Intermission

古装劇場 別館

越劇の世界~中国の女性演劇

2016年08月16日 20時31分15秒 | その他
 お久しぶりです。また長いこと放置してしまいました。それでもまだ訪問してくだる方、申し訳ありませんでした。次にいつ更新するか分かりませんが……

 それでは、しばらく前に読んだ本をご紹介。

「越劇の世界~中国の女性演劇」
 中山 文 編著 / 水山産業出版部

 越劇の誕生から発展の歴史、現状、俳優、代表作の紹介まで、初心者にはとてもためになる内容だった。これまで断片的にしか知らなかったことが、この本のおかげで一つにつながった気がする。

 越劇といえば、女性による演劇で(若干の男性俳優はいる)、いわゆる才子佳人ものを主に演じているというのが私の印象だった。新作もかなり作っているようだが、観客に迎合しているというか、悪くいえば俗っぽいというか、京劇や昆曲に比べると軽めのイメージがあった。が、この本を読んで、認識を改めさせられた。

 越劇が時代に応じて変革を続けてきたこと、次々に発表される新作も、その時の社会問題や女性が置かれている社会的立場を反映していること。伝統演劇の形を取りながら、実は時代や社会と真剣勝負を続けてきていたとは、私の想像を越えていた。美しい女性による見た目も音楽も内容も柔らかいイメージだったが、それは一面にすぎず、実に骨の太い、まさに内剛外柔なのが越劇だったのだ。

 本書では写真つきで代表的な演目の紹介がされているが、伝統的な演目を改編したものから、有名小説の舞台化、歴史上の人物をネタにした新作もあれば、人気テレビドラマを改編したものまである。現代が舞台のものもあるし、もはや女性演劇では片付けられない男性が主役のドラマまであるではないか。

 魯迅の「祝福」「孔乙己」、郭沫若の「屈原」、ネット小説初のベストセラー「第一次的親密接触」など、まさかまさか越劇で表現できるとは思いもしなかった。「ハムレット」の翻案もある。中国テレビドラマ好きとしては、「大明宮詞」を元にした「大唐驪歌」や、ドルゴンと孝荘太后を描く「摂政王の恋」などがたいへん気になる。そして、昆曲と越劇で上演されそれぞれ成功を収めたという「班昭」もぜひ見てみたいものだ。

 読んでいて胸が痛かったのは、京劇の招聘を長年にわたりおこなっている京劇中心の津田忠彦氏による「浙江小百花越劇団招聘公演のこと」。1997年、浙江小百花越劇団が来日し、「寒情~始皇帝暗殺秘話」を上演した。当時、私は気にはなったものの、結局見に行かなかった。陳凱歌監督の映画「始皇帝暗殺」の便乗企画かな?くらいにしか思わなかったこともあるし、当時は「浙江小百花越劇団」も茅威涛も知らなかった。ああ、主演が茅威涛だったとは! 読むと、当時は知名度の低さや宣伝がうまくいかなかったことなどから、客の入りは良くなく、津田氏も茅威涛も辛い思いをされたようだ。ああ、なぜ見に行かなかったのだろう。私ひとり観客が増えたからといってどうなったわけもないが、後悔されてしかたない。

 なお、お世話になっているブログ「越劇・黄梅戯・紅楼夢」の黄梅さんが寄稿されていて、その縁で本書も紹介していただいた。好きこそものの、とはよく言ったもので、流派の紹介などすでに素人のお仕事とは思えない。マニア道のすごさに感じ入ったことでした。

最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さっそく拝見しました! (黄梅)
2016-09-01 00:33:37
わざわざ感想を記事にしていただきありがとうございます!作業頑張った甲斐がありました!月一回、神戸に、時には私費で通って1年かけたので、しんどかった・・・(遠い目)

第一次的親密接触は、ビデオでしか見た事がないのですが、マクドナルドのドナルドとおぼしき登場人物がでてきたり、かなりシュールでした。正直なんじゃこりゃあ!!と思いつつ、そのチャレンジ精神には感服した覚えがあります。

そして現代の服装だと、俳優さんたちが細すぎてちょっと違和感があったのが印象的でした。特に女優さん。時代劇の衣装ではわかりませんが、洋服では折れそうなほど細くて!気になって仕方ありませんでした。

それと「越劇王子」の趙志剛の現代装は、大学生設定でメガネがそうさせるのか、日本の落語家さんの私服みたいに見えた。。。(ファンの方ごめんなさい)

ご指摘のようにどちらかというとフェミニズム演劇というか、メロドラというより女性の自立性、独立性などを主題にしているため、「甄環」なんかはドラマを見ていて越劇の本質と相いれないような・・・なんて思っています。これから見る予定です^^

「摂政王の恋」は評判いいみたいですね!小生の方もですし、孝庄太后の謝群英さん、私は長年のファンでして、主役は少なめだったので、わー!主演のうえにヒットもして評価もされたぞ!ととても嬉しかったです。

「越劇の世界」は謝群英さんにも謹呈本が送られているので、日本語でなんだこれって感じかもしれませんが、私のパートでも謝さんのことは取り上げてるんですう!とアピールしたかったです。

茅威涛来日公演はとても豪華なキャストでしたよね。寒情からしてもそうですが、茅威涛はご主人の影響なのか?どうも斬新な試みがあまり成功していない印象が最近強く、越劇界からも浮き上がって見えます。要職にはついているものの、作品で越劇界をけん引してほしいと願うファンが多いのですが・・・

自慢ですが(爆)、執筆者の中で越劇の古典(1940-60年代ごろ)の作品、女優さんに一番詳しいのが私だったため、主催の中山先生は現在の越劇について、私は古典担当ということでゆるーく作業分担した思い入れがあります。

DVDやVCDで散在したもとがやっととれました、、、、、
茅威涛さん世代の、50代の女優さんも主役で活躍されていて、とても見ごたえがありますよ!結婚で対談となるタカラヅカと非常に異なる点だと思います。

長くなりましたがこのへんで失礼いたします。
どぎつい舞台化粧に慣れれば結構平気で鑑賞できますよ^^
返信する

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。