Intermission

古装劇場 別館

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

承徳・山海関の旅12 おひとりさま北京ダック

2014年07月12日 00時18分43秒 | 旅行
 山海関駅は、駅舎の見た目は立派だが、実はけっこう小さい。待合室は大混雑だった。列も作っていないので、改札口の近くで人混みの中に立って、改札が始まるのをじっと待つ。列車が次から次へとやってきて、そのたびに人が減ったので、後半は少し楽になった。遅れている列車もあったが、私が乗る列車は時間通りに検札が始まり、ホームへ移動。駅員がついていて、車両ごとにきっちり列を作らされる。列の一番前で大荷物を抱えた家族連れが駅員に「こんな大きな荷物で入り口をふさいだら、ほかの人が乗れないでしょ! 停車時間はたった1分しかないのよ!」と叱り飛ばされて、横に移動させられていた。



 和諧号は時間通りに到着。座席は2列と3列だが、日本の新幹線と比べるとちょっと狭苦しいような。気のせいか? 長春発の列車だったが、ほぼ満員のようだった。私は3列の真ん中の座席なので、またもゆっくり窓の外を眺められず残念だった。隣にずっとPCに向かっている白人のお兄さんが座っていたのだが、中国語ペラペラっぽく、何語だか分からない言葉をケータイで話し、ビジネスマンのようにも見え、アーティストっぽい感じもして、いったい何人なのか、何をしている人なのか、気になって仕方なかったが、話しかける勇気など持ち合わせていないのだった。もう一方の隣の中国人のおじさんに突然、「この列車は北京南駅に着くのか?」と話しかけられて、ちょっと驚く。いえいえ、北京駅ですよ。しかし、そんな基本情報も確認せずに乗るのか。それとも、列車情報は中国人にも分かりにくいのか。どちらに到着しても別にかまわないだけか。なんだか不思議。

 きれいで座り心地もよく、中国の乗り物にしては静かで、快適。乗客も大声でしゃべり散らすような人はいない。車内検札をしている係員の女性はおしゃれな制服を着ているし、もちろん車内販売もある。壁のフックと座席の位置がまったく対応していないのだけが残念だったが、とにかく快適。これでは多少高かろうが、あんなひどい事故が起ころうが、みんな乗って当然だ。高速鉄道建設の勢いは止まらないだろうね。ああ楽ちん、まるで中国じゃないみたい。と思っていたら、定期的に、かつ頻繁に、大きな箒で床の掃除に来るのが、はやり中国なのだった。座席の下を掃いてもらうために、毎回足を上げなければいけないのだ。終点が近いせいか、しつこいくらいに掃除に来た。

 山海関から北京まではノンストップで、17時15分、時間どおりに北京駅に到着。すぐにホテルに移動してチェックイン。来た時に泊まったのと同じ北京駅に近いホテルだ。荷物を下ろして一息ついたところで。
 かねてから密かに温めていた計画をついに実行に移す時が来た。

 じゃーん! 一人で北京ダックレストランへ突撃!



 行ったのは建国門外の「鴨王」。なぜこの店を選んだかといえば、単に宿泊しているホテルから徒歩で行ける距離だったというだけの理由です。実を言うと、扉を開ける時はものすごくドキドキした。こんなお店に一人で来るお客って、普通いないよね……。1階は待合室で、客席は2階にあった。待合室にメニューがおいてあったので、手にとって見ようとしたところ、案内係らしい女性が階段を下りてきた。「一人なんだけど……」とか何とか言ってみると、女性はメニューを広げて、ダック半羽をおすすめしてくれた。



 というわけで、客席へ。奥は見えないが、混雑しているようで、すごく賑やかだ。入ってすぐの小さなテーブルに案内された。お客はもちろん、店員さんたちが厨房と往復するのに行ったり来たりするので落ち着かないが、まあ仕方ない。奥に通されて、他のお客のテーブルに囲まれて一人で食べるのもたぶん落ち着かないだろうし。ダック半羽120元、蓮葉餅12元、味噌、ザラメ、にんにく、野菜のセット3元、ジャスミン茶を注文。スープもほしかったけど、食べきれずに残すのはいやなので我慢。注文してからは、拍子抜けするくらいあっという間に出てきた。ワクワクしながら待つ時間がもうちょっと欲しかった。



 久しぶりの北京ダックは美味しかった。完食。思い切って来てよかった。ただ、むかーしむかし、北京の全聚徳で食べた北京ダックは、皮と肉の間にたっぷりの脂身が挟まっていたのにな。かなりカルチャーショックだったので、ずっと忘れられず、また食べたいと思い続けていたのだ。その脂身たっぷりを期待していたので、今回はやや物足りない。お店が違うからか、時代が変わってヘルシーに脂身少なめが主流になっているのか。検証するために、北京ダックのお店巡りをしてみたいところだ。とはいえ、間違いなく美味しかったし、お腹いっぱいで満足。
 支払いをすませて店を出ようとすると、店員の女性に「あなた一人だったの!?」と驚かれました。

 帰国後、「一人で北京ダック屋に行った!」と吹聴してみたものの、「ふーん、よかったね。」「そう。美味しかった?」というような薄い反応ばかり。しまった。この人たちは中国事情を知らないのだった。ファミレスに一人で入ったくらいの感覚でいるのかもしれない。中国できちんとしたレストランに一人で入るのがどういうことか、店構えがどんなふうか、分かっていないのだ。そこで、あらためて中国経験のある知人に話してみて、ようやく勇気を賞賛してもらい、ちょっぴり満足したのだった。

(つづく)
コメント (2)

承徳・山海関の旅11 山海関古城

2014年07月02日 22時16分56秒 | 旅行
 またも4ヶ月近く放置してしまいました。急いで続きを書きます。今度こそ一気に書き上げないと、もうすぐ再び夏休みが巡ってきてしまう……。

 ☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

 城壁から下りた後は、ふたたび城内を散策。そろそろ歩き疲れてきたので、南門を降りたところにちょうど止まっていたカートに乗ってしまった。チケットを買った時は、「高いよ、ぼったくりだよ、カートなんか乗らないからそのぶん(10元)安くしてよ」と思っていたのだが。運転手はチケットの確認もせずに人を乗せている。案外、タダ乗りする人をカンで見分けられるのかもしれない、という気もする。普通に人が歩いている通りをけっこうなスピードで飛ばすので、ちょっと怖かった。

 城内の見所の一つ、王家大院。家具調度が残っている部屋はなかなか楽しい。人がいなくなった一瞬の隙に写真を撮るのは大変だった。ただ、奥に行くにしたがって、いろいろと雑になっていったような。陳圓圓がここに住んだことがあるというのだが、いつの話だろう? 山海関に来たことなんてあるのか。一室で陳圓圓に関する展示があったが、うっかりスルーしてしまった。ちゃんと見ておくべきだったか。

 

 

 

 第一関路沿いにある長城博物館。なんと入場無料。最近できたらしく、ピカピカで広い。展示もなかなか充実していたんじゃないかな。すでに歩き疲れていたので丁寧に見てないのだが、今思えばもったいなかった。鎮東楼の中の展示にもあったが、楡関事変とか日中戦争がらみの展示もばっちりある。帰国したらちゃんと調べようと思っていたのだが……。長城や戦争についてだけでなく、このあたりの人々の生活や風俗についての展示もある。

 

 

 城の中央にある鐘鼓楼。右は鐘鼓楼から見下ろした風景。

 

 等身大の人物像が町のそこここにあった。中国はこういうの好きだよね。どこにでもある。レンタサイクルがあったが、確かに町全体を歩くのはきついので、悪くないかもしれない。乗っている人は二組くらいしか見かけなかったが。

 

 鎮遠[金票]局。チケット代に含まれる西門=迎恩門が修復工事中で登れないので、その代わりにここに入場できた。ただし、狭いうえに中身はたいしたことない。山西で見た[金票]局のほうがずっと立派だった。

 

 総兵府。出来たてのテーマパークがゲームセンターか、よくわからない。けっこうな入場料を取っていたような。入り口前の広場では午前と午後に一度づつパフォーマンスがあるらしい。写真内の直立不動の兵士たちはすべて人形。それにしても、こんなところにお客が入るのかねえ。数年後にはつぶれていそうな予感。

 

 左が関帝廟、右が大悲院。関帝廟は小さく、造りたて(再建かもしれないけど、忘れた)で、けっこうチャチ。大悲院はピカピカの入り口に、中のお堂もこれまた新しく、お寺らしい落ち着きや雰囲気はない。まあ、中国ではよくあることだ。しかも最後まできれいに整備が終わっていない様子だった。これも中国ではよくあることだが。一番奥の大悲閣だけはそこそこ風格があり、ほっとした。中に大きな観音様が立っていて足元が見えたが、足を踏み入れていない。

 

 承恩驛。ここは中に入り損ねた。手前に乾隆帝の像が作られていた。来たのか、ここに。

 

 ずっと作り物めいた町並みを歩いていると、こんな何でもない一角にほっとするのだった。

 

 効率悪くダラダラと歩き回っていたので、時間ぎりぎりになってしまった。あわててホテルへ戻って預けてあった荷物を受け取り、山海関駅へ向かう。鐘鼓楼の下から南門までまたカートに乗った。時間短縮できて、けっこう助かった。

(つづく)
コメント (2)