阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

消費税の大幅減税を提言-まずは5%に戻し、時限的にゼロも選択肢に

2020年03月16日 22時19分16秒 | 政治

 今週は3月10日に作成した『立憲民主号外コロナウイルス緊急号』を配りながら地域を歩いています。危機的な景気後退が予測される中、経済対策として最も有効なのは消費税を大幅に減税すること。まずは5%に戻し、時限的にゼロにすることなどを提言しています。

 私が所属している超党派の『消費税減税研究会』では消費税について勉強を続けていますが、知れば知るほど消費税は悪税であることを実感します。消費税課税事業者中20%近くが滞納していること、また、給料にかかる税金であり、給料が上がらない要因になっていること、つまり派遣社員に切り替え、派遣会社に払う分には納税の必要がなくなり、効果的な節税になるのです。また、巨大輸出企業に巨額の還付金を与えており、製造業上位13社への還付金合計額は税率8%の時でさえ1兆1643億円(元静岡大学教授で税理士の湖東京至氏の推計)に上ります。庶民を苦しめ、大企業が恩恵を受ける不公平な税制です。

 未曽有の危機的状況に対し、与野党の壁を超えて速やかな状況改善のため最大限に協力するのは当然です。一方で、このような状況は強い経済、やさしい社会を実現するための好機との発想も持つべきです。野党だからこそ地域の小さな声、中小零細業者や個人事業主、フリーランスの方々の声なき声をしっかり受け止め、きめの細かい対応を政府に求めていくのが私たちの役割です。政府与党の足らざる点を補い、特に経済的に苦境に立つ方々の損失を補償するための政策は速やかに実行しなくてはなりません。その一番のカギは消費税の大幅減税だと考えています。消費税減税という切り口で野党がひとつにまとまる好機にすべきです。





 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 与野党の壁を越えて新型コロ... | トップ | ナカタアツヒト学校の日本語... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事