Intermission

古装劇場 別館

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

越劇の世界~中国の女性演劇

2016年08月16日 20時31分15秒 | その他
 お久しぶりです。また長いこと放置してしまいました。それでもまだ訪問してくだる方、申し訳ありませんでした。次にいつ更新するか分かりませんが……

 それでは、しばらく前に読んだ本をご紹介。

「越劇の世界~中国の女性演劇」
 中山 文 編著 / 水山産業出版部

 越劇の誕生から発展の歴史、現状、俳優、代表作の紹介まで、初心者にはとてもためになる内容だった。これまで断片的にしか知らなかったことが、この本のおかげで一つにつながった気がする。

 越劇といえば、女性による演劇で(若干の男性俳優はいる)、いわゆる才子佳人ものを主に演じているというのが私の印象だった。新作もかなり作っているようだが、観客に迎合しているというか、悪くいえば俗っぽいというか、京劇や昆曲に比べると軽めのイメージがあった。が、この本を読んで、認識を改めさせられた。

 越劇が時代に応じて変革を続けてきたこと、次々に発表される新作も、その時の社会問題や女性が置かれている社会的立場を反映していること。伝統演劇の形を取りながら、実は時代や社会と真剣勝負を続けてきていたとは、私の想像を越えていた。美しい女性による見た目も音楽も内容も柔らかいイメージだったが、それは一面にすぎず、実に骨の太い、まさに内剛外柔なのが越劇だったのだ。

 本書では写真つきで代表的な演目の紹介がされているが、伝統的な演目を改編したものから、有名小説の舞台化、歴史上の人物をネタにした新作もあれば、人気テレビドラマを改編したものまである。現代が舞台のものもあるし、もはや女性演劇では片付けられない男性が主役のドラマまであるではないか。

 魯迅の「祝福」「孔乙己」、郭沫若の「屈原」、ネット小説初のベストセラー「第一次的親密接触」など、まさかまさか越劇で表現できるとは思いもしなかった。「ハムレット」の翻案もある。中国テレビドラマ好きとしては、「大明宮詞」を元にした「大唐驪歌」や、ドルゴンと孝荘太后を描く「摂政王の恋」などがたいへん気になる。そして、昆曲と越劇で上演されそれぞれ成功を収めたという「班昭」もぜひ見てみたいものだ。

 読んでいて胸が痛かったのは、京劇の招聘を長年にわたりおこなっている京劇中心の津田忠彦氏による「浙江小百花越劇団招聘公演のこと」。1997年、浙江小百花越劇団が来日し、「寒情~始皇帝暗殺秘話」を上演した。当時、私は気にはなったものの、結局見に行かなかった。陳凱歌監督の映画「始皇帝暗殺」の便乗企画かな?くらいにしか思わなかったこともあるし、当時は「浙江小百花越劇団」も茅威涛も知らなかった。ああ、主演が茅威涛だったとは! 読むと、当時は知名度の低さや宣伝がうまくいかなかったことなどから、客の入りは良くなく、津田氏も茅威涛も辛い思いをされたようだ。ああ、なぜ見に行かなかったのだろう。私ひとり観客が増えたからといってどうなったわけもないが、後悔されてしかたない。

 なお、お世話になっているブログ「越劇・黄梅戯・紅楼夢」の黄梅さんが寄稿されていて、その縁で本書も紹介していただいた。好きこそものの、とはよく言ったもので、流派の紹介などすでに素人のお仕事とは思えない。マニア道のすごさに感じ入ったことでした。
コメント (1)

東京国立博物館 特別展「書聖 王羲之」

2013年04月22日 00時05分47秒 | その他
 とうに(3月3日に)閉幕した東京国立博物館での特別展「書聖 王羲之」について書きかけたまま放置していたので、今さらだが続きを書こうと思う。2月末の日曜日に行ってきた。先の「中国 王朝の至宝」が比較的すいていたので油断していたら、閉幕間近だったせいもあるかもしれないが、かなり混んでいた。

 第一会場に入って最初の展示は「序章 王羲之の資料」。まずは、王羲之のエピソードも書かれている「世説新語」。ここでいきなり長蛇の列。大きな絵や掛け軸などと違って、展示物をを覗きこまなければならないし、細かい字がいっぱい書かれているので、行列がなかなか進まないのは分かる。しかし、人々はなぜ「世説新語」をここまで熱心に見ているのだろうか。国宝だからか。まさか、ずっと読んでいるとか? でも中国語もしくは漢文を読める人がそんなにいるかな、と思っていたら、しばらくして謎が解けた。知らない人の会話が聞こえてきたのだが、どうやらこれを王羲之の書だと思って見ているらしい……。何事も下調べは大事だね! まあ私もそうであるように、入場してすぐなので気合いが入っていて、順番通りに見るぞ!という人が多いのだろう。

「第1章 王羲之の書の実像」。
 まずは、王羲之以前の書の歴史、そして王羲之の模本や法帖をいろいろ。唐の太宗が作らせた精巧な模本は、双鉤填墨という方法で作られているのだが、ドラマ「貞観之治(皇帝 李世民~貞観の治~)」で作るとこ見たなーと、なんだか嬉しいのだった。
 素人なので、実は王羲之の良さなど分からず、だからちょっとは勉強しようと来たはずなのに、気がつくと跋文ばかり見ていたり、「乾隆のハンコ邪魔!」とか、どうも脱線しがちの私。でも、「行穰帖」をなんとなくいいなあと思った。理由は聞かないでください。

 「第2章 さまざまな蘭亭序」に来た時は、すでにかなり疲れていたので、見るのも雑になる。なんかもう「『蘭亭序』がいっぱいだ~」としか。猫に小判、ブタに真珠とはまさにこのこと。蘭亭の宴を彫刻した硯のほうが楽しい……

 「第3章 王羲之書法の受容と展開」は、王羲之以後の著名な書家の作品が並んでいて、見ていて楽しいが、どこが受容で展開なのか、私にはよく分かりません。八大山人が彼独特の字で蘭亭序の冒頭を条幅に書いてたけれど、こういうのもありなのですね。この書、以前に別の展示会で見たけど。劉[土庸]の字は見るたびに、ドラマ「宰相劉羅鍋」の主題歌が頭に流れてしまうので困る。ただ、この人の書とドラマの劉[土庸]のイメージが真逆なのには、いつも残念な気がしてしまう。

 というわけで、素人にはちょっと敷居の高い展示会だったが、展示物の大半が日本にあることに驚いた。また、草書の法帖で、文字の横に小さく楷書で何の字かがメモされているのを見て、嬉しかった。ああ、昔の中国人も草書は読めなかったのね、と安心した!
コメント (2)

東京国立博物館 特別展「中国 王朝の至宝」

2012年10月30日 23時52分53秒 | その他
 東京国立博物館で開催中の「中国 王朝の至宝」展を10月28日(日)に見てきた。9:30開館のところ、9:40~45頃到着したのだが、我が目を疑った。なんとチケット売り場に人影がない! 正確にいうと、正門向かって右側の「出雲展」のほうはわらわらと人がいた。しかし、「中国~」の看板を掲げている左側には人っ子ひとりいない。ちなみに「中国~」のチケットを買うと、出雲展も見られるようになっていた。そして、平成館へ到着するまで、私の前を歩く人がいなかった。入館するとチケットもぎの前で、バッグを開けられて手荷物検査。何もかもが初めて尽くしである。

 いざ会場に入ると、そこそこ人は入っていたけれど、この手の展覧会でこんなに人が少ないのは初めてだ。見学しやすくて良かったけれど、でも日曜日だよ!! 「北京故宮博物院 200選」の時の行列を思い出して心配しながら行ったのに、拍子抜けもいいところだ。日中関係悪化のせいか。それとも展示物が地味すぎるとか?……さっき展覧会のサイトを見てみたら、「緊急告知!!ブロガー特別招待会開催」だそうだ。入場者の少なさに博物館もあせっているのだろうか。招待会というからには入場無料だろう。ちょっと羨ましい。さらに「ご参加いただいたブロガーの方には、本展オリジナルグッズの中から、話題のカプセルフィギュアをひとつプレゼントいたします。」ですって! 好きなのが選べるのだろうか……。だってこれ、ガチャポンだったのだ。しかも400円もした。悩んだあげくチャレンジしたけど、欲しかったのを外してガッカリ。当たるまでお金を入れる気にはなれなかったのであきらめたが、いまだに心残りだ。普通に400円で売っていれば、買ったのにさ。

 まあフィギュアはどうでもよくて、肝心の展示について。第一章 王朝の曙・「蜀」と「夏・殷」、 第二章 群雄の輝き・「楚」と「斉・魯」、第三章 初めての統一王朝・「秦」と「漢」 ……というように、「同時代に栄えた二つの王朝の代表的な文物を対決させる」という展示構成はなかなかいいアイデアだと思った。最近の出土品がけっこうあり、金沙遺跡の出土品はたぶん初めて見た。第二章では、個人的に「楚」に興味があるので、これまた楽しく浮かれ気味の私。「羽人」とか、超おもしろいんだけど。と、すべり出しは好調だったのだが、第五章でちょっと苦しくなってきた。世界帝国の出現・「唐」長安と洛陽、と突然ここだけ同じ王朝の二つの都市の対決になっている。それはいいとしても、洛陽が「聖なる宗教都市」って、そうだろうか……まあ仏教関係の展示ばかりだったからね。ラストは第六章 近世の胎動・「遼」と「宋」。どのへんが「近世の胎動」なのか分からなかったです。どちらも仏教関係の展示が多かったし、特に宋は内容が偏っていないだろうか。何より宋代の至宝といえば、青磁の名品をひとつくらい展示してしかるべきでは。そもそも「精神性の漢民族文化」って、これっぽっちの展示品でいったい何がわかるのか。かなり食い足りない。全体的に、前半は面白かったけど、後半は物足りないというのが、私の感想だ。たまたま私の興味とうまく合致しなかっただけかもしれないが。しかし、ラストに展示されていた金ピカの阿育王塔がかなり見応えがあり、少し気をとりなおした。北宋のもので、2008年(だったかな?)に南京で発見されたばかりとのことだが、広い中国、まだまだどんなすごい文物が出てくるのか計り知れないなあと思ったことだった。

 せっかくなので「出雲展」にも足を向けてみたが、すでに疲労と空腹でヘロヘロになっていたので、人混みをかき分けて見る気力は出ず、さっと見ただけで出てきてしまった。後で思うと、もったいないことをした。
コメント (2)

ヘルマン・プライの「鳩の使い」

2012年10月18日 00時04分39秒 | その他
 もう10月も後半に入ってしまったが、9月のお話。 
 9月に入ってずっとチェックを怠っていたら、7日にコメントをいただいていたことに25日になってようやく気づいた。しかも、かなり驚きの内容。
http://blog.goo.ne.jp/xiaoyu_guzhuang/e/a0f8ac423b882bf8f083d72f09f96c79#comment-list
 まさか5月の記事に今さら反応があるとは夢にも思わなかったこともあるが、それよりも何よりも、一体どうやってこんなブログを見つけられたのだろうか。本気でびっくりした。ヘルマン・プライのファンの方だろうか。あわててコメントにあるNHKのサイトを見たが、時すでに遅し。ショックの連打に目が回りそうだった。しかし、プライのファンがまだまだいるらしいことを知って、ちょっと嬉しくなった。

 で、あらためてヘルマン・プライである。先日はF=ディースカウの訃報を受けて記事を書いておきながら、いや、私はプライのほうが好き、というなんだか失礼な内容になってしまっていた。今読み返すとどうかと思うが、とにかく私はプライが好きなのだ。

 出会いは高校時代だったと思う。もともとクラシック音楽は好きでも声楽を敬遠していた私が、初めて好きになった歌手がプライだった。当時、シューベルトの歌曲くらい聴いてみなきゃなーとなんとなく思い始めていたのだが、自宅にあったF=ディースカウのシューベルト三大歌曲集(LP。家にまだあるのだろうか……)は、「冬の旅」の冒頭2~3曲であえなく挫折。そこで、もっとメジャーな歌をちょこっと聴いてみようかと、ある時ふと気がむいて、NHK-FMの番組でプライが歌う「野薔薇」「ます」など数曲をエアチェックしてみた。何故プライだったかといえば、この人も有名だから聴いてみようというだけのことだった。

 これが不思議とすんなり耳に入ってきて、歌曲はお堅くて重いというそれまでのイメージを心地よく裏切ってくれた。知っているメロディーだったせいもあるだろうが、他の歌手だったら同じように感じたかどうか。声そのものも好きだったが、プライの歌は何よりもまず暖かくて親しみやすく、堅苦しい古典だと思っていた歌曲が生き生きとした明るいものに感じられてきた。これをきっかけに、私はプライを中心に歌曲を少しづつ聴くようになり、オペラにも手を出していつしかハマり……と、私の人生が、とは言わないが、人生の一部はプライの歌声に出会ったことによって変わってしまった。プライは間違いなく、私の人生に影響を与えた人物の一人だ。

 この時、特に好きになった歌が、「白鳥の歌」の最後の一曲「鳩の使い(Die Taubenpost)」だった。この歌は当時初めて聴いたのだが、天衣無縫と形容したくなる一見シンプルかつ不思議な透明感のある調べに、私はとても惹かれた。何を歌っているのかも分からないまま、何度も何度も繰り返し聴いたものだ。しばらくして歌詞の対訳を読んでみて、感動は倍増した。この歌がシューベルトの死の直前に作曲されたという知識だけはあったので、自らの死を目前にした人間が、「憧れ」をうたった詩に、このように軽やかで暖かく、穏やかな明るさを持つ音楽をつけたことに、人間の精神の深さを見たように思った。そしてこの明るさの中に潜む静けさや哀しさのようなものに、シューベルトの魂に触れるような気さえした。もうこの歌自体が好きなのか、プライが歌うから好きなのか自分でもよく分からないが、今でも他の歌手では聴けないというくらい、そしてプライが歌っても他の録音では物足りないというくらい、すっかりはまってしまった。単純に初めて聴いた演奏が刷り込まれてしまっただけのような気もするが、すでに矯正は不可能だ。

 ピアノはワルター・クリーン。調べてみると、プライの「白鳥の歌」の録音では最初のもののようだ。この歌をラジオから録音したテープを最後の最後まで捨てられずにずっと持っていたのだが、ある時ついに一大決心をして、エイヤっと捨ててしまった。CDか何かでまた手に入るに違いないと信じて。大失敗だった。いまだに手に入らない……。
 
 ヘルマン・プライとワルター・クリーンの「白鳥の歌」、CDでもiTunesでも何でもいいので、どこかでまた販売してくれないだろうか。この「鳩の使い」を私が死んだらお葬式で流してもらいたいとかなり本気で思っているので、なんとか早いうちに。
コメント (4)

追悼・陳強

2012年06月27日 22時23分51秒 | その他
 中国の著名な俳優、特に喜劇俳優として有名な陳強が、6月26日夜、北京で亡くなった。享年94歳。

 出演作は多いが、私が見たことのある作品(映画)は、
1950年「白毛女」
1961年「紅色娘子軍」(いずれも悪役)
1979年「[目焦]這一家子」(邦題:ピンぼけ家族)、
1983年「夕照街」(邦題も同じ)
だと思う。中でも「ピンぼけ家族」のユーモラスなお父さんは忘れられない。

 息子の陳佩斯も有名俳優で、最近は「陳佩斯の父」と紹介されることのほうが多かったかな。お年もお年だとしても最近は名前を聞かないなあと思っていたら、4年前に脳卒中で倒れていたそうだ。最後は、陳佩斯も仕事を休んで、ずっと父親の看病をしていたとのこと。

 中国映画を見始めた初期に強い印象を受けた俳優さんなので、なんとなく寂しい。心よりご冥福をお祈りいたします。

 懐かしの映画「ピンぼけ家族」
コメント (2)