小毛毛雨

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神戸旅行者必食のアフタヌーンティー

2016-01-15 10:22:05 | 無法揮去

皆さんこんにちは今回は神戸の旧居留地にあるTOOTH TOOTHmaison15に行ってきました

神戸にはですね TOOTH TOOTHがたくさんあるんですけどもこちらは

神戸に残る最も古い異人館で国の重要文化財でもあります 旧神戸居留地十五番館をリニュアールしたところになっております

 

中もとってもおしゃれです

今回はですね季節のアフタヌーンティーセットを求めてやってきました

じゃーん

アフタヌーンティーがやってきました

 

いちじくとかマンゴー、ぶどうなど夏から秋にかけての季節っていうイメージ

 

でしょうかね そんなラインナップになっております

紅茶を2ポットいただけるんですけども両方ともねルイボスティーにし

 

ました このルイボスティーとっても美味しかったです

 

ただのルイボスティーではなくてルイボスティー&ベルガモットというもので

すごく飲みやすいです

 

TOOTHTOOTHはですね スイーツの他にに紅茶も美味しいのでぜひお紅茶も飲んでいただきたいなと思います

 

異人館といえばね北野坂の方にたくさんあってですね 私が一番好きなのはウロコの家というところです

 

うろこの家ば神戸で最初に公開された代表的な異人館でこちらも文化財に指定されている建物です

その他の関連資料:

 

約3千枚の天然石のストレートっていうもので作られていて、うろこのようになって

 

いるのでうろこ の家と呼ばれるそうです

あとはですね窓から神戸のの町並みが一望できるのですごくおすすめです

 

スコーン食べてますけどこのスコーンすーっごく美味しいです パサパサじゃなくてしっとりした

 

絶妙です かりふわ?みたいな笑

 

クロテッドクリームといちじくのジャムを合わせて食べます

 

わたしが神戸で好きな場所は今いる神戸旧居留地とかあとは先ほど言っていた北野坂の方ですね

 

こちらがちょっとオシャレで神戸らしくてとても好きです

両方とも美味しいお店もありますし

 

旧居留地ではねあのハイブランドとかの路面店がずらーっと並んでいるので

お買い物にもおすすめです

 

いちじくのフルーツを食べています

いちじくてこういう機会がないとなかなか食べないですよね 久しぶりに食べました

 

ケーキとかにのってたりしますけど 生のいちじくは本当こういう機会にしか食べないなと思いました

 

フレッシュでとても美味しかったです

 

tooth tooth は神戸にしかないと思っていたんですけれども

東京の恵比寿にTOOTH TOOTH TOKYOというフレンチのお店があるそうです

 

全然関係ないですけど神戸の洋菓子でフロインドリーブってお店があるんですけど

 

あれも東京にね

お店ありますもんね みんなと東京にお店出していますね

 

クッキーを食べています多分ダージリン

 

TOOTHTOOTHはねパティシェリーっていうだけあってスイーツは全部美味しいです

最近ですね 西宮ガーデンズにもTOOTHTOOTHパティスリー&カフェというのができました

 

ガーデンズの方でもこちらのものとは違いますがアフタヌーンティーセットがあるので是非行ってみてください

 

ぶどうのゼリーです 上にヨーグルトみたいなムースと下にマスカットと

お酒のようなゼリーが組み合わさった一品です

 

さっぱりとしていました

 

近くのテーブルのカップルがですね 記念日だったかお誕生日だったかをアフタヌーンティーでやっていたのでそういうこともできます

 

異人館の中で飲食できるのは他にはで北野坂に異人館のスターバックスがあります これは結構有名だからみなさんもご存知かもしれないですが

 

ちょうどね異人館さんのを巡る時の坂にあるのでぜひにそちらも寄っていくと

 

いいかなと思います

他には観光地と言えば南京町という中華街がありまして

 

横浜とかに比べたらねちょっとこじんまりとしているんですけども

そこだけ港町らしい異国感があります

 

北野坂は山なんですけれども海が見たいなと思ったら

 

やっぱりハーバーランドですね

MOSAICよかumieなどの商業施設があるんですけども

 

アンパンマンミュージアムもそのあたりにあります

あとはですね コンチェルトという

クルージングができるね船があります 昔ルミナス神戸もあったんですけどちょっとコロナで潰れちゃいましたので今はコンチェルトだけです

 

今食べてのはですね

桃がのっているパンナコッタです

お次はカヌレです オーソドックスな黒糖?のようなカヌレです

神戸でカヌレというと「Daniel」というお店がとても有名です 芦屋川にあるのですが

 

最近だと大阪のルクアでも買えます

TOOTHTOOTHのカヌレもとてももっちりとして美味しかったです

 

こちらのmaison15ではアフタヌーンティーの他にレストランなのでランチやディナーも楽しめます

 

今ですね三宮の駅前のほうがですね 工事をしていてすごく綺麗になるみたいなので 楽しみにしてます

 

今ちょっと駅古いんですよ 三宮って

なのでねちょっとね神戸ってオシャレと思って観光に来た方がびっくりすると話を聞いたので

 

キレイになったらイメージ通りになるのかなと思ってます

 

あとね神戸は夜景が綺麗ですね 山と海両方あるのでどちら側から見てもちょっとにキラキラしていて凄く綺麗です

 

なので 夜とかハーバーランドの方に行くと本当にカップルだらけになってます笑

神戸はあまり神社仏閣はないなと思うのですが「生田神社」がありますね

 

陣内さんと藤原紀香さんが結婚式挙げたところですね あとは北野天満神社というのが北野坂のところにあります

 

TOOTHTOOTHのスイーツはフルーツを使ったものが多いので

あまり甘くなくて食べやすいですよね

お次はですねパイナップルのタルトです

 

こちらもですねすごくさっぱりとしていて美味しかったです

このタイミングでサンドイッチをいただいています

ハムとチーズの

サンドイッチですごく美味しかったです

 

お次は私の大好きなマカロンです

確か味はレモン味だったと思います

マカロンも凄い美味しかったです 違う味もあと3種類ぐらい食べたかったです

食べる順番おかしいんですけども最後にキッシュです 確かナスが入っ手板と思います

 

どれも美味しかったので是非行ってみてください

 

わたしのチャンネルではおでかけスポットやグルメなどを紹介しています もし参考になったよとか行ってみたなと思った方はgoodボタンとチャンネル登録して

 

いただけると嬉しいです

その他の関連資料:

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛情像薄紙是那麼的微不足道

2015-09-24 16:51:10 | 無法揮去

忘記了具體的時間,久別的校園裏已是落葉紛飛,正趕上休假日,空蕩的只有影子一個人,她穿著潔白的碎花長裙,安靜的踩著綿長的青春,紀念著失去的懵懂歲月。她悄然的,如一片雪花,輕柔的飄出了校園,在校門口那一段單行道上,肆意的呼吸著充滿塵灰的氣息,一樣的單行道,卻早已時過境遷。

那是的愛,有著懵懂的搏動,有著青春的印跡,年少的她也可以擁有那麼多想要釋放的戀曲,然而,當用盡全力的愛過,生離死別的聚過,再不過是最後的傷痕累累,咫尺天涯的陌路與共。這一刻,愛不再是掛在懸崖邊那朵潔白的雪蓮,因為摘到的時候,早已不再有愛的奇跡。

那時的她,一個初入花季的少女,凸顯的羞澀和稚嫩縈繞著她嬌小的身軀,她習慣走在那條單行道上,因為那是品嘗青春的必經之路。也許是冥冥之中的安排,那天中午,豔陽高照,忽然一輛單車逆行而來,飛速撞向了她,她重重的倒下了,驚嚇之中,她微微抬起頭。委屈的看著慌忙從單車上走下來的男生,“對不起,你沒事吧?”男生問道,影子木訥的望著,並沒有回答,男生扶起影子,准備將影子送去校醫室,影子定了定神,動了動僵硬的腳,發覺無大礙,便拒絕了男生的提議,男生看影子尚能走路,便說:“我是高三D班的在俊,你呢?”“高三A班,影子。”她怯怯的回答,“影子,”說著笑了笑,便揮了揮手騎著單車,消失在迷蒙的視線。影子就這樣望著,那個遠去的男生,久久的望著。

回到班級,依然是繁忙的學習生活,她托著下巴,面朝向窗外,她想著,那個撞進他心靈的男生,嘴角無意間露出一絲微笑。一連幾天,她並有遇見他,她只記得他白皙的帥摸樣,陽光般的笑容,還有,那個“在俊”的名字,正如她腦海中刻下的樣子。也許,這就是一見鐘情,也許,這只是一種念想,但不論如何,心潮已經跌宕起伏蕩,漣漪早已次第泛開。

初秋的雨滴,滴落在心頭,留下思念的味道,她不敢去D班,怕見著他,可又想去看看那張無法忘懷的容顏,她矛盾著,苦惱著。她常常站在走廊裏,看著對面D班的教室門口,也許,能夠觸摸到一點影子吧。落葉旋轉而下,有點悲傷,風拂過她無暇的臉龐,繚亂了她烏的長發,發絲亂舞著,就像她的心緒。正當她惆悵之際,卻看見對面有個男生對著她微笑,在俊!她驚慌的移開了視線,又忽然正視著他的笑容,她羞澀的不知如何是好,可是,淺淺的酒窩已代替了她內心的回應。

在俊笑著,便離開了那裏,她轉過頭,看見他提著什麼東西向自己走來。越來越近了,她的心撲通個不停,於是,她深深的吸了一口氣,假裝鎮靜,在俊走了過來,“送你的,上次撞了你,就當道歉來著。”說著遞了過來。影子不敢接,猶猶豫豫,有些為難。“拿著吧,我這是負荊請罪,不要不給面子啊。”影子這才接了下來,“是什麼?”影子好奇,“打開看看。”在俊壞笑著,“我覺得這很適合你,誰讓你這麼瘦。”拆開包裝紙,原來是一盒芙巧克力。

夜晚的燈火異常璀璨,像火流星,一點一點的侵襲著整座城市。入口即化的巧克力,就像初春的愛情,隱約而甜蜜。愛情來的時候,是意想不到的,靜悄悄的,有點虛幻。往後的日子,她擁有了這個世界上最尋常的愛情,自然的相愛,毫不忌諱的十指相扣,以為這樣就是地老天荒。鮮嫩欲滴,像草莓一般鮮豔的愛戀,在她的眼裏,也許是這個世界上最令人感動和憧憬的。

高考那年,她與他進了同一所大學,因為愛情,而選擇繼續在一起,經營者他們之間的永遠。大學前三年過的稍縱即逝,他們成為了校園裏最令人羨慕的一對,從高三到大三,再到即將開啟的大四生活。一切都是那麼的順其自然,那麼靜止不變,為了他們之間的承諾,許下一世的相濡以沫。

然而大四下半年,一個黃昏雨後,在俊對她說,家人讓他出國,“影子,我們一起去吧,去英國,那裏的夏天悠長清涼。”從他不舍的眼中,她看見了誠懇和惋惜。可是,她不能走,她有著自己的夢想和追求,也許在現實面前,一切都不再那麼從容。“在俊,多好的前途啊,珍惜吧。也許以後的路,你一個人要好好的走。”

現在回想起來,她一定會答應他,而當時22歲的她,又有著太多的不確定,包括今後的規劃,還有那時的夢想。也或許,是因為沒有足夠的理由,至少,她不能為愛犧牲一切。

然而,愛就是愛了,那麼多年的回憶,也足足存在著,就像一句話說得好:“如果你愛她,就要給她走最好的路,找最好的對象,過最好的生活,叫她忘記你,而不能成為她的牽絆。”

沒有愛,生活落得如此淒涼,她一個人重複著剩下的單調的大學生活,然後拼搏著未來的職業生涯。剛開始,在俊還會打一些電話過來。日子久了,便斷了聯系。影子想,也許曾經的美好,夠她回憶一陣子吧。

高中的校園外,那條單行道已經拓了,校園裏再沒有如初的氣息,顯得嘈雜、喧囂。她默默的走著,可再也沒有一個莽撞的人撞過來,那個讓她受傷的人已經離開。

導師安排了她去一家外企工作,那是一家知名公司,在最繁華的地帶有著一棟獨立的寫字樓。工作是辛苦的,但是薪水卻也是很高的,在一次交流會上,我代表公司去研討。進了電梯,她竟然看見了在俊,與其說是在俊,不如說是一個長得和在俊一模一樣的男人,只是沒有在俊一樣看著她的眼神,那個眼神是陌生的,就像是不認識。她驚呆了,於是,緩了緩神,輕輕地叫了一聲:“在俊?”那個男人茫然的看著她,然後淡淡的一笑,這時的電梯門開了,他竟然走了出去,留下她悲傷和疑惑的神情。

她想,也許他有著自己的生活,有著自己嶄新的人生,何必再去打擾,那種陌生,深深地刺痛了她的每一根心弦。她後悔著當初沒能答應他,和他一起遠走天涯。有時的愛情,真的經不起距離和時間的考驗,那種骨子裏的陌生,像魔咒一般,詛咒著世間的幸福。

她最終選擇了離開了那座城市,去了最遙遠的海南,哪裏有著屬於她的夏天,還有初秋的味道,滲進她的腦海。面朝大海,春暖花開,她不願在提及她的

在一次與導師的聯系當中,影子得知,原來在俊在英國的單行道上逆行,出了車禍,雖然保住了性命,卻失憶了。如五雷轟頂,她不知所措的會想起那個陌生的眼神,本是一陣安慰和欣喜,卻在一瞬間轉為蒼白和無奈,不一樣的原因,卻是同樣的結局,沒有了過去和她在一起的點點滴滴,愛情,已無能為力。

她有段時間很想告訴在俊,自己就是影子,然而,物是人非,過去的種種又有著什麼意義?新的開始,也許不僅僅是上天對於他的恩賜,也是對於她自己的忘記。

許久的淚水還是倔強的掉了下來,一樣的單行道逆行,可是誰都回不去……

也許,這就是所謂的愛情,捉弄著他們的命運,這一道過往的傷痕,也許是青春年華裏,最殘忍和最難忘的回憶。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

記得曾經的自己曾經的你們

2015-08-07 15:10:07 | 無法揮去

其實喜歡文學,喜歡寫作,只是為了打發無聊的時間。我不想沉迷於網絡,不想沉迷於無謂的聊天之中。畢竟不是小孩子,只知道玩了!也可能是因為我怕哪Dream beauty pro 好唔好一天我突然忘記了一切,忘記了自己的姓名,忘記了愛情,忘記了你們或許那時,你們會給我看看我所寫的東西,也許我就會慢慢記得了!
我是習慣喜歡用文字來表達的人,並不是說我不喜歡說,我只是覺得通過文字可以讓更多的人知道而已!不管對人,對事,對物也好,我都會用心去體會,用平淡的文字去抒寫,保存起來,等待回憶

對於愛情,曾經有人問我,你那麼多同學朋友,怎麼到現在還單身呢?我一時間也不知道怎麼回答,細細想來。曾經是有那麼一兩個喜歡過我,但是那時因為讀書,而我,那時是一個性格各方面都比較靦腆內向的人,沒能邁出那一步,現在想想,確實有點可惜了。沒能處理好當時的關系,以至於現在都沒什麼話說。而現在她們也都有了各自的家,各自的生活。我也沒有去打擾過她們,聯系她們了!想想那時的性格和現在比起來真的是差好多好多,也覺得自己慢慢康泰旅行團變得樂觀起來了,不在塵封自己,埋藏自己。更多的是把真實的自己展現在你們面前,不再把自己藏起來,不再把愛藏起來,該說出口的就說出口。是時候了,時間對了,勇敢的向前,哪怕是有再多的風和雨,哪怕是失敗了,也不後悔!只要自己努力了,我想,終究還是會找到最合適的,最真實的!

在我看來,愛情和友情是很難超越的,友情一旦超越了,那就變質了。好了,就成愛情,不好,連友情也丟了,不值得!所以,在友情裏我一直沒能去超越自己。我希望愛是簡單的,坦誠的,相互的體諒,相互的理解和支持!我不希望愛情躲躲藏藏,好像生活在暗裏似得,見不得光!當然我也從來不勉強愛情,我覺得值得的我會去付出,不值得的我也不會邁出那一步,保持友誼已經足矣!即使是我非常喜歡的,如果她不愛我,我絕不會強求,不會

愛要大聲說出來,我想,我會大聲的說出口,當我遇到了值得等待的人。我會用這輩康泰旅行團子來呵護你,保護你!我要談一場以結婚為目的戀愛,而且是一輩子的!

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

てきたのは

2015-07-14 16:05:48 | 無法揮去

き合ってもらうからね。三者面談なんて面倒なことを押しつけられたんだから、そのくらいのご褒美がないとやってられないだろう? もちろん剛三さんにも許可嬰兒濕疹はもらってきたよ」
 澪はくすりと笑った。
「遥とも三者面談のあと御飯を食べに行きましたよね」
 遥の三者面談は数日前だったが、そのあと二人で食事に行ったと彼から聞いている。帰っ日付が変わるころで、自分のいないところでそんなに盛り上がったのかと、少し寂しく、そして羨ましく思ったことを覚えている。
「ああ、あれは二人きりで男どうしの話がしたくてね」
「男どうしの話? それってどういうのなんですか?」
「内緒」
 悠人は澄まし顔のまま素気なく一蹴した。しかし、秘密にされると嬰兒濕疹余計に気になってしまう。
「ヒントだけでも」
「ダメだよ」
 こうなってはいくら粘ったところで聞き出せそうもない。ひとまずは素直に諦めたふりをして、あとでこっそり遥に聞いてみようかな——などと少々ずるいことを考えながら、悠人に促されて助手席に乗り込む。
「で、どこへ行こうか。晩御飯まではまだ少し時間もあることだし、行きたいところがあれば連れて行ってあげるよ」
 悠人は開いたドアに片腕をのせ、助手席の澪を覗き込みながらそう尋ねてきた。しかし、急に行きたいところと言われてもなかなか思いつかない。少し考えて、頭に浮かんだものを素直に答える。
「じゃあ、海が見たい」
「海ね、了解」
 少し無謀なこと嬰兒濕疹を言ってしまったかと思ったが、悠人はにっこり微笑んで了承

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

を見つけた

2015-07-10 16:40:31 | 無法揮去

っきりと言うわけにはいかないので言葉を濁しているようだが、活躍というのは怪盗ファントムの起こしている事件のことだろう。犯罪行為なだけに、実の親にあっけらかんと言reenex 效果 及されると微妙な気持ちになる。もっとも、彼が先代ファントムであることを考えれば、おかしなことではないのかもしれない。
「遥も元気にしてますよ」
「ああ、さっき帰ったときに話をしたよ。一緒に行かないかと誘ったんだが、篤史君とDVD三昧の方が楽しいそうだ。年中行事に興味がないのは相変わらずだな」
 大地は軽く笑いながら言う。
 澪も何度か誘ったのだが、遥にも篤史にも面倒くさいからと断られた。最近わかったことだが、二人は意外と趣味が合うらしく、休日にはよく篤史の部屋で一緒にDVDを見ているようだ。これまであまり誰とも遊ぼうとしなかった遥が、気の合う仲間のであれば、たとえ相手が篤史であっても嬉しく思う。
「そうだ、遥にも渡したんだが……」
 大地は思い出したようにコートのポケットを探った。
「はい、お年玉」
「わあ、ありがとうございます!」
 澪はパァッと顔を輝かせてreenex 好唔好赤いポチ袋を受け取った。かなり厚みのある感触だ。口は軽く折り曲げてあるだけだったので、はしたないとは思ったものの、親指で押し上げてちらりと中を覗いてみた。入っていたのはおよそ5、6枚、それもすべて一万円札のようである。
「こんなに……あの、いいんですか?」
「ここ二年くらい忘れてたからね。あとは仕事

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

を見つけた

2015-07-10 16:40:02 | 無法揮去

っきりと言うわけにはいかないので言葉を濁しているようだが、活躍というのは怪盗ファントムの起こしている事件のことだろう。犯罪行為なだけに、実の親にあっけらかんと言及されると微妙な気持ちになる。もっとも、彼が先代ファントムであることを考えれば、おかしなことではないのかもしれない。
「遥も元気にしてますよ」
「ああ、さっき帰ったときに話をしたよ。一緒に行かないかと誘ったんだが、篤史君とDVD三昧の方が楽しいそうだ。年中行事に興味がないのは相変わらずだな」
 大地は軽く笑いながら言う。
 澪も何度か誘ったのだが、遥にも篤史にも面倒くさいからと断られた。最近わかったことだが、二人は意外と趣味が合うらしく、休日にはよく篤史の部屋で一緒にDVDを見ているようだ。これまであまり誰とも遊ぼうとしなかった遥が、気の合う仲間のであれば、たとえ相手が篤史であっても嬉しく思う。
「そうだ、遥にも渡したんだが……」
 大地は思い出したようにコートのポケットを探った。
「はい、お年玉」
「わあ、ありがとうございます!」
 澪はパァッと顔を輝かせて赤いポチ袋を受け取った。かなり厚みのある感触だ。口は軽く折り曲げてあるだけだったので、はしたないとは思ったものの、親指で押し上げてちらりと中を覗いてみた。入っていたのはおよそ5、6枚、それもすべて一万円札のようである。
「こんなに……あの、いいんですか?」
「ここ二年くらい忘れてたからね。あとは仕事

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠離喧囂的靜寂

2015-07-08 11:12:34 | 無法揮去

睡意朦朧中,惺忪揉眼,漫不經心地掀開窗簾,推開窗戶。啊!下雪了!一股清涼的氣息迎面撲來,天雖已是微亮卻仍是灰蒙暗淡,社區花園、曠野田間、林間小徑白雪覆蓋,白茫茫一片,遠處山峁溝詩琳岔也是銀裝素裹,山中美景清晰可見,觸手可急,真是夜來無聲晨晶瑩,白玉雕琢煤城景,路滑地濕曲徑幽,遠山雪景添錦繡呀!

乾旱了一冬,終於盼來了久違的冬雪,驅走了冬日的暖陽乾燥中的霧霾和浮塵,還有人們的煩躁,空氣也變得新鮮了許多,吵雜繁鬧的城市,出行的人少了,車輛的穿梭也少了,似乎刹那間整個煤城也被這及時的冬雪凝固,顯得安靜,人們匆忙的腳步也從容了許多,生怕驚醒這冬日裏安逸的好夢,處處呈現一幅幅冬日的美景畫卷,自然長廊。

這潔白的雪,是冬的天使,春的使者,臨近春節,一場瑞雪不期而至,讓人們欣喜地感受到了入冬以來第一場雪的美妙畫卷。漫天飛雪,飄飄散散,把這世界詩琳裝點得晶瑩透徹,潔白無暇,倍覺冬的韻味和情調是那麼美輪美奐,美不勝收。

大廈高樓、磚瓦矮房被或厚或薄的雪花覆蓋,鄉村房屋雪景中的嫋嫋炊煙,冉冉升起,門前的看家狗也在三三兩兩追逐嬉鬧,家的輪廓,在雪中半隱半現,層次分明,構成了一幅幅別樣的雪中鄉村美景和冬日裏人們的安逸。鳥兒也停止了吵雜,雪地中偶爾也看到動物尋覓食物,踏雪留痕的足跡,似梅花點綴多多,漫漫延長,讓人感受到天寒地凍中生命的生機盎然和踏雪尋梅暗自香意境中的春的氣息和生命的孕育和勃發。那些枯枝樹丫,黃葉乾瘦的枝杈,冰冷孤獨中,雪花陪伴,也變得有了靈性,枝杈間覆蓋的雪,在冬日陽光的下,慢慢消融,掛起了串串冰淩,漸漸融化,有節奏地詩琳滴答滴答,夜晚燈光下,串串冰淩折射出不同的顏色,甚是好漫天飛舞的雪花,讓人似乎一種無拘無束的放鬆,

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美麗從選擇愛惜自己開始

2015-01-02 18:48:58 | 美容系列

非一般見識,對于年輕和美麗幾乎是每一個女人都在追求的終身事業,這樣對于他們今後的人生可能都是會有很大的影響的。專為愛美人士服務,畢竟美麗能夠讓一個女人是更加自信的。這個時候選擇美容院就是一個非常重要的事情,很多人都會選擇,這裏真正的給萬千女性帶來了美麗,在外界的聲譽亦令人放心。

舉例一些非常好的美容中心,是一個非常專業的美容機構,在這裏無數的女人的開始變得更加美麗,在這裏你會發現更多的人開始發現了自己不一樣的人生,想要讓自己改變就從好開始,大家可以真正放心來選擇適合的美容套餐,或是聽從專業美容師的建議。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一裘素裝,青絲盤高

2014-12-17 16:49:13 | 無法揮去

古城的雨斷斷續續的下了兩天了,時則夏季的雨卻帶著一絲冰涼的意境,我並不喜歡下雨,有人說雨是上天的淚水,當天空不在哭泣的時候,那飛鳥是否早已飛過。夜靜靜的深了,窗外依舊滴滴嗒嗒的下著絲絲細雨,坐在電腦前的我,倒上一杯白開,輕輕的品著這純淨的液體,此刻的我在這樣的心境之下,隨著記憶中的那道溫柔倩影回到了兒時。。

 

那道永遠回蕩在我記憶中的溫柔倩影,猶如古老的鐘鳴聲在腦海裏久久回蕩,我心中的這道倩影不算婀娜多姿,卻又帶點嬌小玲瓏。這道倩影不算吸引眼球,卻又令我深深著迷;這道倩影不算風姿卓越,卻是溫柔善良。童年的我們都是在這道倩影的關懷之下長大,在我記憶裏的兒時是一個寒冷的冬天,冬季的北風是無情的,那時幼稚的我安靜的坐在自行車的後座之上,雖說面前有著這道倩影為我遮擋那前方刮來的寒風,可是風畢竟是大自然的產物,它無情的時候從四面八方呼嘯而至,若問後來我是如何抵禦這寒冷的北風,我依稀的記得,那凍僵的小手最後伸入了這道倩影背後的衣層之中,殊不知長大後的我當有一天小夥伴在冬季把他那冰冷的手伸入我的衣層中,我才刹那間幡然覺得當時的她,是忍受了整整一路上那猶如冰棍般小手的刺激。

 

或許這道倩影有時候也會猛的轉過身嘲你訓斥,那時的你會突然間覺得仿佛世界變了一般,如此的恐怖和迷茫。可是你又曾知道雖然她毅然決然的批評你、甚至揍你,可是你疼的不過是皮肉,而她疼的卻是心。

 

若說世界上最無情的東西是什麼,我認為是時間, 再度品一品手旁的白開,這杯白開已經不再那麼滾燙,而我的記憶也漸漸的回到了少年時代,少年時代的我們是叛逆的,大多數的人都會被那威嚴而偉岸身影所教訓,而每當那道偉岸的身影想要教訓你的時候,時光又一次回到那裏,這一次又是這道溫柔的倩影挺身而出,護在你的身前。當你戰戰兢兢的躲在她的背後,你幼小的心靈總會緩緩的藉以慰藉。

 

雨還在窗外不停的下著,手旁的那杯白開也漸漸不在冒著那熾熱的水蒸汽,雨仿佛越下越大,風也似乎越刮越猛。明天就是母親節了,而我心中的這道溫柔倩影便是那時常與我爭執的母親,有人說母愛就像一首詩,幽靜淡然,清新脫俗;也聽說母愛像一幅畫,洗去鉛華雕飾,留下清新自然;更有人說母愛就象一首深情的歌,婉轉悠揚,輕吟淺唱;還有人手母愛就是一陣和煦的風,吹去朔雪紛飛,帶來春光無限。我心中的母愛是什麼呢?或許我自己也無法找到一個具體的事物來形容,但是我心中會永遠都有著那一道溫柔的倩影久久的佇立在我的心房上,佔據著我的心。。

 

記憶裏的母親,沒有三千青絲垂落於腰,也沒有明眸皓齒引人奪目。有的是,一裘素裝,青絲盤高,紅袖攬子,俏目柔光。

 

縱然春雨潤物了大地,可是又有難來惋惜你昨日的風姿,償還你生平的無怨無悔?

 

夜靜靜的深,母親也安靜的躺下了,以後的日子嘮叨自然不會少,而我作為嘮叨的對象就是堅持傾聽,直到永遠..........

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不曾厭倦,不曾更改

2014-10-17 10:58:41 | DR-Max



那時的我們,單純的相信著努力,純粹的憧憬著未來。或許,此生再也不會有那麼一段時光能讓我們如此純粹的為了夢想而去奮鬥。在那夢想周向榮飛揚的歲月裏,我們張揚的宣告自己的夢想,自信地憧憬著未來的輝煌,無關金錢,無關名利,是最為純粹的渴望,最為乾淨的夢想。時過境遷,那些單純終會變成過往的回憶,而曾經單純無畏的我們,卻不得不向時光妥協,告別那段夢想飛揚的歲月。

所謂青春,無關乎年齡,只在於你是否還擁有著對夢想那份張揚的熱愛,單純的執著。在那段夢想飛揚的歲月裏,我們無畏艱苦,無畏失敗,我們每天都在各種程度的絕望裏尋找著希望。那段時光裏的我們,純淨但不避世,張揚卻不偏激,每天忙碌,卻也足夠充實。每天認真周向榮地準備著各種各樣的測驗,估算著自己與夢想的差距;每天都在希望與失望中交替,卻從來沒有想過要去放棄。那時的我們,堅定地相信著未來,純粹地追逐著夢想。

蘇軾曾說:“門前流水尚能西,休將白髮唱黃雞。”可是,人心終是抵不過流年。一時一心境,一歲一風景。那逝去的歲月,即使物依舊,人如是,又如何能找回曾經的那一份單純?成長,在給人經驗的同時,也在人的心上留下抹不去的刻痕。同樣的地點,同樣的人,心已改變,又如何能回到從前?老驥伏櫪又如何,生命,過去了就永遠走不回來。那段夢想飛揚的周向榮歲月,那份堅持,那份勇敢,那份單純,永遠都再也找不回來!

時光安然,於心靈一隅珍藏那段歲月。撫摸著照片上青澀的臉:原來,曾幾何時,我也曾那樣傻傻的為了夢想而堅持過,純粹的執著。輕嗅一朵花的香,將那段單純的歲月珍藏。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Talking About Fashion

2014-09-25 16:10:54 | 無法揮去

Fashion is not natural , many times are artificial. It  can be set  by important  figures  and  also  social organizations . After the APEC summit in Shanghai , the Tang costume has become extremely fashionable in China several years ago . Many people bought the costume and suddenly the modern streets are like ancient style.  Businessman  always  preach  their commodity via many Mass media and strive to “sell ”their so called fashionable ideas lace front wigs UK.

Fashion  is not single  and  steady . Most people consider  fashion  as  the changing  of clothing, hair style , furniture and other things. In fact, fashion is a kind of cultrue and cannot  be  simply defined as things  that people currently like. In  a consumer  society ,fashion  ideas is changing quickly . Fashion  vary  significantly  within  a  society according  to  age , social class , generation ,occupation  and as well  as time . So it is difficult for us to keep up with the pace of fashion .

Fashion is not the patent  of  the young .   The old are also pursuing  it.  The relatively new fashion among the young can also be ok with the old . More and more old people like taking wedding pictures ,photo album , playing the stock market and surfing on the Internet . They are also interested in shopping on the net ,traveling abroad and a master dgree.

Facing different fashion , we have to learn how to identify . There is no need to follow some so called fashion ,such as “stealing food “. I think , simply as a kind of entertainment , it's not so bad . However , many people keep there “food” day in and day out . Therefore , this affect there woking and studying . Many white collars are published for playing it in woking time.

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

呈現出由內而外的自然氣質

2014-09-23 10:44:28 | DR-Max


日子,素素暈開,不失為一種靜養。或許外人很難真正瞭解,唯自己,在感性與理性之間,保持著清冷至極,任骨子裏滋生安頓。生活,一半戴著面具維持喧囂,一半獨守周向榮寡歡,倒也安穩。

某一天,突然厭倦了燈紅酒,厭倦了世俗名利紛爭,於是,萬裏浮雲裏,生命開始尋覓一種自然歸宿,隨著深入,愛上了一抹古樸,寓意素心一縷,就那樣靜靜的,不喧,不鬧,很適合自己。一切,清清而來;清清而行;清清而隱;於晨昏之間,拈花一笑,獨自隨風搖曳,所有的心底一泉,只為莊重自己。

人生,依舊難免周向榮鬱鬱蔥蔥紛雜,相遇的,經歷的,需要積澱後自我昇華,那麼過往人生,就可一筆輕描淡寫,縱流年到最後山河永寂,獨守一方清寧,也可兀自清歡!暇,喜愛國畫,而國畫裏,獨愛梅。花中最愛,也是梅。許是骨子裏也潛在著一份清冷淡漠吧!總感覺那麼小小幾片,像極了孤清歲月裏,一個自尊自愛的女子,於這薄涼塵世,守著獨有的清寧,任風雪交集著日子,清冷中來,清冷周向榮中去,依舊不變的是那份讓人敬仰的傲骨,還有那獨有的個性。

一個人,儘管繁華相擁著,但真摯之情,試問有幾何?都說人生如夢,可人啊!總有一絲貪心,總想有那麼一位真正懂自己的知己,於是,茫茫中尋去,渺渺中醒來,真真假假,虛虛實實,到最後才發現,陪伴最真的是自己,也獨有自己才是自己的靈魂伴侶。

office furniture越來越喜歡一種女子,守著一方小院,以靜為友,一簾夢,一窗花事,一點心香,只管於塵世淺淺清新;或一方素錦,落墨,鋪灑在歲月的紙張下,心素如簡,人淡若菊,點滴人間煙火,輕描淡寫;或朝陽向暖,清姿,一朵素素,以內心的潔淨,開出最自然的芬芳;或一朵冷梅,不爭豔,不媚俗,縱風雪交集,縱零落成孤高,那份傲,寧可於淩寒中,開出獨一無二的風骨。

company formation人生,沒有經歷就不會懂得。或許經歷了太多,才感知幸福的真正含義,簡而溫馨,淡而長久。這世間,最遠與最近的距離,莫過於心的距離,而生活的一切曆練,若默念從簡,心就會滋生出一縷縷的感恩,不為盛開與凋零,只為懂得,所以慈悲!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

屬於自己的一生的痛

2014-09-10 15:32:23 | DR-Max


或許是冥冥之中就有安排,也許因為某些原因他和她結婚了。他們沒有談過戀愛,沒有真正的愛情,他對她也不好,但是因為不忍,他和她堅持繼續著這份沒有一點愛情基礎的婚姻。婚註冊香港公司後幾個月她懷孕了,他和她還有家裡人都挺高興,他們高興是因為有孫子了,四代同堂其樂融融。

然而她高興是因為有了期盼,也有了將這份婚姻繼續下去的信心和信念了。他從小嬌生慣養,衣來伸手飯來張口,什麼也不懂,什麼都要她打點操持,沒有合適的工作她給他托人找,找適合他的工作,支持他想幹的工作。因為從小福裡生福裡長,他幹什麼工作都不能長久經常換工作。

她也不說什麼一直支持他,同時也相信自己能改變他,以後他會好的。她年齡也不大懷著孩子操持著他和她共同的小家,洗衣做飯收拾家都不誤也沒有怨言,因為她堅信有苦就有甜一切都會好起來的,日子久了她就有點煩了,慢慢的他們會爭吵,後來越吵越害,吵完後他摔門而走。

留下她一個人孤零零的對著夜幕發呆,要不然會以淚洗面,整晚輾轉不織布袋反側難以入眠,想想自己的處境,生活情況,想想當初看他挺老實應該能夠託付終身,可是現在完全和當初的想的背道而馳,心裡越來越沒底。但是看著自己肚子裡的寶寶,想想自己還有希望孩子就是她堅持下去的理由,她不能讓孩子出生在一個不健全的家庭,對孩子不公平。想到這她的心情平復了很多。

就這樣忙忙碌碌的的堅持了大半年,孩子出生了是個很漂亮的女孩子,她滿心歡喜她也覺得自己很幸福,然而事事難料,有了孩子以後他更自由了整天不見人影,自己本來就是個孩子現在帶著個孩子那日子是何等難熬,她為了孩子咬緊牙堅持著,他白天說忙沒有人影,晚上說累更是不聞不問,她無語,沒辦法,誰讓自己找了她,還能怎麼辦堅持唄。平日裡的吵吵鬧鬧更是家常便飯,他們家人瞧不起她。

對她冷言冷語更是家常便飯,他也不說話,她們家人來看她他們也不給好臉色看,她聽著他們說她家人的話刻薄又尖酸,心裡難受的要命,她看著母親抹淚心裡更是五味雜陳,她對母親說讓她們回家,自己選擇的就DR-Max要自己承受,你們不應該也不需要跟著我受這份罪,她流著淚送走父母看著可愛的孩子心裡難受的要命,但是看著無知的孩子靜靜的熟睡的樣子,她有心疼的要命不捨得孩子受一點點傷害,因為她的不忍……

又過一年孩子有點大了,他依然對孩子很生疏,日日夜夜她一個人拉扯著這個孩子,付出了多少辛酸只有她自己知道,但他卻以為她帶孩子容易,整天說她就在家帶個孩子又不掙錢還累什麼了,他們家人也嫌她只帶孩子不掙錢,處處看她不順眼,嘲諷她家窮怕她們家拖累自己家,還說娶到窮人家的女子做媳婦簡直就是賠本事。

連累他們了慢慢的她累了,心累了,覺得自己在那樣的家堅持下去只是人家的負累。她是個安分守己的人,從結婚那天起她就決定和他好好過下去,從沒有過離婚的想法但是現在她累了,她腦子裡頻頻出現這樣的想法。因為顧忌孩子為孩子想,她找到他想和他好好聊聊。

想慎重的做決定,他卻說不就是離婚嗎?離就離誰怕誰,她愣住了……想想以前的種種,她自嘲的笑了,自己想改變人家簡直就是白日做夢,怎樣的父母教育怎樣的孩子,以前她不信這話現在她從心裡是信了。

因為考慮到孩子和自己的以後,她孤身一人不知該向何方漂泊不能給孩子一個安定的家,權衡之下她痛下決心將獨自拉扯的孩子留在了能給孩子安定的他家,她淚如決堤卻沒有回頭的走了。她知道孩子跟著自己才是受罪,在他家最起碼有安定的家有穩定的生活,孩子最起碼能安穩的生活。

儘管她有萬般的不舍,撕心裂肺的痛。但是她知道幾年了他沒有在乎過她,出門十天半個月他對她不聞不問,沒有關心過她哪怕一句簡單的問候都沒有,有時間她覺得自己活得挺可悲的,人家都說好心買好心,可我換來的是什麼?

她依然記得自己當初身無分文狼狽離開的樣子……漸漸的她也想開了,沒有感情的婚姻不會長久。同樣沒有相互理解,體諒,尊重的婚姻更不會幸福。現在的她如釋重負覺得輕鬆了很多,但是心還是會隱隱作痛,夜深人靜的時候會思緒千千萬,獨自默默的流淚……獨自忍受著這一份屬於自己的一生的痛。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何等的瀟灑隨性

2014-08-26 10:18:40 | Cellmax 科妍美肌再生中心


生活不可能像你想像得那麼好,但也不會像你想像得那麼糟。我覺得人的脆弱和堅強都超乎自己的想像。有時,我可能脆弱得一句話就淚流滿面,有時,越南旅行也發現自己咬著牙走了很長的路。有的時候人有選擇比沒有選擇的要好,而人重要的不是能力而是選擇。

有些事不願發生,卻不得不接受;有些人不可失去,卻不得不放手。有時候,我們等的不是什麼人、什麼事,我們等的是時間,等時間,同珍王賜豪讓自己改變。曾經的我怯懦虛幻,現在的我失真努力,未來的我從容清雅,多年以後,如若還能相遇曾經相識的人,那麼我只想說一聲“哦,好久不見!”

我不奢望如何繁華的生活,只想過著一箪食一壺飲的日子,Cellmax 科妍美肌再生中心要知道生活再怎麼富足也無法填補內心的空虛。不如過回“朝飲木蘭之墜露,夕餐秋菊之落英”那般簡單。找一處僻靜之所修籬種菊,暇之餘臨窗而坐,品一杯香茗讀一本古詞,構思一個好故事,康泰領隊這種種無關風月有關心情的自在令我心馳神往。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

關於喜歡

2014-08-06 11:45:29 | Instacool


喜歡是很美好的味道,沒有理由,就像我個人愛好一樣,喜歡一個女孩子,絕不過多追問其他情況,喜歡是絕無僅有的感覺,來自心底,如純淨的湖水沒有被破壞和污染。 當然,我不是miki yeung哲學家,不喜歡研究那些微妙的因素,我所說的喜歡是淡然平和的,固然存在。

在一片嫩的早地上行走,晨風吹拂你的腳步,沾著露水的小草,左右搖擺,新的一天帶著滂沱而又大氣的氛圍漸漸拉開,紅光初現,溫柔的光線撫摸額頭,順著臉頰親吻到你的鞋子,乾淨的街道向前鋪展... 我走著,心情愜意,喜歡慢慢延伸,那些人,那些車輛,成為我喜歡的一部分. 呼吸新鮮的空氣,走過鳥聲如洗的清晨,融入陽光,融入新的一天。如果有這樣一個開始,延伸到最後,我想我一定是最幸福cooling towel的人。

我也不知道那種喜歡會持續多長時間,人和人的情感會變動,它不可琢磨,不可仔細的去分辨,剛才你在哭,說不定一會兒又會笑出來,不過正因為變動,很多東西又充滿了趣味,不是一塵不變的,像個小孩子,情緒總是不穩定,剛才還在生某人的氣,可不出幾分鐘,他又和生氣的人打成了一片。。。 大多數的時候,我們習慣了一塵不變,忘記了不變中的小變化,越長大,這種慣性越持久,懶得去打理一切,明明是有勇氣改變格式化的自己,可你已經不想再動彈,不想再折騰,甚至連彎曲一下手指的功夫都喪失了。

就某些方面來說,上天賦予我們的功能在退化:食不知味,夜不成寐,視而不見,充耳不water cool towel聞,耳濡目染,麻木不仁,失去了天性—— 我們已不能真正擁有自己的性格!在順著生活的藤蔓慢慢向上攀爬的時候,我們觸摸到一些疼痛,每次疼痛,留給心靈的是一層老繭,久而久之,它成了一層厚厚的殼,堅不可摧! 它已不是那樣細膩,那樣柔軟,那樣隨時感性的哭笑。

生活磨平棱角,棱角卻生長在心裏,這種帶有悲劇色彩和宿命式的成長,誰又能避開?有人說,人生如棋,我們都只是棋子,安靜的立在命盤的中間,接受命運的擺佈。 有人說:人生如戲,我們都上環保險箱(sheung wan safebox)只是戲子,在別人的故事裏留著自己的眼淚,最終曲終人散。 生活像個笑話,不停地開著玩笑,笑過之後,卻並不是那麼開心,像少年狠吸一口煙嗆出眼淚的感覺。突然明白:成長是忍痛的揠苗助長,我們都會平靜,而後癒合...

關於喜歡,那是在某個午後暈開的晚霞,在湖水之上蕩漾的微風,在窗棱上依偎著的柔軟目光,是潛滋暗長,而後固然存在,最後融為一體的本真。風從大地上掠過,它沒有說,是必然,還是偶然,也許只是喜歡,或者只是戀著某人,某物,戀著不可逆轉的順勢,安安靜靜地走過..

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする