xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きっかけは 「八月のクリスマス」DVDにて

2004年08月16日 | cinema-korea
韓国映画 ホ・ジノ監督 ハン・ソッキュシム・ウナ主演作品
八月のクリスマス」(原題:8월의 크리스마스 英題:Christmas in August)

この作品はシュリSHURIカルTell me somethingに続き、私が見た三本目の韓国映画であり、かつ、韓国映画によりはまるきっかけとなった作品です。

ですから是非ともこの作品を語らなくてはと思い、HPから修正転載します。

以下ネタバレ

物語の展開だけを追ってみると平凡で特別な盛り上がりも無く淡々と物語は進んでいきます。 (というか、あえて過大な盛り上がりを避けています。)
この辺が見る人によっては、つまらない、眠ってしまった、という要因なのでしょう。
日常の一コマを切り取って映画にした感じといえばいいのでしょうか。演劇やドラマにしろ、映画にしろ、一番表現が難しいのは日常を描くことだと思います。脚本は勿論、演出、映像そして俳優の演技、映画全体に力が無いと観るものを2時間近くひきつけておくことは不可能です。
この作品はそれを見事に描ききり、なんともいえない感動を私たちに与えてくれています。

既に御覧になられた方の中には気づかれた方もいらっしゃるでしょう。ラスト10分前ぐらいから、登場人物の台詞は一切ありません。(私も別の方の指摘で初めて気づきました。) 
最大のクライマックスといえる、遺影にすべく「ジョンウォン」自身によるポートレート撮影に向けて、脚本と映像の力だけで見せて(魅せて)いくのです。
エンディングでは少し大人になったタリムが、写真館の前で飾られている自分の写真に微笑み、立ち去りますが、「タリム」にジョンウォンの最後の手紙が届けられたのか、ジョンウォンの死が知らされたのかは、描かれてはいません。観る側の想像にゆだねられています。
もし、自分が主人公たちの立場なら、どうするだろう。そんな事も考えさせられる作品です。

最近少しずつパワーが落ちてきているハリウッドでは作れない映画でしょう。
監督のホ・ジノは小津作品に傾倒しているとどこかで呼んだ記憶があります。
この作品からは、小津作品と同じものを感じさせてくれているような気がします。

タリムを演じたシム・ウナは引退宣言したようですが、復帰を切に願います。
今、私の中では これまで観てきた歴代恋愛映画の中で、Best of Bestの作品です。


評価 文句無 星いつつ

ホ・ジノ監督舞台挨拶
ホ・ジノ監督インタビュー
八月のクリスマス レビュー
ホ・ジノ監督対談
音楽 チョ・ソンウ インタビュー

八月のクリスマス@映画生活


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ


Amazonで買う


八月のクリスマス
関連


八月十二日富山の地方紙にて日本版リメイクの記事が記載され、高岡フィルムコミッションに同記事の事をお尋ねしたところ、下記の様にお返事をいただきました。
関係者リークによる記事の為、記事の内容は削除いたします。
個人的に情報を集めてみようと思っています。

高岡フィルムコミッション HPエキストラも受付しているみたいです。
北日本新聞サイト


□コメント:メールにてご連絡いただきありがとうございます。
高岡FC、高岡市観光協会としては、北日本新聞、富山新聞の記事については、両者が独自に取材(?)したうえ掲載したものであり、映画制作会社及び当協会が提供した情報でもなんでもありません。
ロケ地選考の段階で資料を渡したロケ地候補地の方がリークしたものであります。
製作会社と当協会ではこれらの記事については一切関知しないものであり、また責任も負いかねます。
情報については、俳優のスケジュールや映画の販売促進プランなども考慮したうえで、しかるべき時期に発表する予定であります。
このような事情でありますので、情報のネットなどでの掲載は熟慮されるようお願い申し上げます。
高岡フィルムコミッション


日本版の続報はコチラ
日本版の続々報はコチラ
日本版の続々々報はコチラ


Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ




コメント (24)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« 「戦場のピアニスト(原題:T... | トップ | 姑獲鳥の夏 漢字でわかる韓... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あ、なるほど… (CHOOT)
2004-08-18 00:50:24
この映画、私も大好きなのですがラスト10分前くらいから台詞がないこと、私も気付きませんでした。そう言えばそうですね…。

小津監督の作品、私は一本もちゃんと観たことがないのです。日本人としてもったいない事ですね。今度観てみよう。

その前に、八月のクリスマスを観直そうと思いました。

Unknown (sata)
2004-08-18 21:54:55
はじめまして。

すごい情報力ですね。

日本でリメイクするという話は、初めて知りました。

でも、個人的にはリメイクして欲しくない気がします・・・。

私の中の『八クリ』の感覚が汚されていくようで、嫌ですね。

やっぱり『八クリ』はハン・ソッキュとシム・ウナじゃなきゃ!!
あたしも大好きです (はるるん)
2004-08-22 21:15:50
韓国映画を好きになったのが、この映画を観たからです。

ハン・ソッキュが歌ってる主題歌もいいですよね~。

日本でリメイクするの、あたしも知りませんでした。イメージ壊さない配役でお願いしたい。
リメイク、、、怖いです! (馬の骨)
2004-08-25 00:53:48
トラバ有難うございました。



日本でリメイクの計画があること、はじめて知りました。情報感謝申し上げます。



しかし、リメイクしようという人がいたということは嬉しいことですが、オリジナルの大切なものが傷つけられるような気がして怖い気がします。



もしリメイクするのであれば、オリジナルの「八月のクリスマス」そのものをリメイクするのではなく、この作品に刺激を受けて発想した別の作品を作ってもらいたいと思います。



それが映像作家というものではないでしょうか。

もしリメイクされる監督がこのページをご覧になっていたら、ぜひあなたの感覚を信じてあなたらしい、あなただけの「八月のクリスマス」を作っていただきたいとお願いします。



日韓二つのまったく異なる「八月のクリスマス」が、同時上映される日をわたしは夢見ています。



2004.8.21の深夜3:20分テレビ東京で「八月のクリスマス」が放映されました。

仕事を休止し拝むような気持ちで最後まで見ました。

やはり素晴らしかったし、以前見たとき気がつかなかった細かいシーンにまた気付かされて、本当にこの作品は奥行きが深い。

この作品に出会ったことは、わたしの人生の幸せです。



それにしても、やっぱり「八月のクリスマス」の意味を知りたい。分った方は教えて!



 2004.8.24 馬の骨
Unknown (ra-goo)
2004-09-05 14:08:00
TBありがとうございました。

深夜のTV放映を見たのですが、起きていた甲斐はありました。



白黒はっきりさせないと、と追いやられがちな日常から思えば

じれったいような、もどかしいような、こんなに淡々とゆったりした展開は

逆に集中力を要しますね。



リメイク情報にも感謝です。

Unknown (jey)
2004-09-12 08:23:53
トラックバックありがとうございます。自分は特に韓国映画にはまっている訳ではないですが、この映画は好きでした。この監督は小津さんが好きなんですね。今思えば確かにそれを思わせるような雰囲気があった気がします。言葉が無いあたりなんかはいい映画でなければだれてしまいますよね。

リメイクの話はついこの間地元のニュースでやっていました。後2,3日は小学校のなども含めてロケをするとか言っていた気がします。確か主演は歌手の山崎まさよしだった気がしますよ。女性はちょっと知らない人でしたが、なんとなく似ていたように感じます。

リメイクは自分も楽しみにしています。
Unknown (Unknown)
2004-09-17 23:42:35
「八月のクリスマス」の意味は。。。

これぢゃないですか??



http://1yoshi.zero-city.com/html/hatitegami.htm
「八月のクリスマス」の背景 (U-1)
2004-09-25 01:07:32


はじめまして。



「八月のクリスマス」の背景ですが、八月十五日と関係ないでしょうか。韓国では、「独立記念日」になっていたと思います。圧政から開放されたこの日こそ、タイトルでは! と思うのです。



ちなみに、この八月、中国で開催されましたサッカーアジアカップの騒ぎも、これに由来していると思います。



私は、1985年の八月、個人旅行の解禁になったばかりの中国を一人、旅をしました。

この年中国にとっては、「対日戦争勝利40周年」の年で、街々には日本軍の蛮行の写真が張り出されておりました。

中国の人にとっては、八月は戦争の記憶がよみがえる特別な季節のようでした。普段は、文革で酷い目に遭った記憶が優勢な人々も、この時期は戦争の災禍が思い出されてしまうようでした。

十五日は「対日戦争勝利記念日」です。

この時期、何も知らない日本人が、日章旗を持ち歩くは、猛烈な暑さもあり、お勧めできません。



遅ればせながら (Hitomi)
2004-10-03 21:53:18
この映画見ました。切なくなりました・・・。

この映画が日本でどのようにリメイクされるのか楽しみです。
Unknown (ひまわり)
2004-10-20 19:22:33
xina-shinさん、TBありがとうございます。

今ここにきて、ジョンウォンの手紙を読みました。

どうしよう・・・・

涙が出てきました・・・・



苦しいですね。この映画・・・

ハン・ソッキュの優しい笑顔が忘れられません・・・



どなたか分かりませんが、手紙の内容を教えてくださってありがとうございました。

コメントを投稿

cinema-korea」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

八月のクリスマス ( . . . Favorite)
八月のクリスマス 8월의 크리스마스 今まで観た映画の中で、一番好きな映画がこれ!! 何度も観てるし、雰囲気がとっても好きな映画です。 ラブ・シーンが全くないラブ・ストーリー。 なん
「八月のクリスマス」リメイク情報 続報 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
いよいよ日本版「八月のクリスマス」リメイクが本格的始動を開始したようです。 今日、北日本新聞2004年9月3日分に記事が載っていましたので原文のままここに転載します。 話題の映画 高岡でロケ 山崎まさよしさん主演 韓国で大ヒットした映画のリメーク版で、シンガーソ
八月のクリスマス (Diarydiary!)
《八月のクリスマス》 1998年 韓国映画 来秋、山崎まさよしさん関めぐみさん
8月のクリスマス  1998年  96分 (Dande Lion)
監督:ホ・ジノ 出演:ハン・ソッキュ(ジョンウォン)、シム・ウナ(タリム) 【ストーリー解説】  ジョンウォン(ハン・ソッキュ)は、ソウルの街中で小さな写真館を経営している若者だ。 店には、近所の小学生たちが、好きな女の子の写真を拡大してほしいとやってき
『八月のクリスマス』 (ケンチャナ☆日記)
ソウルの街角で小さな写真館を経営するジョンウォン(ハン・ソッキュ)は、たびたび店を訪れる婦人警官のタリム(シム・ウナ)に心惹かれてゆく。彼女もまた想いは同じで、ふたりはやがて相思相愛の仲へと発展していくのだが…。これが長編映画デビュー作となったホ・ジノ監
8月のクリスマス (イカサマ師の戯言)
最近は「韓流」とやらが、世の中を騒がせているけども そういうルートではないところ
八月のクリスマス (キャバリア映画館)
1998年    韓国 監  督    ホ・ジノ 出  演    ハン・ソッキュ
八月のクリスマス (cheapの日記)
冒頭の語りのように、ジョンウォンは死と直面しながらも、その事を淡々と受け止めているように見えた。タリムとの出会いは、限り少ないジョンウォンの人生に楽しみをもたらしてくれた。ただその一方で、生きたいという気持ちが強くなり、死への悲しみが増してくる様子は見て
八月のクリスマス・・・ (サクっと)
八月のクリスマス なんとかウンジュさんのことから立ち直りつつある中 久しぶりに韓国映画借りました 「八月のクリスマス」 結構評価の高い感動映画ということで期待大・・・・ ...
八月のクリスマス/ハン・ソッキュ、シム・ウナ (カノンな日々)
八月のクリスマス/ハン・ソッキュ、シム・ウナ 今更説明不要の作品ですが、本日<05.3.22>WOWOWで放送があって、なんとなくまた観てしまいます。韓国映画の淡々系の名作です。この徹底的に抑制された作風は好みが大きく別れるとこだと思いますが、鑑賞当時、脂っこくて
八月のクリスマス (詩的日記部屋)
ねぇ あなたはどう思っているかもうわからないけど あの時たしかに私は幸せだったのよ 後悔などしていないわ
八月のクリスマス (詩的日記部屋)
ねぇ あなたはどう思っているかもうわからないけど あの時たしかに私は幸せだったのよ 後悔などしていないわ
八月のクリスマス 1998年 鑑賞記 (美しき韓流な日々)
八月のクリスマス >>ソウルの街角で小さな写真館を経営する青年ジョンウォンは、たびたび店を訪れる交通取締官のタリムに心惹かれてゆく。彼女もまた想いは同じで、ふたりはやがて相思相愛の仲へと発展していくのだが…。
八月のクリスマス (幸せ☆SOUL見物記)
新文芸座でただいま行われている “韓流”シネマコレクション。 私はあんまりアジア映画や恋愛映画など は観なかったのですが これを観て興味を持ちはじめたほど とても好きな恋愛映画があります。 それは 「八月のクリスマス」 タイトル: 八月の
八月のクリスマス (ある在日コリアンの位牌)
 この映画ですが、とても情緒的に日本人に合う映画です。見終わった後、こういう手法の韓国映画もあるのだな~と驚きました。感情を抑えて、滲み出る主人公と恋人の気持ちが、まるでスケッチのように描かれています。素晴らしい作品。特に女性にお勧めです。 タイ
『八月のクリスマス』 (のほほん日和)
う~ん、どっかで、その名前。聞いたような… って、素朴い興味からチェックしたのですが、これまで刷り込まれてた、韓国ドラマ、イコール「美男美女、あ~んど、ストーリーも、こてこてで、実に単純明快っ!」の印象がひっくり返る、淡々とした丁寧な描写を積み上げた、誠
八月のクリスマス (メモ)
「Christmas in August」1998年 韓国 99分 監督 ホ・ジノ 製作 チャ・スンジェ 脚本 ホ・ジノ オ・スンウク シン・ドンファン 撮影 ユ・ヨンギル 音楽 チョ・ソンウ 編集 ハム・ソンウォン 出演 ハン・ソッキュ シム・ウナ シン・グ オ・ジヘ 
八月のクリスマス (愛すべき映画たち)
CHRISTMAS IN AUGUST(1998/韓国)【監督】ホ・ジノ【出演】ハン・ソッキュ/シム・ウナ/シン・グこれまでに見た恋愛映画の中でも10本の指には必ず入るぐらい、個人的には恋愛映画の最高傑作の中の1本。『シュリ』のハン・ソッキュが、また全然違う顔を見せてくれてます。
言葉には出さない気持ちの表現が秀逸◆『八月のクリスマス』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
ソウルの片隅で小さな写真館を経営しているジョンウォン(ハン・ソッキュ)。 様々な客がやってくる彼の店に、ある日、交通課に勤務する若い婦人警官タリム(シム・ウナ)が、駐車違反の写真の現像を頼みにやって来る。わがままなタリムの注文に、ジョンウォンは嫌な顔ひとつ
八月のクリスマス (マイファシナシオン2☆)
★★★★★ うわ~。日本リメイク版「8月のクリスマス」と大きく差がついて5つ★ですよ? というか、リメイク版でのヒロイン由紀子のここが理解出来ない~ぃいい!っていうのが、オリジナルの韓国版「八月のクリスマス」を観て分かったというか・・・。 自分の気持ちが
『八月のクリスマス』/DVD (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
リメイク版を観て、どーしてもオリジナル版を観たくなったので観ました。 改めて見直してみると・・・想像以上に、忠実に再現してたんだね?! ってか、ほとんど同じ台詞・演出のシーンもたくさんありましたっ!!
「八月のクリスマス」忘れられない名作・韓国映画初め (soramove)
「八月のクリスマス」★★★★★満点、名作 ハン・ソッキュ、シム・ウナ主演 町の小さな写真館 特別な事など無い、 けれど陽だまりのような 暖かい場所。 店主と婦人警官の淡い恋のようなもの。 死期を覚悟した時の やり残すことがないようにと淡々と過ご...
『八月のクリスマス』 (a matter of taste)
監督:ホ・ジノ 出演:ハン・ソッキュ、シム・ウナ、シン・グ、イ・ハンウィ、オ・ジヘ    チョン・ミソン この映画に関しては色々と余計な事を書くよりも、まず色々な人に見て欲しい作品だと思っています。 ただ敢えてこの映画の感想を言うとしたら、”優しさに溢れた
【自宅鑑賞】八月のクリスマス(CHRISTMAS IN AUGUST)韓国版 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
日本版「8月のクリスマス」の2回目鑑賞をしたからではないですが、韓国オリジナル版を観ました。 いや~、ほんと日本版って90%くらいこのオリジナルをそのまんまリメイクしてるんだね。 まぁ、大きく違うのは、ヒロインが日本版では臨時教師だったのが、オリジナル
泣きたい時 (Such a lovely place)
オットは急な飲み会。 連日の残業から開放された私はDVDを観ることにしました。 今日借りたのは3本。全て韓国の作品。 「8月のクリスマス」(韓国official site)(日本関連サイト) 「パリの恋人 Vol.1~2」 今日観たのは、8月のクリスマス。 この「8月のクリ...
穏やかさの中に秘められた圧倒的な迫力 (藍*aiの雑想記)
 日本版を先に見た者として、オリジナルを避けて通るわけには参りませんで・・・  主人公ジョンウォンを演じるハン・ソッキュの名演が光る作品。すごい、と表現してもいいかもしれない。彼の笑顔と、かもし出す雰囲気が独特で、圧倒的ですらある。完全に肩の力を抜いた
「八月のクリスマス」 (ストーリーの潤い(うるおい))
ユメオさん、お待たせしました。 最近、テレビが壊れてしまい、鑑賞するのが予定より数日遅れました。 新しいテレビ(しかも、ステレオで画面も大きい!)を知人にもらい、無事鑑賞。 本当に素晴らしい映画でした。 新しいことに気づいたら、また追加記事を投稿するか.
『八月のクリスマス』 (一感百想)
以前から評価の高いこの映画のDVDをようやく私の利用しているツタヤでも置くようになりました。早速借りてきて、いま見終えたところです。 まず一言感想を述べると「韓国映画にしては随分と抑制の効いた映画だなあ」というもの。どちらかというと何でもず
8月のクリスマス (琴線~心のメロディ)
【不明】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ 山崎まさよし主演でリメイクされた『8月のクリスマス』の元となった作品です。 「しんみりと胸に響いてくる作品」という ...