xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「連理の枝」劇場にて 連理の枝にかくされた秘密

2006年04月16日 | cinema-korea

午前中、父に頼まれていた服などを病院に届けた後、5月1日にファボーレ東宝で開かれる特別試写会『明日の記憶』TOYAMAプレミアのチケットをゲットしました。「渡辺謙」さん「堤幸彦」監督のトークセッションが開かれるので、またこのブログで紹介できればと思っています。

チケットをゲットした後、そのままファボーレ東宝で『連理の枝』を見ました。
主演は『冬のソナタ』『ピアノを弾く大統領』の「チェ・ジウ」、『オオカミの誘惑』の「チョ・ハンソン」、共演に『セックス・イズ・ゼロ』の「チェ・ソングク」、『ラブストーリー』の「ソ・ヨンヒ」、『プライベート・レッスン』『銀杏のベッド』の「チン・ヒギョン」など。主題歌は『猟奇的な彼女』の主題歌を歌った「シン・スンフン」。
昨日見た『アメノナカノ青空』同様、死と恋をテーマにした作品です。若い女性の死と最後の恋を扱った作品だと「イ・ウンジュ」の『愛と、死を見つめて』や、『永遠の片想い』、「ウィノナ・ライダー」の『オータム・イン・ニューヨーク』などが思い出されます。


大学の先輩と二人で作り上げたゲーム企画会社のCEO『ミンス』は恋をゲームと割り切り、女性遍歴を続けていた。ある日交通事故を起こした彼は病院に向かう途中『ヘウォン』と知り合うことになる。いつものようにゲームを始めたつもりの『ミンス』だったが、次第に『ヘウォン』の明るさに惹かれはじめている事に気付く。
『ヘウォン』はそんな『ミンス』に好意を持ち始めるが、新しい恋に一歩を踏み出せないでいた。『ヘウォン』には『ミンス』には言えない大きな秘密があった。不治の病のため長くは生きられないという秘密が・・・


メロドラマという固定観念を持って臨むと展開についていけなくなるかもしれません。

前半は「キム・ソンジュン」監督の意図によりコメディ色の強い色合いになっています。実験的な要素もあったのかもしれませんが、私的にはあまり良い印象はもてませんでした。やっちゃったかな、と最初は思ったくらいでした。
不治の病により余命幾許も無い主人公『ヘウォン』には、迫り来る死に立ち向かう強さと明るさを持った女性としてキャラクター付けされていましたが、演出面で明るさと面白さを混同してしまったように感じました。これは相手役『ミンス』にも云えることでした。それぞれの親友たちにコメディの要素を持たせ、死というテーマの暗さは彼らで息を継ぐというやり方がよかったのではないかと思いました。後半はサプライズを含め、一転メロドラマ王道の演出になるだけに残念です。

先に挙げた他の作品と比較になってしまいますが、「チェ・ジウ」は病弱、死を目前にしたキャラを演じるには向いていない気がします。彼女の演技がどうこう、ではなく、174センチという長身、健康そうな体型や顔つきは、死を目前とする悲壮感を感じ取ることが出来ず、見る側の共感を得るに至っていないと感じました。
出演陣の中で一番印象に残ったのは先輩役の「チェ・ソングク」でした。真面目なだけにボケているキャラは最高でした。「チン・ヒギョン」の眼鏡+ナース服はある意味萌えてしまう方がいるかも。 

展開としては後半サプライズ以降、泣かせてくれる演出になっていただけに、もう少し場面場面のつなぎをもう少し丁寧に作ってくれればな、と感じました。

評価 星 さんてん ご


公式サイトはコチラ

連理の枝@映画生活

このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク






Amazonで買う



連理の枝 コンプリート版



連理の枝 コレクターズ版


連理の枝関連
チェ・ジウ関連
チョ・ハンソン関連


「連理の枝」ガイドDVD~これが最後の恋になる~



チェ・ジウ×チョ・ハンソン『連理の枝』写真集









この記事を気に入ってくださった方はプチとよろしく



ご近所さんのブログ









冬のソナタ DVD-BOX vol.1



冬のソナタ 総集編~私のポラリスを探して~ DVD BOX



冬のソナタ コンサートDVD featuring Ryu (通常版)



4月のキス DVD-BOX1




コメント (6)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 「アメノナカノ青空」劇場に... | トップ | 信号無視・・・トホホ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (kju96)
2006-04-19 04:26:31
韓国映画もすっかり日本に溶け込みましたね。

70年代のフランス映画やイタリア映画も

ハリウッド映画と競っていました。

ブーム (xina-shin)
2006-04-20 21:44:21
>kju96さま

韓流ブームも下火になりましたが、韓国映画は着実に地に根をおろしたと思います。

イケメン以外の作品が公開されているのが嬉しいですね。
Unknown (daoppie)
2006-04-20 23:27:08
こんばんわ。

わたしもチョ・ハンソンの先輩が一番印象に残りました。

彼はあまり他の作品で見かけたことがないですね?

(私が知らないだけかな)
TBありがとうございます (にゃおこ(^^♪)
2006-05-06 02:20:25
この映画はベタなストーリーなので

ストーリー自体には泣けませんでした。

エンディングのスンフンの歌に

泣けてしまいました。

先輩役のチェ・ソングクはあちこちで

良い評判を聞きますね。

今、チェ・ソングクが床をごろごろ転がって

リモコンを取ったり、電気を消すシーンが

頭をよぎりました。

映画の登場人物と私が身近に感じた一瞬でした。

私もめんどくさがりなので・・・
感謝 (xina-shin)
2006-05-06 09:43:55
>daoppieさま

>にゃおこさま

来場感謝です。

先輩役のチェ・ソングクは「セックス・イズ・ゼロ」でも先輩役でいい味出してます。ちょっとエロい作品ですが、笑って泣ける作品ですので是非見てみてください。
こんにちは (菜々実)
2006-06-21 12:00:13
私のブログにコメントありがとうございました。

評価 星 さんてん ご 

納得です。

広告のキャッチコピーと

映画のギャップが大きすぎだったかな

とも思います。

コメントを投稿

cinema-korea」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

映画「連理の枝」(試写会)感想 (女でもグーで殴る)
テレビにしろ映画にしろ、とにかくチェ・ジウを作品で見るのは初めて。寒いし始まるの遅いし席も選べないし歯も痛いし前の日4時間しか寝てないし(←こんなんばっかやな・・)で、見に行くかどうかも迷いましたが、やっぱ、せっかく当たった以上、無駄には出来ませんバイ・・
連理の枝 (Alice in Wonderland)
一生のうちでこんなに深く人を愛することが出来るなんてなんて幸せなんだろう?純粋にそう思いました。人を愛するということは真の優しさを手に入れることだと思います。恋をしていると人は綺麗になるというのは、その優しさや思いやりが身体中から溢れ出るからではないの...
韓国映画はまだまだ進化する「連理の枝」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「冬のソナタ」「輪舞曲~ロンド~」のチェ・ジウ 「オオカミの誘惑」のチョ・ハンソン主演の 「連理の枝」を初日の初回に観ました。 予告編を観ると 「僕の彼女を紹介します」「私の頭の中の消しゴム」 のイメージがあるのですが・・・ その後に同じ手を使わないのが韓国
『連理の枝』(2006年) ★★★☆☆ (どっぷりレビュー)
「死にゃいいってもんじゃない」不治の病。最後の恋。さんざん宣伝されて死ぬの分かってて観に行ってるくせに何を今更と怒られそうですが、もう設定だけじゃ泣けなくなってきてます。前からそうなんだけど、チェ・ジウさん。もっと年相応な役やったらいいのに。誰かの娘だ...
映画「連理の枝」 (Loving you)
劇場で観てきました。ベタな恋愛映画だけど、何がよかったかと言えばエンディングで流れるシン・スンフンの「ナポダチョグムドノップンゴセニガイッスルプン(僕より少し高い所に君はいるだけ)」が映画のストーリーと歌詞の内容がぴったりで泣けて泣けて大変でした。なぜにス
連理の枝/チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク (カノンな日々)
ホントはこの作品は後回しにするつもりだったんですが先週末から風邪をひいてしまって、ここ何日かの行動予定が消化できなくなり、大きく予定変更です。それにしても、劇場予告編からしてかなりベタベタな雰囲気でえらく不安がよぎります。韓国映画いっぱい観てるとある程度.
連理の枝 (ネタバレ映画館)
 タイトルをよく読まずにいたので、“理力の杖”のようなものだと思っていた。難病だって魔法使いの武器である杖によって治してしまうファンタジーのような・・・
連理の枝/チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク (カノンな日々)
ホントはこの作品は後回しにするつもりだったんですが先週末から風邪をひいてしまって、ここ何日かの行動予定が消化できなくなり、大きく予定変更です。それにしても、劇場予告編からしてかなりベタベタな雰囲気でえらく不安がよぎります。韓国映画いっぱい観てる ...
『連理の枝』 (ラムの大通り)
----このタイトルどういう意味? 「うん。白楽天の『長恨歌』というのにある一節 『天に在りては願わくば比翼の鳥と作らん』 『地に在りては願わくは連理の枝と為らん』。 つまり心も体もひとつに溶けあって深く結ばれた永遠の愛を 謳っているんだね」 ----よく知 ...
映画「連理の枝」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「連理の枝」★★☆ 難病モノは韓国映画の十八番だけど、ここまできたか!と感心するやら呆れるやら。ということで感想はネタバレを含みます。要注意です! 偶然の出会いからお互いに惹かれあうようになる前半では、へウォン(チェ・ジウ)もなぜ入院 ...
『連理の枝』 (京の昼寝~♪)
許されたわずかな時を生きるふたりの 永遠なる愛の約束 ■監督 キム・ソンジュン■キャスト チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク、ソ・ヨンヒ、ソン・ヒョンジュ、ジン・ヒギョン□オフィシャルサイト  『連理の枝』  おススメ度 ⇒★★☆ (5 ...
『連理の枝』みましたぁ! (韓ドラのたまり場)
『連理の枝』チョハンソン/チェジウ共演 연리지(The Love Tree)キムソンジュン監督.....2006年作品 junsanga的評価 ★★★★☆ (4つ) ?この映画一番良かったのはエンドクレジットと共に流れるシンスンフン(신승훈 ...
連理の枝 (めざせイイ女!)
チェ・ジゥ主演涙あふれる悲恋の物語...
映画『連理の枝』(キム・ソンジュン監督)★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『連理の枝』(キム・ソンジュン監督)★★★ やばい、この映画、ちょっと良かった( ̄□ ̄;) 皆、ごめん。。 ごめんとか言うなΣ( ̄□ ̄;) 内容は、昔からあるべたべたなラブストーリーです。 題材は、難病。 やっぱ ...