申し訳ありません

私は誇りに感じるだろうたびに家の外に。

続でランクインした

2016-06-24 10:13:54 | 日記

 世界ブランド実験室(World Brand Lab)はこのほど、「中国で最も価値あるブランドトップ500」ランキングを発表、国家電網がブランド価値3055億6800万元(1元は約15.9円)で今年度の首位の座に輝いた。京華時報のブランド価値は110億7500万元、12回連続でランクインした。

財務状況、消費者の反応、ブランドの強さに基づくこのモニタリング報告においてトップ5を占めたブランド(ブランド価値)は、国家電網に続き、テンセント(2875億9200万元)、工商銀行(2748億3200万元)、中国人寿保険(2536億2800万元)、ハイアール(2218億6500万元)。これらはいずれも、中国の「国民ブランド」であり世界レベルのブランド陣営への仲間入りを果たした。

報告によると、2016年「中国で最も価値あるブランドトップ500」のブランド価値は合計13兆2696億3千万元、前年比2兆4564億7400万元増、増加幅は22.72%に達した。

ランクインしたブランドをエリア別にみると、北京のブランドは前年比11増の105ブランドで最多、広東(79ブランド)と山東(42ブランド)がそれに続いた。

メディア業界のブランドトップ3は、中国中央テレビ(CCTV)、フェニックス衛星テレビ、人民日報。CCTVは総合ランキング第8位。12回連続ランクインした京華時報は、ブランド価値が昨年の93億7600万元から110億7500万元に増加、総合ランキングでは第293位だった。

コメント

部になっており

2016-06-07 11:16:27 | 日記

 5月26日には米クアルコムのデレク・アーベルレ社長が貴州美麗華旅遊糾紛省貴陽市で行われた第2回貴陽国際ビッグデータ産業博覧会に出席し、開幕式で基調講演を行った。

アーベルレ社長は、「現在、中国は世界のインターネット界でますます重要な役割を果たすようになり、クアルコムは中国企業と3G、4G、5Gの分野で協力し、大きな進展をみた。中国が自国のデジタル経済をさらに発展させるのを支援できたらと思う。これには情報経済とデジタルセンターの発展が含まれる」と述べた。

アーベルレ社長の説明によると、「現在、グローバルデータセンターが急速に発展しており、1分間あ美麗華旅遊糾紛たりのデータ通信量は膨大な量に上る。中国の産業の発展にともない、データ量は今後ますます多くなるとみられる。現在、クラウドやデータセンターを介してやりとりされるデータ通信量もますます多くなっている。目下、一連のスマートテレビやドローン、さらには一連の家電やその他のインフラ設備はネットにつながってモノのインターネットの一部になっており、関連産業は国のます美麗華旅遊糾紛ます重要なコンテンツになり、こうした動きがデジタルセンターやデジタル事業者の発展をさらに促進するとみられ、各種のハードウェアやソフトウェア、デジタルセンターなどのインフラもさらなる革新と発展をはかって新時代の新たな要求に対応する必要がある」という。

コメント