阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

アフガン政権崩壊とタリバンについて考える

2021年08月18日 23時54分04秒 | 政治
タリバンの攻勢によりアフガニスタンの政権が崩壊しました。

2001年12月、私は『民主党ペシャワール事務所』の事務局長として現地に派遣されていました。テロ攻撃によって後に崩落したホテルを拠点に各地をまわり、アメリカによる対テロ戦争によって犠牲になったアフガニスタン、そしてパキスタンの部族地域に住む人々、支援活動をする人々にヒアリングしました。民主党が街頭で集めた募金2,500万円をもっとも有効に使う方法は何か調査するのが私のミッション。この活動を通して軍事力によって抑え込むアメリカの支配は必ず失敗する。紛争地域のリアリティーを知る人間としてアメリカにはできない平和への貢献を行うのが日本の役割だ。それを国会で提言したいとの思いが生まれ、私が国会議員を志す直接的なきっかけにもなりました。

アフガニスタン政権の崩壊は、テロとの闘いと称して多くの民間人を殺傷し、政権の腐敗と米軍依存の構造を作ったアメリカの責任がまず問われなくてはなりません。しかし米軍をいつまでも駐留させるわけにもいきませんし、長く駐留しても結局は同じ結末になったでしょう。アメリカだけでなく、長い期間、様々な外国によって蹂躙された歴史が今のアフガニスタンの状況を作っていることを考えると、国際社会には同様に大きな責任があると思います。

政権崩壊のニュースが大きく報道された16日、アフガニスタンの中でも特に過酷な迫害を受けているハザラ族の女性と娘さんに相談を受けました。以前、街頭活動中に通りがかったので少し話したのですが、現地でタリバンによる殺害や拷問の恐怖に直面している親族を救うため、日本に招くにはどうすればいいのか、改めてゆっくり話を聞くことになりました。とても聡明で日本語も堪能な娘さんと、お母さんが、現地から送られてくるタリバンによる脅迫や残虐行為を伝えるメールや写真を見ながら訴える現地の状況に衝撃を受けました。彼らは途方もない不安と恐怖の中にいると痛感しました。

私が首藤信彦衆議院議員の政策秘書をしていた2001年、同じハザラ族のヒサールさんという方の難民申請やあまりにも酷い入管の扱いの改善に向けて協力したことがあります。今、彼は同じ境遇のアフガニスタン人、特にハザラ族の方々を熱心に支援していますので、ヒューマンライツウォッチの土井香苗代表に連絡を取って彼の連絡先を調べ、まず彼に相談に乗ってもらうことにしました。

タリバンは今のところ、融和的な政権運営をアピールしているようです。この方針を継続するよう国際社会は力と英知を結集すべきです。しかし、タリバンは極端なイスラム法の解釈を行い、女性の人権を軽視し、文化や宗派が異なる人々を暴力と恐怖で支配する統治を行ってきました。特にハザラ族などシーア派でペルシャ語系の言葉を使う人々から状況を聞くと、タリバンによる人権蹂躙が予告され、すでに様々な残虐行為が行われていると口を揃えます。この状況を座視することはできません。

こんな世界を変えるためにジャーナリストになって、将来は政治家になりたいと語る女の子と話していると、まさに今、私自身が置かれた状況で何をすべきか、より明確になりました。












コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 終戦から76年。戦争と和解... | トップ | 一刻も早く国会を開いて補正... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事