Intermission

古装劇場 別館

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

承徳・山海関の旅13 北京・白雲観

2014年08月13日 09時11分11秒 | 旅行
 中国旅行最終日。
 午前中、空港へ移動するまで少し時間があるので、大急ぎで白雲観へ行ってきた。白雲観は、北京最大の道教寺院にして、全真教の総本山。長春真人こと邱処機ゆかりの寺院としか知らなかったのだが、あらためて確認すると、創建は唐代にさかのぼる。何度も名前が変わったり、焼失して再建されたりといったことを繰りかえしてきた模様。貴重なわずかな時間の訪問先としてなぜここをチョイスしたかといえば、道教に興味があるわけではなくても、全真教、邱処機と聞いてピンとくる人はピンとくると思いますが、私もまあその一人なんですわ。

 地下鉄の駅から歩いたら、思ったよりちょっと遠くて時間をロスした。下の写真は、道路に面した正門。入場料は10元。チケットはなく、カードを渡されて、地下鉄駅のように入り口で回収されてしまうシステム。チケットを記念にとっておく私には大変残念。



 さすがに、都市部にある割には面積は広い。縁日には賑やからしいが、この日はあまり人気はなかった。それでもお堂を一つ一つまわってお線香をあげて熱心にお参りしている人たちもいた。門前に線香売りがいたし、何より本物の道士様がいるし、ちゃんと信仰の場として息づいているらしいのは気持ちよい。文革をどう乗り切ったのだろうなあ。建物自体は新しいから、やはり一度はぶっ壊されたんだろうか。

 

 たくさんのお堂が並んで、それぞれ神様がまつられているのだが、堂内は写真撮影禁止。しかも、それぞれのお堂で道士様がちゃんと番をしている。後で見ると、同じようなお堂の写真ばかりで、お見せできるような写真がほとんどない。下の写真は老律堂。毎日のお勤めをここで行うらしく、確かにそれらしい雰囲気だった。全真七子をまつっていて、奥には全真七子の像がずらり! 写真撮りたかった! 



 下の写真は、一番のお目当ての邱祖殿。そう、邱処機がまつられている。手前の鉢は乾隆帝下賜のもので、この下に邱処機の遺体が埋葬されているとか。お堂内の壁一面には、邱処機の一生を描いた塑像が造られている。ああ、写真撮りたい! しかし、ここにもしっかり道士様がいらっしゃる……。と、道士様、ふらっと外へ出て行き、他の道士様とおしゃべりを始めた。ラッキー! チャンス! 私は大急ぎで何枚か写真を撮った。しかし、後で確認すると、慌てていたせいか、みんなピンぼけなのだった。罰があたったのか。

 

 ちなみに、白雲観は、新版「紅楼夢」のロケにも使われていたはず。



 あまり時間もなかったので、大急ぎで見て帰った。下の写真は、往復時にそばを通った古観象台。時間があればこちらも見るつもりだったのに、甘かった。



 この後、リムジンバスで北京空港に向かった。これでもう安心と思っていたら、第二ターミナルの目の前で、乗っているバスが車に当て逃げされるという事故が発生。車掌は、事故の処理についてあれこれ電話でやりとりしているが、お客には何の案内もなし。そのうち全員バスをおろされて、第三ターミナルまで行く人は他のバスに乗り代えるみたいなんだけど、どうすればいいのかよくわからず、乗客みんなその場で当惑していた。しばーーーーらくして、車掌に「あんたたち何やってるんだ! 早く他のバスに乗ってけ! 何ぐずぐずしてるんだ!」とどなられましたよ。

 というわけで、無事に帰国。なお、この日、外を歩いたのは3~4時間ほどだと思うが、マスクをしなかったせいか、のどを痛めてしまった。しかも1週間ほど、のどのイガイガがとれず、すっきりしなかった。恐るべし、北京の大気汚染。北京在住の大勢の皆さま、ご愁傷様です。私が次に行く時までどうかご無事で。

 この旅行記を書き始めてすでに1年近く。昨年の今頃、旅行してたんですねえ……

 以上、2013年8月10日~16日の旅の記録でした。

(完)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 承徳・山海関の旅12 おひ... | トップ | 陳舜臣死去!!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大気汚染そんなにひどいんですね (黄梅)
2014-10-02 16:40:16
在住の友人知人からは聞かされていましたが、
旅行滞在でもそんなになるレベルですか・・・。

>北京最大の道教寺院にして、全真教の総本山

白雲観も邱処機も恥ずかしながら知らなくて、
記事を拝見してググってみました^^

道教は少し気になるので、面白く読みました。
本当、文革でどうやったんでしょうね。
そして今の時代に道士になる方の動機とかって
気になりますー。

新版のロケに使われていたんですね。お参りの
シーンかな。気を付けてみてみます!

日本語版がDVD出ていましたね、「ラブ史劇」「愛の
宴」のコピーに腰砕けでしたが、「甄環伝」ファンの
友人などは食指が動いたようです。

見終わった後、彼女がどう感じるか楽しみなような
怖いような・・・

自分の中国好きの原点を思い出すと西太后の映画
と台湾の幽幻道士なので(香港の霊幻道士は後から
知りました)、道士姿に萌えました^^

台湾でロケが行われた映画城みたいなところに行った
ら、けっこう書割みたいだったので、本物の道教寺院を
一回見てみようと思いました!
大気汚染。。。 (小魚)
2015-01-21 23:31:01
何度思い出しても異常すぎました、あの大気汚染は。まだ今でもあの状態なんでしょうね。目の前の建物や樹木もかすんで見えるくらいでした。さすがの私も、当分もう北京には行けないと思いましたよ。

新版紅楼夢、まさか日本版が出るとは思いませんでした。だからこそ、ちゃんとしたドラマに仕上げて欲しかったです。ますます残念です。

白雲観でロケしたのは、たぶん清虚観のシーンだったような? うろ覚えです。すみません。鳳姐が子供の道士をひっぱたくシーンがあるあそこです。たぶん。間違っていたらごめんなさい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事