阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

私の2009年と、2010年に目指す政治

2009年12月31日 22時28分32秒 | 政治
 2009年が終わろうとしています。本当に素晴らしい1年でした。何と言っても選挙による政権交代という憲政史上初の歴史を作る一員になれたのですから。本当に多くの方々に応援を頂いて、何としても政治を変える! 変えなければ! そんな思いをひとつにして大事業を成し遂げたのですから。これまでの経験や試練は、この瞬間のためにあったとさえ思います。本当にありがとうございました。

 しかし、衆議院議員に選んで頂いた瞬間から、痛いほど感じているのは嬉しさではなく、身が震えるような責任の重さです。そして、その思いはずっと続いています。政治家として、未来に対してどのように貢献ができるのか。ずっと考え続けています。

 和歌山を元気にしたい。私は「日本一のスローライフの県・和歌山」というのが和歌山の未来を考える上でのキーワードだと思っています。「スロー」とは、環境や平和、食の安全、また安らぎなどとも通じる言葉。私は、和歌山に今ある良さを「スロー」という言葉で前向きに受け止め、輝きを与えていきたいと考えています。

 この考え方については、近いうちに詳しく書きます。 

 そして、待ったなしの日本の未来。それは、どこまで徹底的に、新しい政治の枠組みを作ることができるか、そして、税金の使い方を変えることができるかに懸っているいると思います。そして、そのために、政権交代は絶対に必要なことでした。大きく落ち込んだ税収を回復するには成長戦略を示さなくてはなりません。私は、環境ビジネスを世界最高レベルに押し上げることこそ、日本の成長戦略の核になると考えています。

 そして、世界に対しては、自分自身の専門分野である「平和構築」に力を入れます。バングラデシュの和平協定の推進、ビルマ(ミャンマー)の総選挙、また、アフガニスタンに対する有効な支援の在り方など、国会で、そして可能なら現地で徹底的に追及します。前にも書きましたが、世界の紛争解決や民主化推進における「調停役」「仲介役」を果たせるような外交を目指します。

 また、世界の人権問題についての議員会館での連続勉強会も1月から始めます。

 2010年も徹底的に現場にこだわり、対話する政治を続けますので、皆さん、ご指導くださいね。

 これから、近くの神社まで自転車で行き、門前で初詣の方々に新年の挨拶を行います。寒そうですが、頑張ります。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

阪口直人のつぶやき(ツイッター)

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント   この記事についてブログを書く
« バングラデシュ報告(3) | トップ | 2010年。新しい年を迎えて »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事