常となった讃岐うどん。映画『UDON』公開で第二次うどんブームが起こり、香川に再びパニックが起きないか!? それがちょ ...
「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー (オールマイティにコメンテート)
「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。
UDON 2006 134分 (極私的映画論+α)
 讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助。そこで彼は、 ...
UDON (Akira's VOICE)
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか~し,ダシは薄味。
UDON (UkiUkiれいんぼーデイ)
「田舎の“クチコミ”バカにしたらアカンでぇ~。インターネットより早い!」 by庄介 うっど~~~ん!良かったよ(´゜ー゜`)b こういう能天気でハイテンションな役って、ユースケ・サンタマリアにピッタリでしょ~! でもユースケの箸の持ち方なっ ...
『UDON』 (ラムの大通り)
----これ『踊る』シリーズの本広克行監督の新作だよね? タイトルをわざわざローマ字にしているけど、 どんなお話なの? 「いやあ。これほどストーリーを説明しやすい映画もないね。 いま、フォーンが想像しているとおりの内容。 『『ここには夢なんかない。 ただ ...
UDON (八ちゃんの日常空間)
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。
『UDON』 2006・8・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親 ...
UDON (ネタバレ映画館)
ソウルフードがキーワードである今作品。ウルフルズというバンド名の由来も“ソウルフル(SOULFUL)”をアナグラムしたものらしいので、トータス松本の起用もピッタリ・・・
映画「UDON」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折し ...
UDON/ユースケ・サンタマリア、小西真奈美 (カノンな日々)
TV屋さんの作る映画って巨額の制作費で大量に宣伝して見た目派手なわりに中身が薄っぺらいということもありがちだから過剰に期待しないようにしてました。でもこの作品はテーマが身近で素朴なこともあり、見た目はやっぱりごちゃごちゃと詰め込み過ぎではあるんだ ...
讃岐礼讃!ソウル・フードの奇跡/『udon/うどん』ユースケ・サンタマリア他 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●udon/うどん● ●監督;本広克行 ●製作;亀山千広 ●出演;ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/升 毅/片桐 仁     /小日向文世/木場勝己/鈴木京香 ●2006年8/25公開 高崎109シネマズで鑑賞(8/27)。公開3日目だが、朝一番早い上映 ...
小西真奈美さんの似顔絵。映画「UDON」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
◎キャスト ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本(ウルフルズ)、升毅、 片桐仁(ラーメンズ)、要潤、小日向文世、木場勝己、鈴木京香ほか。 上映時間:2時間14分 えっ上映時間2時間14分? 体感時間としては3時間近かった(笑) 本広監督、踊る ...
本広克行小ネタ集 「UDON」 (平気の平左)
評価:55点 UDON 思わずニヤリとする小ネタ、キャストが満載。 ちょっと思い出せるだけでも、 佐々木蔵之助、真木よう子、与座嘉秋(ホームチーム)、ムロツヨシ、川岡大次郎など、本広克行監督作品の「サマータイムマシンブルース」の出演者がそのまま ...
「UDON」 (俺の明日はどっちだ)
昨日の夜中、ピーター・バラカン司会のNHKの番組「Weekend Japanology」の再放送を観ていたら香川の特集で“讃岐うどん”を紹介していた。 そして番組の中で登場していた香川のおじさんが話す流暢で的確な英語の解説はとても面白くて思わずうどんが食べたくなっ ...
UDON (おいしい手料理)
今日は「胃にやさしいものにしておくれ」とタフオからの申し出があり、うどんにしま...
★「UDON」 (ひらりん的映画ブログ)
ウドンよりソバが好きなひらりん。 うーーーん、ユースケだし・・・ フジテレビくさいし・・・ っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・ チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・ ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・
UDON☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実は、数年前に讃岐うどんを食べに香川まで行きました。 そのときの思い出はここで思い切り語ってるんですが そーいうわけで(どーいうわけで?)結構讃岐うどんには思い入れがあったりして 観てみましたよ・・・初日に『UDON』^^;;; 前半は讃岐う ...
『UDON』を観た (TV視聴室)
残念ながら、この映画を観た後に「うどん食べたい!」とは思えなかったなぁ。実は、この映画の前に、見ちゃったものがあって…。詳細は、後ほど。
【劇場鑑賞90】UDON (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
一杯100円の奇跡が始まる
祭りのあとに。~「UDON」~ (ペパーミントの魔術師)
今朝の新聞だったか、香川県庁のビルで UDONの文字を浮かび上がらせて映画の宣伝をしてる写真が載ってた。 香川ロケで話題になったセカチューを越えて ご当地での観客動員はすごいことになってるみたいだけど 意外に全国レベルで見ると自分らほどじゃないのねと 援 ...
『UDON』   一杯のうどんが奇跡を起こす!! (enjoy! MOVIE☆LIFE)
1週間編集部?UDON オフィシャルガイド ? メディコム・トイReal Action Heroes CAPTAIN UDON ? 出演■ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、升毅、要潤、片桐仁、木場勝己、小日向文世、鈴木京香  他・・・ 監督■本広克行
UDON (映画鑑賞★日記・・・)
『UDON』公開:2006/08/26(08/26)監督:本広克行製作:亀山千広出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世 ☆story☆讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグにな ...
『UDON』鑑賞ヾ(☆‘∀‘☆) (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『UDON』鑑賞レビュー! 観ないと、マズイ! 笑いは、消化を助ける!? 世界が「うどん」に 恋をする! ★review★ 本作は、"ソウル・フード=UDON"をテーマに 香川県丸亀市出身の本広克行監督が 故郷に錦を飾る作品!? ...
『UDON』 (ねこのひたい~絵日記室)
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX-メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
「UDON」 うどんの話なのにコシがない (はらやんの映画徒然草)
讃岐うどんブームのきっかけを作った麺通団をモデルにしたお話です。 映画を観ている
DVD『UDON』 (みかんのReading Diary♪)
UDON スタンダード・エディション (2006/日本) オススメ♪ 成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く編集者の恭子が現れる。香助は恭子や地元の...
UDON [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「UDON」         (本広克行:監督/戸田山雄二:脚本)  UDON スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る  一言に集約するなら、  「おいしいうどんが食べたくなる!」映画です^^  ほんとにおいしそうなんですよ...
UDON 07207 (猫姫じゃ)
UDON 2006年   本広克行 監督  亀山千広 制作ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 (リンク先は「ハミ尻」) 升毅 片桐仁 要潤 小日向文世 木場勝己 う~ん、、、結局、納得させられてしまった、、、終わりよければす...
UDON (C'est Joli)
UDON'06:日本 ◆監督:本広克行「踊る大捜査線」シリーズ「サマータイムマシン・ブルース」◆出演:ユースケ・サンタマリア/ 小西真奈美/ トータス松本/ 鈴木京香/ 升毅/ 片桐仁(ラーメンズ)/ 要潤/ 小日向文世/ 木場勝己...