阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

岐阜市長選挙へ、しばはし正直候補の再挑戦

2018年01月27日 00時02分07秒 | 政治

 岐阜市長選挙まであと2日に迫ってきました。

 しばはし正直候補とは2009年の衆議院選挙に同期当選の友人でもあります。2013年に挑んだ最初の岐阜市長選挙は1507票差の惜敗でした。それ以降、1000回以上の集会を重ねるなど地道な努力を重ね、様々な葛藤や壁にぶつかりながらも岐阜を前に進めるひたむきな思いを多くの人々と共有しています。

 市政の継続性を守りながら、同時に衰退につながっていく現状維持を選択しようとする大きな力と闘うことは並大抵のことではありません。しかし、彼はそれを可能にする力を持っています。全てを賭けた選挙に臨む覚悟と、相変わらずの爽やかさ、人柄の良さが伝わって、温かい雰囲気の選挙事務所もは多くの人が集まってきています。

 しばはし候補と私は、2010年に『事業仕分け調査チーム』のメンバーとして外務省管轄の公益法人や財団法人を二人で訪ねてヒアリングを重ねたパートナーでもあります。外務省から天下りを受け、1000万円以上の公費支出を受けた団体であること、また、事業の全部または一部を委託等として外部に依存しているトンネル法人であることなど7つの項目に複数当てはまる法人を対象に、数日間、ヒアリングを行いました。一次情報を省庁に提供してもらうのではなく、直々に調査に歩きました。ヒアリング前にどれだけ情報を頭にいれるかが勝負とお互いに徹夜に近い状態で資料を読み込んで臨み、協力し合って質問を続ける中で、彼の能力、人柄には強い信頼を抱くようになりました。

 自民党王国とされる岐阜でしばはし候補が市長になれば、新しい風が起こることでしょう。私の選挙区である岐阜3区の一部も岐阜市(旧柳津町)。少しでも力になりたいと思います。(最初の写真は2010年4月8日、一緒に事業仕分けの調査をしている時のものです)

 しばはし候補は、今回は広く市民の代表として完全無所属の立場。私もひとりのボランティアとして、ひたすら電話掛けをしています。先日は、ふと振り返ると30台の電話ブースがいっぱいでした。こんなに多くの人々の熱い思いに支えられているしばはし氏には何が何でも市長になってもらわなくては!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 宮本恒靖氏の挑戦ー民族融和... | トップ | 安全保障上重要な国境離島の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事