阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

政見放送の収録と自民党総裁選-自民党は変わらない。変われない。

2021年10月01日 09時08分22秒 | 政治
 昨日は政見放送の収録。中小零細企業の経営者や有機農業を営む方、また子育て中のお母さんなどと対話をしている様子などを撮影してもらいました。

 同時進行の自民党総裁選挙では岸田文雄総裁が誕生しました。外務委員会で何度も質疑した岸田外務大臣。とても紳士的で安全運転の答弁が印象的でした。しかし、安倍元首相などキングメーカーの思惑が何より優先し、皮肉なことに岸田氏本人が言う『国民の声が政治に届かない』象徴が、民意とは逆の岸田総裁誕生だったと思います。小泉進次郎氏が河野太郎候補を応援する理由として、現在の自民党は既得権益にまみれた正当であり、この現状と決別できる政治家は河野氏しかいない!と断定していましたが、まさに古い体質を象徴するプロセスで選ばれることになりました。

 また、UR疑惑に対して説明から逃げ続けた挙句大臣を辞任した甘利明氏を論功行賞で幹事長に登用する方針には唖然としてしまいます。これも、自民党は変わらない、変われないことを明確に示していると思います。












コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 衆議院選挙に向けた決意と政... | トップ | 動画『走るさかぐち』編ー真... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先生の政策について (倉内)
2021-10-01 18:10:51
先生は政策にて以下のように述べられていますが、
先生の経歴を見ると、維新、希望と、緊縮財政を1番に主張されていた政党に所属されていたと思います。
これは、色々な知見を深めた上で、主張を変えられたという認識でよろしいでしょうか?
岐阜3区在住のものです。次回の選挙はとても大きなものだと思っています。
ご回答お待ちしております。
-------------------------------------
私たちは法人税および所得税の累進性の強化、金融所得課税、資産課税の税率アップ、社会保険料控除の見直しと、約2兆円の国債発行により、5%の消費税減税分の10兆円は補えると考えています。

私は消費税減税による消費の活性化がもたらす増収と不足分を補う国債発行により、消費税はゼロにすることも可能と考えています。国債の発行は物価上昇率2%を目途に継続の是非を判断します。
Unknown (阪口直人)
2021-10-02 23:13:30
お問い合わせありがとうございます。民主党に属していた頃から、財政再建は大切だと考えており、また、消費税は社会保障の財源として必要と考えていました。ただ、コロナの影響から実体経済を立て直すこと、消費税の逆進性や、不公平さを考えた時、積極財政に転じ、消費税の減税分は法人税や所得税の応分負担と国債によって充当すべきと考えが少し変わりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事